2018 FIFAワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2018 FIFAワールドカップ
2018 FIFA World Cup
Чемпиона́т ми́ра по футбо́лу 2018
大会概要
開催国 ロシアの旗 ロシア
日程 2018年6月8日 - 7月8日
チーム数 32 (6連盟)
開催地数 12 (11都市)
 < 20142022

2018 FIFAワールドカップ: 2018 FIFA World Cup)は、2018年6月8日から7月8日にかけて、ロシアで開催される予定の第21回目のFIFAワールドカップである。東ヨーロッパでは初の開催となる。

開催国選定の経緯[編集]

大陸持ち回り制の撤廃、2大会同時開催地決定[編集]

現FIFA会長のブラッターは1998年のFIFA会長選挙で当時UEFA会長だったヨハンソンに競り勝って当選を果たした。勝敗を決めたのは、アフリカにおけるワールドカップ開催の見返りのアフリカ票だった。2006年のワールドカップの欧州開催が決まった後、ブラッターはアフリカでワールドカップを開催するために、「ワールドカップ持ち回りシステム(ローテーションシステム)」(以下大陸持ち回り制)を提案、理事会にかけてFIFAの正式な方針とした[1]

そのため、2010年大会は2つのワールドカップ未開催大陸連盟の内の1つであるアフリカで、そして2014年大会は1978年アルゼンチン大会以来開催のない南米で行うことが決まった。しかし、2014年大会において、開催国に正式立候補する国がブラジルしか現れず[2]、実質的に無風のまま開催国が決まってしまったため、2007年10月29日のFIFA理事会において、表向きには、より多くの国を立候補による招致競争を通じて質の高い大会を実現させるという理由で大陸持ち回り制度を廃し、直近2大会を開催した大陸以外の全地域からの立候補を認めることが決定された。

なお、ブラッターは「持ち回りシステムの採用は、これまで開催がなかったアフリカ、そして1978年大会以来30年以上も開催していない南米にもっていくための方便だった」と説明[1]しており、大陸持ち回り制破棄は当初からの既定路線だった可能性も高い。

その後、ブラッターは2010年1月25日に、2018年大会について「候補地をヨーロッパに限定すれば、理事会の業務を簡単にするかもしれない」という趣旨の発言を行ったが[3]1月29日の記者会見で、「欧州でワールドカップを開催すべきだとする動きがある」とした上で「わたしは可能性を言っただけ。FIFA理事会が立候補の応募資格を変更すると決めたわけではない」と1月25日の自身の発言を事実上撤回した[4]

また、従来は1大会ずつ選んでいた開催国を、2018年大会と2022年大会の2大会の開催国を同時に選考・決定する方式に変更し、より多くの国に立候補させることを狙った。

立候補地決定[編集]

2007年10月のFIFA理事会での決定を受け、2009年2月2日の立候補期限までに正式に開催国に立候補したのは、以下の11地域・13カ国となった。なお、2022年大会のみに立候補した韓国とカタール及びインドネシア以外は2018年、2022年両大会への同時立候補である。選考を経て、2010年12月2日のFIFA理事会で2大会の開催国が正式決定される。なお、両大会では南米からの立候補が禁止されている。アフリカからの立候補は2022年大会に限って可能だったが、実際に立候補をする国は現れなかった。

なおメキシコはその後「資金の目処が立たない」として、同年9月に立候補取り下げを表明している[5]

また、FIFAはインドネシアを2010年3月19日に候補国から除外した[6]。インドネシアがFIFAが要請していた大会開催に伴う政府の保証を招請の申請書類の中に盛り込まなかった為の措置。インドネシアは当初、2018年大会の誘致にも意欲を見せたが、その後、2022年大会の招請に絞り込んでいた。本大会開催には試合会場のスタジアム新設、改修などで数十億ドル単位の資金が必要で、政府による財源保証が誘致の必要条件である。

その後、2010年5月11日日本が、同年6月10日オーストラリアが、同年10月15日アメリカ合衆国が、2022年大会の招致に絞ることを決定した[7][8]。これらによって2018年大会はヨーロッパ以外の国が立候補を取り下げたため、事実上2022年大会はヨーロッパの国が立候補できなくなった。

ヨーロッパ
アジア
北中米カリブ海

招致条件[編集]

FIFAは大会の招致に当たって、多くの開催条件を求めている。その中、ベニュー(練習・試合会場)に関係する主要施設の主な条件を抜粋すると以下のとおりである[9]

  • 開催都市
試合日は観客(ファンフェスト[10]参加者を含む)や関係者など対し公共交通機関の無料輸送を実施、バスや列車は試合開始後4時間まで運行継続、開催都市で2ヶ所の「フェンフェスト」開催予定地の提供
  • スタジアム
12-18個所、収容人員は4万人以上(ただし、準決勝開催会場は6万人、開幕戦と決勝戦の開催会場は8万人)、2台以上の大型映像装置
  • トレーニングサイト
観客席500席以上、非公開トレーニング可能、報道会見室100席以上
  • チームベースキャンプ
64個所、トレーニングサイトからバスで20分以内、70室以上のベッドルーム(チーム専用フロア)、40名収容のチーム専用会議室、70名以上収容できるチーム食事会場

招致活動[編集]

開催国決定[編集]

投票の結果、ロシアに決定した[11]。これに伴いロシアは予選免除となった。

開催国の決定方法は、国際オリンピック委員会の五輪開催地決定投票と同じ方式で、英国紙のおとり取材による買収疑惑発覚で職務停止処分を受けた2理事を除く、国際サッカー連盟理事22人による投票。各回ごとに過半数の国・地域が出るまで投票を繰り返し、過半数がない場合はその回の得票最下位の国・地域を次の投票から除外する方式で行われた。同数になった場合のみ、ブラッターFIFA会長の1票で決まるという方式だった[12]

欧州4候補の内、最初にイングランドが落選。その後2回目でロシアが13票を集めて過半数を獲得した為、ロシアの開催が決定した。

2018年FIFAワールドカップ開催国投票
立候補国 1回目 2回目
ロシアの旗 ロシア 9 13
スペインの旗 スペインポルトガルの旗 ポルトガル 7 7
オランダの旗 オランダベルギーの旗 ベルギー 4 2
イングランドの旗 イングランド 2

評価レポートが重要視されず[編集]

2002年からFIFA理事を務めていた小倉純二当時日本サッカー協会(JFA)会長現JFA名誉会長によれば、開催地決定に関して最も影響力のあるのはFIFA視察団が立候補国を現地調査して提出する調査報告書(レポート)だという。ところが、今回は全く違い、レポート評価は、2018年開催が決まったロシアが全体で2番目に低く、2018年の4候補の中では最下位、同時に2022年開催が決まったカタールは全体及び2018年の5候補内の両方で最下位だった[13]

開催権剥奪の動き[編集]

2014年7月23日、ドイツの政治家がロシアから2018年W杯の開催権を剥奪するよう求める声が相次いだ[14]

ウクライナ上空でマレーシア機が撃墜されたとみられる事件に対して、憤りの声が上がっている中で、ドイツをはじめとする、イギリスやスウェーデンの国会議員や政治評論家は、ワールドカップをほかの国で開催するように提案した[14]

ドイツ中部ヘッセン州から選出されているピーター・ベウト内相は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、「マレーシア機墜落の調査に積極的に関与しないのであれば、2018年W杯のロシア開催は到底考えられるものではない」と述べ、また、保守派議員の高官ミハエル・フクス氏も、ドイツはフランスやイタリアと並び大会を主催できる余裕があると主張し、さらに、「われわれには、W杯に備えられる十分な会場がある」とも述べている[14]。もう一人の保守派国会議員であるシュテファン・マイヤーも、「もしプーチン大統領がこの危機を収束させず、扇動し続けるのであれば、ロシアからW杯を奪うことは、もはや禁忌の策ではない」と述べている[14]

また、ドイツのメルケル首相が率いている、中道右派与党の、キリスト教民主・社会同盟所属の議員の間でも、ワールドカップのロシア開催を見直すよう求める声が広がっている[15]

ミヒャエル・フクス連邦議会(下院)副院内総務は、2014年7月23日の時点で「国際サッカー連盟(FIFA)は航空路の安全を保証できない国が開催地にふさわしいか再考する必要がある」と主張した上で、「開催権剥奪は経済制裁より効果が大きい」と語り、ドイツとフランス、イタリアが代替開催できると力説[15][16]。 ヘッセン州のペーター・ボイト内相は、「ロシアのプーチン大統領が撃墜の解明に積極的に協力しないならW杯ロシア大会は考えられない」と語った。 シュテファン・マイヤー下院議員は「開催国変更もタブーではない」と述べた[15]ドイツ・サッカー連盟のニールスバッハ会長も「ロシア開催が決まった2010年当時、現在の状況は予見できなかった」と同調[15]

また、オランダサッカー協会は、ウクライナ東部で発生したマレーシア航空機撃墜事件を理由に、2018年に開催されるロシア・ワールドカップへの出場をボイコットするか否かの議論について、先送りすることを望んでいる[17]

これを巡っては、ドイツやスウェーデンなどの政治家も、FIFAに対し、ロシアW杯の代替地開催を提案している[17]が、現在はFIFAの理事で、ドイツサッカー協会の元会長であるテオ・ツバンツィガーは、その考えを却下した[14]

7月27日、イギリスのクレッグ副首相は、「ロシアのプーチン大統領がウクライナ情勢の不安定化を止めないのであれば、ロシアはサッカーの2018年ワールドカップ開催権を剥奪されるべき」と述べた[18][19]

また、クレッグ副首相はイギリスのサンデー・タイムズで、ウクライナに対するプーチン大統領の態度は「常軌を逸している」とし、ロシアはワールドカップの開催国にふさわしくないとの考えを明かした上で[18][19]、「プーチン露大統領がホスト国という特権を享受することはあり得ない」と述べ、ワールドカップの開催権を剥奪するよう、「欧州連合が強い態度で臨むべきだ」と主張[16]

さらに、クレッグ副首相は、「プーチン大統領がウクライナへの態度を変えないまま、ロシアのW杯開催が許された場合、国際社会は弱腰な印象を与えてしまう」との懸念も示している[18]

また、2014年7月25日、FIFAは公式サイトで、2018年ワールドカップのロシア開催を、これまで通り支持すると表明[20]。この声明では、「2018年ワールドカップロシア大会の成功に全力を注ぐ」とした上で、「ボイコットは周辺地域の緊張を緩和するために効果的な方法ではない」との認識を示し、さらに、声明の中で、「いかなる形であれ暴力を非難するとし、大会を通じて関係者の対話を働きかけ、理解を促す努力を続けていく」とした上で、「大会のボイコットなどは問題解決のために効果的な方法ではない」とし、「W杯は政府などが建設的な対話を進める上で強力なきっかけとなり得るもの」であるとの認識を示していて、「W杯が世の中のためになってきた」とした上で、「ロシア大会もそうなると確信している」と述べている[21]

予選大会[編集]

出場国[編集]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会
予選順位
出場国・地域 出場決定日 出場回数 備考 FIFA
Rank
UEFA 0- - 0開催国  ロシア 2010年012月2日[22] 202大会連続11回目[23]

本大会[編集]

開催都市[編集]

本大会は11都市12会場で開催される。開催都市はヨーロッパ側に集中しており、ウラル以東ではエカテリンブルクのみとなる。

試合は以下の11都市(カリーニングラードカザンモスクワニジニ・ノヴゴロドサンクトペテルブルクサマーラサランスクソチヴォルゴグラードロストフ・ナ・ドヌエカテリンブルク)で行う予定である[24]

2011年10月、ロシアは開催候補地を16から14に減らした。そしてモスクワ州ポドリスクのモスクワ州立スタジアムについて州政府から取り下げたことが明らかになった、またモスクワ市内のスパルタク・スタジアムディナモ・スタジアムのどちらかが落選することも明らかとなった。[25]

なお開催地は2012年9月29日に決定された[26]。これによって開催候補都市のうち、クラスノダールヤロスラヴリは落選となった。

2012年12月14日のFIFA理事会で今大会の開幕戦と準決勝1試合と決勝をモスクワのルジニキ・スタジアムで、準決勝の残り1試合をサンクトペテルブルクの新ゼニト・スタジアムで行うことを決定した[27]

モスクワ サンクトペテルブルク
ルジニキ・スタジアム スパルタク・スタジアム 新ゼニト・スタジアム
収容人数: 89,318人
(改築)
収容人数: 46,990人
(新築)
収容人数: 69,500人
(新築)
Flickr - Pavel Kazachkov - Luzhniki stadium.jpg New football stadium construction site in SPB 01.jpg
カリーニングラード カザン ニジニ・ノヴゴロド
カリーニングラード・スタジアム ルビン・スタジアム ニジニノヴゴロド・スタジアム
収容人数: 45,015人
(新築)
収容人数: 45,015人 (60,000人)[28]
(新築)
収容人数: 44,899人
(新築)
GazouBoshu.png Kazan-arena-stadium.jpg
サマーラ ヴォルゴグラード サランスク
サマーラ・スタジアム ヴォルゴグラード中央スタジアム ユビレイニィ・スタジアム
収容人数: 44,918人
(新築)
収容人数: 45,015人
(改築か新築)
収容人数: 45,015人
(新築)
Central Stadium (Volgograd).jpg
ロストフ・ナ・ドヌ ソチ エカテリンブルク
ロストフナドヌ・スタジアム ソチ・オリンピックスタジアム セントラル・スタジアム
収容人数: 43,702人
(新築)
収容人数: 47,659人
(新築)
収容人数: 44,130人
(改築)
2014 Winter Olympics opening ceremony (2014-02-07) 02.jpeg Центральный стадион (реконструкция).jpg

地図[編集]

気候[編集]

ケッペンの気候区分では最南部のソチのみが温暖湿潤気候で、その他の開催都市は亜寒帯湿潤気候に属するが、大会開催時期の6月の平均気温は、モスクワ(12.1℃~22.0℃)、サンクトペテルブルク(11.7℃~20.0℃)、カリーニングラード(10.9℃~20.5℃)、エカテリンブルク(12.1℃~23.0℃)、カザン(13.3℃~23.5℃)、ニジニ・ノヴゴロド(12.6℃~22.6℃)、サマーラ(14.4℃~25.4℃)、ヴォルゴグラード(15.0℃~26.4℃)、ロストフ・ナ・ドヌ(15.8℃~26.6℃)、ソチ(16.5℃~24.8℃)となっており、南部では日中の気温は25度を超える夏日となり、時に真夏日になることもあるなど、比較的暑くなる。

時差[編集]

ロシアの開催都市の時間帯は3つあり、最西端のカリーニングラードでは日本標準時より6時間遅れ(カリーニングラード時間)(UTC+3)、最東端のエカテリンブルク(エカテリンブルク時間)(UTC+6)で4時間遅れ、その他の9つの開催都市は全てモスクワ時間(UTC+4)となり5時間遅れとなる。年中サマータイム実施状態である。

議論[編集]

2014年に行われたソチ冬季オリンピックと同様に、開催国ロシアとしての選択が問題になっている。論争となっている問題はロシアのフットボールの中に人種差別が含まれていた[29][30]。そして、ロシアの社会の中ではLGBTの人々に対する差別に気づいていた[31][32][33]

また、ウクライナの衝突によるロシアの関与は、クリミアの併合によって、浮き彫りとなった[34][35] それにマレーシア航空17便の撃墜でロシアの役割が疑われている[36]。 しかし、FIFA会長のセップ・ブラッターは「ワールドカップはロシアに与えられているので、私達は仕事によって前に行きます」と発言した[37]

TV放映局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『大住氏日経サッカーコラム60.「ワールドカップの持ち回りシステム終了」から見えてくるもの』
  2. ^ 一時はコロンビアも立候補したが厳しい経済状況のために頓挫し、アルゼンチンチリによる共催構想もFIFAが単独開催を求めて暗礁に乗り上げた結果、南米で開催するにはブラジルでの単独開催しか可能性が無くなったため、南米サッカー連盟諸国が一致してブラジルを推薦した。
  3. ^ 18年W杯候補は欧州に限定 FIFA会長明言
  4. ^ FIFA会長、18年W杯は欧州に限定せず
  5. ^ メキシコ、サッカーW杯開催の立候補を取り下げ 資金めど立たず - cnn.co.jp・2009年9月30日
  6. ^ W杯誘致でインドネシアを候補から除外、政府の財源保証不備で - cnn.co.jp・2010年3月20日
  7. ^ W杯招致は22年に=開催計画書など14日提出
  8. ^ 豪州も22年に絞る=W杯サッカー招致〔W杯〕
  9. ^ 日本サッカー協会 平成21年度 第5回理事会 協議事項(2009年9月10日)[1]
  10. ^ ファンフェストとは、試合会場に行かないサッカーファンに対して無料で大型スクリーンでの試合実況中継を行うなどの公開イベントである。
  11. ^ W杯招致、日本落選。18年ロシア、22年カタール大会に ゲキサカ【講談社】無料サッカー速報 2010/12/3
  12. ^ 日本のW杯招致は何を間違えたのか?選考基準を巡る2つの大きな誤算。P1-ナンバー公式HP2010/12/3
  13. ^ 日本のW杯招致は何を間違えたのか?選考基準を巡る2つの大きな誤算。P2-ナンバー公式HP2010/12/3
  14. ^ a b c d e “独国会議員、ロシアの18年W杯開催権剥奪を求める”. AFPBB News. (2014年7月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3021322 2014年7月25日閲覧。 
  15. ^ a b c d “W杯ロシア開催見直しを=与党政治家、相次ぎ訴え-ドイツ”. 時事通信. (2014年7月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014072600171 2014年7月26日閲覧。 
  16. ^ a b 工藤武人 (2014年7月28日). “ロシアのW杯開催剥奪を、撃墜事件で独英から声”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20140728-OYT1T50032.html?from=ytop_main4 2014年7月30日閲覧。 
  17. ^ a b “オランダ、ロシアW杯のボイコット議論を先送りに…英紙報道”. マイナビニュース. (2014年7月24日). http://news.mynavi.jp/news/2014/07/24/502/ 2014年7月25日閲覧。 
  18. ^ a b c “サッカー=英副首相、「ロシアはW杯開催権剥奪されるべき」”. ロイター. (2014年7月28日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0FX07O20140728 2014年7月30日閲覧。 
  19. ^ a b “W杯ロシア大会「開催権はく奪されるべき」の声”. テレビ朝日. (2014年7月28日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000031539.html 2014年7月30日閲覧。 
  20. ^ “FIFA 18年W杯のロシア開催を支持”. スポーツニッポン. (2014年7月25日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/07/25/kiji/K20140725008631700.html 2014年7月25日閲覧。 
  21. ^ “W杯=FIFA、18年ロシア大会の成功に「全力注ぐ」”. ロイター. (2014年7月26日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0FV04220140726 2014年7月26日閲覧。 
  22. ^ 今大会の開催決定日。
  23. ^ ソ連時代も含む。
  24. ^ 2018 FIFA World Cup Bid Evaluation Report: Russia (PDF)”. FIFA. 2012年9月11日閲覧。
  25. ^ Почему у России осталось только 14 стадионов к ЧМ-2018 - Известия (Why are there only 14 stadiums for the Russia 2018 World Cup)” (ロシア語). Izvestia.ru (2011年10月7日). 2011年10月8日閲覧。
  26. ^ Russia united for 2018 FIFA World Cup Host Cities announcement” (英語). fifa.com (2012年9月29日). 2012年9月30日閲覧。
  27. ^ 18年W杯 開幕戦と決勝はルジニキ-日刊スポーツ2012年12月15日
  28. ^ Вместимость футбольного стадиона Казани к ЧМ могут увеличить до 60 тыс. мест” (ロシア語). Tatar-inform.ru (2010年12月27日). 2012年9月11日閲覧。
  29. ^ Syal, Rajeev (2010年12月3日). “World Cup 2018 win raises Russian racism fears”. The Guardian. 2011年8月20日閲覧。
  30. ^ “Yaya Toure: Black players may boycott 2018 Russia World Cup”. BBC Sport. (2013年10月25日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/24660581 
  31. ^ change.org. “Dismiss Russia As Host Of The 2018 World Cup”. 2014年7月6日閲覧。
  32. ^ J.P. McCormick (2014年3月25日). “Campaigns demand FIFA bans Russia from hosting 2018 World Cup due to anti-gay law”. Pink News. 2014年7月27日閲覧。
  33. ^ J. Lavin (2014年2月28日). “Why FIFA Needs to Move the World Cup”. advocate.com. 2014年7月27日閲覧。
  34. ^ "Fifa urged to rethink staging 2018 World Cup in Russia". Bbc.com, 2014-03-21. Retrieved 17 April 2014.
  35. ^ Winter, Stuart (2014-03-23): "US calls for Fifa to drop Russia from hosting World Cup in 2018". Express.co.uk. Retrieved 17 April 2014.
  36. ^ “German politicians question Russia’s suitability to host 2018 World Cup”. The Guardian. Reuters. (2014年7月23日). http://www.theguardian.com/football/2014/jul/23/german-politicians-russia-suitability-world-cup-2018 2014年7月23日閲覧。 
  37. ^ "Sepp Blatter: Russia will host 2018 World Cup despite Crimea". Bbc.com, 2014-03-21. Retrieved 17 April 2014.
  38. ^ Hassett, Sebastian (2011年10月28日). “SBS locks in two more World Cups”. Brisbane Times. http://www.brisbanetimes.com.au/sport/football/sbs-locks-in-two-more-world-cups-20111027-1mm4s.html 2011年10月28日閲覧。 
  39. ^ Globo buys broadcast rights to 2018 and 2022 FIFA World Cups™”. FIFA (2012年2月28日). 2012年2月28日閲覧。
  40. ^ Bell Media lands deal for FIFA soccer from 2015 through 2022”. TSN (2011年10月27日). 2011年10月27日閲覧。
  41. ^ Myers, Sanjay (2011年10月28日). “SportsMax lands long-term FIFA package”. Jamaica BServer. http://www.jamaicaobserver.com/sports/SportsMax-lands-long-term-FIFA-package_10026683 2011年10月28日閲覧。 
  42. ^ “EBU in European media rights deal with FIFA for 2018 and 2022 FIFA World Cups™” (プレスリリース), European Broadcasting Union, (2012年3月30日), http://www.ebu.ch/en/union/news/2012/tcm_6-74750.php 2012年3月31日閲覧。 
  43. ^ FIFA Executive Committee agrees major governance reforms & Ethics structure”. FIFA.com (2012年3月30日). 2012年3月31日閲覧。
  44. ^ Shah, Gouri (2014年1月15日). “Sony SIX wins broadcast rights for FIFA World Cup 2014 and 2018”. Mint. http://www.livemint.com/Consumer/hPC1jchSvJxuqE6ttEVTfK/Sony-SIX-wins-broadcast-rights-for-FIFA-World-Cup-2014-and-2.html 2014年5月11日閲覧。 
  45. ^ “Sony Six bags exclusive rights for FIFA till 2018”. http://www.exchange4media.com/54215_sony-six-bags-exclusive-rights-for-fifa-till-2018.html 
  46. ^ Connolly, Eoin (2011年1月26日). “Al Jazeera secures first 2018/2022 rights package”. SportsPro. http://www.sportspromedia.com/news/al_jazeera_secures_first_2018_2022_rights_package/ 2011年10月22日閲覧。 
  47. ^ “Al Jazeera Sport rebranded beIN SPORTS”. al Arabiya. (2013年12月31日). http://english.alarabiya.net/en/media/television-and-radio/2013/12/31/Al-Jazeera-Sports-rebranded-beIN-SPORTS.html 2014年1月22日閲覧。 
  48. ^ “RTP e Seleção Nacional até 2018”. RTP. (2013年4月10日). http://www.rtp.pt/noticias/index.php?article=642835&tm=44&layout=158&visual=49 2013年4月14日閲覧。 
  49. ^ Connoly, Eoin (2012年4月2日). “ARD and ZDF get rights to 2018 World Cup”. SportsPro. http://sportspromedia.com/news/ard_and_zdf_get_german_rights_to_2018_world_cup/ 2012年4月2日閲覧。 
  50. ^ Connoly, Eoin (2012年4月24日). “SRG secures Swiss World Cup rights until 2022”. SportsPro. http://sportspromedia.com/news/srg_secures_swiss_world_cup_rights_until_2022/ 2012年4月24日閲覧。 
  51. ^ Cushnan, David (2014年6月8日). “BBC, ITV, ARD and ZDF sign World Cup TV deals”. SportsPro. http://www.sportspromedia.com/news/bbc_itv_ard_and_zdf_sign_world_cup_tv_deals/ 2014年6月9日閲覧。 
  52. ^ Longman, Jeré (2011年10月21日). “Fox and Telemundo Win U.S. Rights to World Cups”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/10/22/sports/soccer/fox-and-telemundo-win-us-rights-to-2018-and-2022-world-cups.html 2011年10月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • FIFA.com 2018 website(ロシア語)(英語)(フランス語)(スペイン語)(ポルトガル語)(アラビア語)