田原豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田原 豊 Football pictogram.svg
名前
愛称 ユタカ、牛
カタカナ タハラ ユタカ
ラテン文字 TAHARA Yutaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年4月27日(31歳)
出身地 鹿児島県姶良市
身長 187cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム タイの旗 サムットソンクラームFC
ポジション FW
利き足 右足
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

田原 豊(たはら ゆたか、1982年4月27日 - )は、鹿児島県姶良市出身のサッカー選手。ポジションはフォワード

来歴・人物[編集]

  • 中学生時代、元力士桜島(下迫弘聖)と共に、大相撲(元、大関霧島、現、陸奥親方)からスカウトを受けた経験がある。鹿児島実業高校では松井大輔の1年後輩。のちに京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)でもチームメイトとなった。松井はフランス移籍後も、田原が出た試合を必ず見ているという。
  • その松井がフランスル・マンへ移籍が決定し、京都での最後の試合で田原がゴールを決めた。また松井は試合後のセレモニーでそのことに触れ、田原に今後の京都サンガを託す旨のコメントを残した。
  • 京都で監督として田原を知る加藤久曰く、「日本人のCFで180センチを超える選手はそうはいない」と期待も大きく、対話だけでなく監督自ら食事に至るまで体調管理を指示していたという。田原もその加藤を「(加藤)久さんは父親のような存在」と話している。
  • 2008年の京都がJ1昇格後は大型CFとして期待されたが、好不調の波が大きいことなどからチームから戦力外通告を受けて同年限りで退団となった。
  • 京都退団後にJリーグ合同トライアウトへ参加。2009年には韓国大田シチズンオーストラリアアデレード・ユナイテッドのキャンプに参加するも契約には至らず。その後、J2湘南ベルマーレの練習に参加。新たな攻撃の軸を探す湘南の思惑と一致し、開幕2日前になって入団が決定した。得点だけで無く、ポストプレーはもちろん、激しいチェイシングや相手コーナーキック時には高さに不安を抱えた湘南のディフェンスをカバーするなど、チームに欠かす事の出来ない選手として活躍。J1昇格に大きく貢献した。
  • 2014年、タイ・プレミアリーグサムットソンクラームFCへ移籍[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2001 横浜FM 23 J1 13 1 1 0 0 0 14 1
2002 0 0 0 0 - 0 0
京都 31 5 1 0 0 3 1 8 2
2003 11 10 1 2 0 1 0 13 1
2004 J2 26 6 - 2 4 28 10
2005 31 32 9 - 2 1 34 10
2006 J1 16 1 3 1 0 0 19 2
2007 J2 31 9 - 1 0 32 9
2008 9 J1 24 5 5 1 1 0 30 6
2009 湘南 34 J2 41 10 - 1 0 42 10
2010 9 J1 27 4 3 1 2 0 32 5
2011 J2 25 7 - 3 0 28 7
2012 横浜FC 34 30 7 - 0 0 30 7
2013 23 1 - 0 0 23 1
タイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2014 サムットソンクラーム プレミア
通算 日本 J1 95 13 14 3 7 1 116 17
日本 J2 208 49 - 9 5 217 54
タイ プレミア
総通算 303 62 14 3 16 6 333 71
  • 強化指定選手としての出場はなし

その他の公式戦

経歴[編集]

出場大会[編集]

代表歴[編集]

  • U-18日本代表
  • U-19日本代表
  • U-20日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]