藤田祥史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤田 祥史 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フジタ ヨシヒト
ラテン文字 FUJITA Yoshihito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年4月13日(31歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 185cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 横浜F・マリノス
ポジション FW
背番号 19
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008
2009-2010
2011
2012
2013-
サガン鳥栖
大宮アルディージャ
横浜FC
ジェフユナイテッド市原・千葉
横浜F・マリノス
105 (46)
34 0(5)
31 0(3)
36 (15)
32 0(2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月11日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

藤田 祥史(ふじた よしひと、1983年4月13日 - )は、Jリーグ横浜F・マリノス所属のプロサッカー選手。ポジションはフォワード

カマタマーレ讃岐藤田浩平は実弟。

来歴[編集]

立命館大学時代には、関西大学リーグ得点王を2回、アシスト王を1回獲得し大学屈指のストライカーだった。

2006年サガン鳥栖に入団。ルーキーながら開幕戦に出場し、以後スタメンに定着。4得点を挙げる。

2007年は前年までチームのエースストライカーであった新居辰基が移籍したため、攻撃の柱として期待されると、見事その期待に応え、J2得点ランキングで日本人トップとなる24得点をあげた。この年のシーズンオフには、複数のJクラブのオファーがあったが、それを断って鳥栖への残留を決めた。

2008年は前年終盤の骨折で開幕には間に合わなかったが、第44節のベガルタ仙台戦でハットトリックを挙げるなど活躍して18得点を記録。

2009年より大宮アルディージャに移籍したが、2010年限りで戦力外通告を受けた。

2011年より鳥栖時代に指導を受けた岸野靖之監督率いる横浜FCに移籍したが、同年限りで退団した。

2012年より、ジェフユナイテッド市原・千葉に完全移籍。3月4日、モンテディオ山形との開幕戦で2得点を決め、開幕戦の初勝利を挙げた。

2013年横浜F・マリノスへ完全移籍[1]。同年7月23日に行われたマンチェスター・ユナイテッドFCとの親善試合では試合終盤に決勝ゴールを挙げた。

所属クラブ[編集]

アマチュア経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 鳥栖 25 J2 23 4 - 2 1 25 5
2007 44 24 - 2 0 46 24
2008 38 18 - 4 2 42 20
2009 大宮 13 J1 27 4 6 1 1 0 34 5
2010 7 1 6 1 3 1 16 3
2011 横浜FC 25 J2 31 3 - 0 0 31 3
2012 千葉 18 36 15 - 2 1 38 16
2013 横浜FM 19 J1 32 2 10 1 5 4 47 7
通算 日本 J1 66 7 22 3 9 5 97 15
日本 J2 172 64 - 10 4 182 68
総通算 238 71 22 3 19 9 279 83

その他公式戦

脚注[編集]

  1. ^ 藤田祥史選手 移籍加入のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2013年1月11日). 2013年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]