横浜FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜FC
原語表記 横浜FC
呼称 横浜FC
クラブカラー    [1]    水色[1]   [1]
創設年 1999年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン Jリーグ ディビジョン2
クラブライセンス J1
ホームタウン 神奈川県横浜市[1]
ホームスタジアム Mitsuzawa100502.JPG
ニッパツ三ツ沢球技場[1]
収容人数 15,454[1]
運営法人 株式会社横浜フリエスポーツクラブ[1]
代表者 北川浩史[1]
監督 日本の旗 山口素弘
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社横浜フリエスポーツクラブ
Yokohama Fulie Sports Club Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 郵便番号:240-0045
神奈川県横浜市保土ヶ谷区川島町522-3[1]
設立 1998年12月25日[2]
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブの運営
代表者 北川浩史[1]
資本金 3億4,364万円[2]
売上高 10億5,400万円 (2013年1月期)[3]
営業利益 600万円 (2013年1月期)[3]
経常利益 200万円 (2013年1月期)[3]
純利益 200万円 (2013年1月期)[3]
純資産 2,900万円 (2013年1月期)[3]
総資産 3億400万円 (2013年1月期)[3]
決算期 1月期
主要株主 フィートエンターテイメント 33.7%[4][5]
関係する人物 奥寺康彦辻野臣保
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

横浜FC(よこはまエフシー、Yokohama FC)は、日本神奈川県横浜市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要[編集]

2001年にJリーグ加盟[1]。運営会社は株式会社横浜フリエスポーツクラブ[1]、ホームスタジアムはニッパツ三ツ沢球技場[1]、練習場は横浜FC LEOCトレーニングセンターである[1](詳細は#スタジアム・練習場他を参照)。

クラブマスコットは「宇宙人」をモチーフとしたフリ丸[1] で、創設10周年に当る2008年12月に名称を公募し[6]、2009年1月の新体制発表記者会見で名前が発表された。

歴史[編集]

1999年-2000年(JFL)[編集]

1999年

1998年シーズンを以て横浜フリューゲルス(横浜F)が横浜マリノス(横浜M)に吸収合併されることが決定したことを受けて、横浜Fのサポーター達によって横浜FCの運営会社となる株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜フリエSC)が12月25日に設立された[2]

新設クラブは神奈川県社会人サッカーリーグ3部からスタートするのが決まりであったが、日本サッカー協会は特例として日本フットボールリーグ(JFL)に「準会員」資格で参加することを承認した[2]

なお、準会員参加の条件として、同年のJFLで4位以内ならば翌年のJFLに正会員として参加し、5位以下に終われば地域リーグ所属クラブがJFL昇格をかけて争う全国地域リーグ決勝大会への参加を義務付けることになっていた。[7]

ゼネラルマネージャー(GM)に奥寺康彦、監督にピエール・リトバルスキー、コーチに阪倉裕二が就任。また、パベル・ジェハークを含む元Jリーガー22人と選手契約した。4月25日横浜国際総合競技場ジヤトコサッカー部と初の公式戦(JFL第2節)を行った(引き分け)。第3節(5月3日)の水戸ホーリーホック戦で初勝利を収めた。JFLリーグ戦は18勝3分3敗の成績でJFLの初代優勝チームとなった。天皇杯は、3回戦でV川崎に敗退。

2000年

2000年、JFLの正会員となった[1]Honda FCから水原大樹田島宏晃を獲得。リーグ戦は後期第7節で国士舘大学サッカー部を破り、Jリーグ加盟条件の2位以内が確定。後期第8節で静岡産業大学に勝利して2年連続のJFL優勝を決めた。シーズン終了後、2001年からのJリーグ加盟が承認され、J2参加が決まった。

2001年-2006年(J2)[編集]

2001年

リトバルスキーがバイエル・レバークーゼンのコーチ就任に伴い監督を退任。新潟元監督の永井良和が後任監督に就任したが、シーズン途中に退任し、9月に信藤健仁が監督に就任した。J2初年度は12チーム中9位の成績。初参加となったナビスコカップは1回戦でJ1の東京Vに勝利(2回戦で川崎に敗退)、天皇杯は3回戦でJ1のFC東京に勝利を収めた(4回戦で川崎に敗退)。

2002年
キャッチフレーズ :「超攻撃的。2-4-4は横浜FC

信藤体制2年目。迫井深也吉本岳史期限付き移籍で、廣長優志を完全移籍で獲得。また、元横浜Fのアルゼンチン人DFのフェルナンド・ダニエル・モネールが入団した。リーグ戦は勝ち点・失点数共にリーグ最下位で、信藤はシーズン終了後に監督を退任。

2003年
キャッチフレーズ:「ガムシャラ ~原点を思い出せ。迷うな、負けるな、強くあれ!~」

初代監督のリトバルスキーが監督に就任。後藤義一有馬賢二が引退、廣長が移籍した一方、城彰二ルディ・バタ、マシューなどを獲得。なお、引退後に後藤はコーチを務めていたがシーズン途中に現役に復帰した。最終成績は12クラブ中の11位。

2004年
キャッチフレーズ:「PLAYER'S POWER ~勝利をつかめ~YOKOHAMA FC SPIRITS」

リトバルスキー体制2年目。ジェフェルソントゥイード中島崇典などを獲得。城がキャプテンとなった。開幕戦は仙台に4-0で勝利。また、第17節まで4勝12分1敗の成績。第18節から4連敗したが、最終順位はJ2昇格後最高の8位。なお、シーズン44試合中の22試合が引き分けであった。シーズン終了後にリトバルスキーが監督を退任した。

2005年
キャッチフレーズ:「MAKE PROGRESS」

2005年6月、学校・病院給食や企業の社内食堂を展開するレオックジャパンの関連会社・フィートエンターテイメントが横浜フリエSCの第三者割当増資を引き受けて事実上のオーナーに就任した。「現在の地域密着型チーム運営の形態を維持する」とフィート社は示している。

JAPANサッカーカレッジ元監督の足達勇輔が監督に就任。補強は新人を中心に、ベテラン選手として佐藤一樹貞富信宏などを獲得した。リーグ戦は第6節から15試合勝ち星無しを喫するなどで、11位(12チーム中)で終わった。なお、シーズン途中にいずれも元日本代表三浦知良山口素弘望月重良など獲得した。なお、山口の入団は、横浜FCを応援する元横浜Fサポーター、そして山口本人にとって、他の選手やクラブへの移籍とは少し違った意味を持っていた[8]

2006年

キャッチフレーズ:「夢に蹴りをつける。」

足達が監督を続投。室井市衛渡辺光輝鄭容臺吉野智行アウグストなどを獲得した一方、小野信義などが退団した。

開幕戦(愛媛戦)に敗北後に足達が解任された(同年中に横浜FCのユース部門責任者に就任)。コーチの高木琢也が後任監督に就任し、監督交代後の第2節から第18節まで15戦無敗(9勝6分)、またこの間に連続無失点時間770分[注 1] も記録し、ともにJリーグ記録となった。

第43節で首位に立ち、11月26日鳥栖戦に勝利してJ2初優勝を決めた[注 2]。12月4日のJリーグ理事会の承認により、J1昇格が正式に決定した。なお、横浜FCは、J2オリジナル10以外からJ1昇格した初のクラブとなった。

2007年(J1)[編集]

キャッチフレーズ:「勝つために、ここに来た。」

北村知隆吉武剛、アレモンなどが退団。城が引退した一方、横浜FMから元日本代表の奥大介久保竜彦東京Vからジウマール・シウバを獲得した。

J1開幕戦は浦和に1-2で敗北。第2節で横浜FMに1-0で勝利し、J1初勝利および横浜ダービーの初対戦初勝利を挙げたが、その後は低迷。平本一樹山田卓也などをシーズン途中に獲得するが、前半戦は最下位。

後半戦初戦の第19節(8月11日)の横浜FMに1-8で大敗。試合後に高木が解任され(一方で三浦淳宏の獲得に関して高木とフロントとの確執が表面化したという事情もあった[10])、ジュリオ・レアルが監督に就任したが、10月20日の神戸戦に敗れ、J2降格が決定した。ナビスコカップはグループリーグ敗退、天皇杯は5回戦で愛媛に敗北した。シーズン終了後にジュリオ・レアルが監督を退任した。

2008年 - (J2)[編集]

2008年
キャッチフレーズ:「夢のJ1は終わった。リアルなJ1への挑戦が始まる。」

仙台やC大阪元監督の都並敏史が監督に就任し、3年契約を結んだ。菅野孝憲内田智也などがJ1の各クラブへ移籍、山口や奥が引退するなど21人が退団した一方、2006年水戸で16得点を挙げたアンデルソン、水戸前主将で横浜FCには6シーズンぶりの復帰となるDF吉本岳史2007年のJFL得点王御給匠、東京Vの戸川健太などを獲得した。

リーグ戦は第39節時点で昇格の可能性が消滅し、最終順位は10位。なお、アンデルソンが16得点を挙げた。シーズン終了後に都並が監督を解任された。

2009年
キャッチフレーズ:「これからのサッカーが、ここにある

山形や大宮元監督のた樋口靖洋が2年契約で監督に就任。前年度チーム得点王の16ゴールを挙げたアンデルソン、山田卓也滝澤邦彦チョ・ヨンチョル太田宏介、昨年大宮レンタル移籍していた内田智也らが完全移籍で退団した一方、千葉に期限付き移籍していた早川知伸が復帰、韓国から劉孝眞名古屋から片山奨典大宮から田中輝和が加入し、またレンタル移籍だった戸川健太須藤右介は完全移籍となり、難波宏明と並びチーム2位の7得点を決めた池元友樹もレンタル移籍期間延長となった。さらに4月には2006年から2007年7月まで在籍していた鄭容臺が約2年ぶりに復帰した。

リーグ戦は開幕から8試合勝利なし(3分5敗)。第9節(水戸戦)で初勝利したが、第10節から8試合勝ちなし(1分7敗)。結局、リーグ戦は16位に終わった。天皇杯は3回戦で敗退。なお、シーズン終了後に個人の都合[注 3]により樋口との2年契約を1年で打切った[11]

2010年
キャッチフレーズ:「昇格~再び一緒にあの舞台に

前年まで鳥栖監督を務めていた岸野靖之が監督に就任。鳥栖から高地系治柳沢将之武岡優斗渡邉将基鳥取からシュナイダー潤之介、韓国・釜山アイパークから金裕晋仙台からFWサーレス、仙台や新潟に所属していたシルビーニョを完全移籍で、東京Vから元日本代表FW大黒将志をレンタル移籍で獲得。

開幕3連勝の後、第4節から1勝9敗と低迷し、一時は15位に沈んだが、第14節の鳥栖戦以降5試合負けなし。6月に大黒が退団(東京Vへ復帰後、FC東京へレンタル移籍)したが、元C大阪カイオ、元大分ホベルトを獲得した。シーズン成績は前年度を上回る6位。天皇杯は3回戦で川崎に敗北した。岸野はシーズン途中の9月1日からGM兼任となった。

2011年
キャッチフレーズ:「結戦 ~KESSEN~

岸野体制2年目。阿部巧がレンタル終了、早川知伸戸川健太金裕晋らのDF陣が退団した一方、新潟から中野洋司横浜FMから藤田優人鹿島から宮崎智彦を獲得。また、新人として井手口正昭荒堀謙次佐藤謙介、韓国・延世大学校から朴台洪などが入団。また、鳥栖からDF飯尾和也、FW藤田祥史、2010年に特別指定選手として鳥栖で3試合に出場した森本良が入団した。

リーグ戦は故障者が続出した影響もあり大きく出遅れ、一時はFC岐阜と同順位ではあるが最下位に転落した。8月に飯尾が松本山雅FCへ完全移籍した一方、2010年までに所属していたフランサを獲得、10月にはOBの奥大介が強化部長に就任した。夏場に4連勝したが、後半戦は12試合連続無勝利を喫するなど再度失速し、年間を通して一度も二桁順位から脱せないまま18位でシーズンを終えた。天皇杯は初戦(2回戦)で松本に敗北。なお、岸野はGM職をこの年限りで辞任した。

2012年
キャッチフレーズ:「走覇(そうは)~走りぬく、つながる想い、輝く笑顔へ~

岸野体制3年目。柳沢将之、フランサが退団、宮崎智彦、藤田優人、寺田紳一がレンタル移籍期間満了、荒堀謙次が栃木SCに、西田剛福岡に完全移籍した一方、ペ・スンジン大久保哲哉内田智也阿部巧など、かつて横浜FCに所属した選手が復帰した。また、杉山新田原豊永井雄一郎堀之内聖を完全移籍で獲得。小野瀬康介がユースから昇格し、韓国U-19代表候補の羅誠洙、2010シーズン特別指定選手だった中里崇宏とプロ契約を結んだ。

開幕2試合を1分1敗。第3節の千葉戦に敗北して最下位に転落した翌3月18日に岸野が監督を解任され、3月21日にOBの山口素弘が監督に就任した。第5節、第8節と最下位となるが、第13節北九州戦から第18節徳島戦までクラブ初の6連勝。後半戦初戦、第22節町田戦に勝利して9位に浮上してからは、後半戦を通じて1桁順位を維持、第37節大分戦の勝利でJ1昇格プレーオフ圏内の6位に浮上。第39節から第42節まで4連勝し、リーグ戦は4位の成績。昇格プレーオフは準決勝で5位の千葉に敗北し、J1昇格はならなかった。

天皇杯は3回戦で横浜FMに敗北した。なお、2012年6月、一般社団法人横浜FCスポーツクラブを設立。同7月に香港ファーストディビジョンリーグ所属の「標準流浪」を買収し「横浜FC香港」に名称を変更した。

2013年
キャッチフレーズ:「+ONE 心をひとつに

山口体制2年目。群馬から松下裕樹、川崎から黒津勝、熊本から市村篤司などを完全移籍で獲得。一方で、堀之内聖山形八角剛史渡邉将基両名が北九州杉山新岐阜中野洋司栃木にそれぞれ移籍、阿部巧関憲太郎がレンタル移籍期間満了。8月にブラジルのSEパルメイラスからパトリックが入団。

開幕戦は岐阜に勝利したが、第2節から3敗3分で第7節終了時点で20位と低迷。第18節から第22節まで3連勝1回を含む無敗(4勝1分)で第22節時点で11位に浮上したが、第23節から第28節まで4連敗を含む6試合未勝利(2分4敗)。結局、J1昇格プレーオフに進出した前年と異なり、降格圏までは落ちなかったものの、第4節終了時に11位となって以降一度も1桁順位になることなく、第39節の松本戦に敗れてプレーオフ圏外の7位以下が確定。第40節から3連勝したが、最終順位は11位であった。天皇杯は2回戦でツエーゲン金沢に敗北した。

2014年
キャッチフレーズ:「蹴心

山口体制3年目。

成績[編集]

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

個人別[編集]

ソシオ・フリエスタ[編集]

横浜FCは企業の資本に頼らない純市民参加型のサッカー・スポーツクラブ作りを目指すという観点で、クラブ運営の核となる任意組織「ソシオ・フリエスタ」を設立した。モデルはスペインFCバルセロナとされている。同クラブも一般市民から集めた会費を基としてサッカークラブを中心とした様々なスポーツクラブ活動を展開してきた。

横浜FCも創設当初は市民から会員(ソシオ)を募集した。会員は会費をクラブに納める見返りとして、希望者への年間指定席の斡旋の他、試合会場や各種イベントでの運営アシスタント(ボランティア)への登録やクラブ上層部との意見交換会などに出席できる権利を得ることが出来た。

しかし、J2加入が確定した2001年年頭ごろから問題が表面化した。[要出典]ソシオの役員改選選挙が実施されている最中、ソシオの会員宛に運営会社の株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜フリエSC)から「協約書」が送付された。その内容は「ソシオ会員は全員横浜フリエSCと直接契約を結ぶことを求める」もので、「本協約書にご賛同いただけず退会を希望される方には、ご返金いたします」という内容だった。

ソシオとの協議で、横浜フリエSCは「ソシオの会費は当初から運営会社の運営費として捻出されることになっていたが、理事会の承認なしに運営費を拠出できないのは責任ある球団経営が見込めないと判断した」と主張し、これまでのソシオとの協定書を破棄することを宣言した。

2001年9月、横浜フリエSCはソシオに代る新しいチームの後援組織「横浜FCクラブメンバー」を創設し、新社長に就任した奥寺保有の株式をソシオ会員ではなく、クラブメンバーに割り当てること、また会員には「サッカーをする・ふれるといった体験型のイベントを充実させる」ことや「個人情報の管理・責任をより徹底・明確にする」ことなどを提案。名称についてもソシオの名前が係争中だったことから別の名前に変更したという。[要出典]これにはソシオ理事会側が遺憾の意を示す。

その後、ソシオは横浜フリエSCに対し、ソシオの会費の一部(740万円相当)と会員名簿の返還を求めるよう横浜地方裁判所仮処分申請を行ったが、2002年1月却下された。ソシオは東京高等裁判所即時抗告を行ったが、これも2003年に却下された。その趣旨は「入会事務・会員名簿の作成は運営会社から委託された業者が行い、団体として内部的にも自立して運営されているとは認めがたいから、ソシオは(法人格を有しない団体でも例外的に当事者能力が認められる)民事保全法7条・民事訴訟法29条の『法人でない社団』とは認められない。よって、当事者能力がないから、申立ては不適法である」というものだった[12]

その間、横浜フリエSCが「ソシオの名称は横浜フリエSCに商標登録がある。このまま使用を続けるのなら法的な処置も辞さない」とソシオに通告を行い、2003年にソシオは「ソシオ・フリエスタ」から「ソシオ横浜」に名称を変更した。2003年9月、ソシオと横浜フリエSCは和解合意書に調印し、2年以上に及んだ横浜フリエSCとソシオの対立は区切りを迎えた。なお、ソシオ横浜の公式サイトは2008年1月を最後に更新が止まっている。

下部組織[編集]

一般社団法人横浜FCスポーツクラブ
創立者 株式会社横浜フリエスポーツクラブ
団体種類 一般社団法人
設立 2012年6月
所在地 神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町646-2
主要人物 小野寺裕司(設立時社員)、奥寺康彦(代表理事)
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 サッカースクールおよび女子サッカーチームの運営他
ウェブサイト http://www.yokohamafc-sc.com
テンプレートを表示

育成組織(アカデミー)として、ユース(U-18)、ジュニアユース(U-15)およびU-12強化の3カテゴリを有しており、横浜フリエSCが運営している。また、幼稚園児から大人に至るまでの「横浜FCサッカースクール」は、2012年6月に設立された一般社団法人横浜FCスポーツクラブ[13] が運営している。

なお、横浜FCスポーツクラブは上述のサッカースクールの運営以外にも、2013年2月に発足した横浜FCシーガルズの運営[14]、チアリーディング(F!リーダーズ)、ヨガおよび卓球のスクールの運営、横浜FC LEOCトレーニングセンター内の体育館施設の運営・管理を手掛けている。横浜FCシーガルズの関連クラブとして、横須賀市横須賀シーガルズが置かれている。

また、2012年7月に香港リーグの「標準流浪」の運営権を取得(現:横浜FC香港)し、その運営会社として横浜FC香港スポーツクラブ株式会社(中国語: 橫滨足球香港體育會有限公司)を設立している。

スタジアム・練習場他[編集]

ホームスタジアム[編集]

横浜FCクラブハウス
横浜FC LEOCトレーニングセンター・グラウンド
横浜FC東戸塚フットボールパーク

ホームスタジアムはニッパツ三ツ沢球技場(旧称:三ツ沢公園球技場)である。なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは当項目を参照のこと)。

練習場[編集]

2006年シーズンまでは固定の練習場を持たず、港北区しんよこフットボールパークなどの横浜市内の施設を転々としていた[15]。2007年からかつて横浜Fや横浜FMが使用していた戸塚区横浜スポーツマンクラブ内のグラウンド(当時の名称は横浜FC LEOCトレーニングセンター)を練習場として使用することになったが、賃貸料が高いことや練習用のサッカーコートの数が不足していることを理由として、練習施設の移転を模索していた[15]

2009年11月、横浜FCを運営する株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜フリエSC)が横浜水道局の西谷浄水場内(保土ヶ谷区)にある体育施設の事業者に選定され[16]、2010年3月に横浜フリエSCは同施設を活動拠点として10年間賃貸する契約を横浜市水道局と締結した[17]

これを受けて、横浜フリエSCは2010年4月より練習場の建設を開始し、2010年7月3日に西谷浄水場内へ横浜FCの練習場が移転した(LEOCが同練習場の命名権を取得し、名称は「横浜FC LEOCトレーニングセンター」)[17]。なお、同施設内には天然芝と人工芝が各1面のサッカーグラウンド、体育館や管理棟を改装するクラブハウスなどを整備し、トップチームに加えて横浜FCユースや横浜FCジュニアユースなどの練習場としても活用している[17]

なお、2013年9月より上述の戸塚区のグラウンドは「横浜FC東戸塚フットボールパーク in 横浜スポーツマンクラブ」の名称で育成等の拠点として一般社団法人横浜FCスポーツクラブによって運営されている[18]

チケットのカテゴリ制[編集]

横浜FCは2011年シーズンより対戦相手によって販売価格が異なるチケットのカテゴリー制を導入している。なお、カテゴリ1の対象試合はカテゴリ2のそれに比べて一部の席の種類で価格が最大500円高くなっているのが特徴である[19]。なお、各年度のカテゴリの対象クラブは下表の通り。

年度 所属 カテゴリ1 カテゴリ2
2011 J2 札幌、千葉、FC東京、湘南、京都 水戸、栃木、草津、東京V、富山、岐阜、鳥取、岡山、徳島、愛媛、北九州、鳥栖、熊本、大分
2012 千葉、湘南、甲府、京都 山形、水戸、栃木、草津、東京V、町田、松本、富山、岐阜、鳥取、岡山、徳島、愛媛、福岡、北九州、熊本、大分
2013 札幌、千葉、京都、G大阪、神戸 山形、水戸、栃木、群馬、東京V、松本、富山、岐阜、鳥取、岡山、徳島、愛媛、福岡、北九州、長崎、熊本
2014 札幌、山形、千葉、湘南、松本、磐田、京都 水戸、栃木、群馬、東京V、富山、岐阜、岡山、讃岐、愛媛、福岡、北九州、長崎、熊本、大分

リーグ戦年度別入場者数[編集]

注記
年度 所属 合計
入場者数
最多入場者数 最少入場者数 平均[注 4]
入場者数
ホーム
試合数
ホームゲーム開催スタジアム
(数字は試合数)
備考
観客数 相手 会場 観客数 相手 会場
1999 JFL 53,045 11,283 ジヤトコ 横浜国 1,494 水戸 愛川 4,080 13 綾瀬3、三ツ沢球2、横浜国2、愛川2、平塚2、保土ヶ谷1、海老名1
2000 40,293 5,324 栃木SC 三ツ沢球 2,808 ソニー仙台 三ツ沢球 3,663 11 三ツ沢球10、横浜国1
2001 J2 66,160 7,174 仙台 1,311 新潟 3,007 22 三ツ沢球18、横浜国1、西が丘1、夢の島1、福井1
2002 76,498 11,118 C大阪 1,518 大宮 3,477 22 三ツ沢球10、三ツ沢陸6、夢の島4、横浜国1、江戸川1
2003 82,351 8,574 新潟 福島 1,851 広島 夢の島 3,743 22 三ツ沢球18、横浜国2、夢の島1、福島1
2004 92,818 12,180 湘南 横浜国 2,011 鳥栖 江戸川 4,219 22 三ツ沢球19、横浜国1、夢の島1、江戸川1
2005 130,644 12,849 札幌 日産ス 2,863 鳥栖 三ツ沢球 5,938 22 三ツ沢球19、日産ス1、江戸川1、西が丘1
2006 122,852 11,472 愛媛 三ツ沢球 2,690 鳥栖 5,119 24 三ツ沢球21、国立2、日産ス1
2007 J1 238,662 46,697 浦和 日産ス 4,114 大宮 14,039 17 三ツ沢球9、日産ス6、国立2
2008 J2 142,655 36,945 草津 2,536 草津 ニッパ球 6,793 21 ニッパ球19、日産ス1、国立1
2009 91,898 5,489 札幌 ニッパ球 1,541 鳥栖 3,535 26 ニッパ球22、日産ス1、国立1、西が丘1、駒沢1
2010 104,230 10,809 富山 国立 3,553 熊本 5,791 18 ニッパ球16、日産ス1、国立1
2011 109,632 16,813 札幌 1,853 熊本 5,770 19 ニッパ球17、国立1、西が丘1
2012 126,810 9,687 鳥取 ニッパ球 2,639 大分 6,039 21 ニッパ球20、福島1
2013 127,354 12,490 G大阪 2,139 岐阜 6,064 21 ニッパ球20、味フィ西1
2014 21 ニッパ球20、味フィ西1
所属 年間入場者数 最多入場者 最少入場者 平均 ホームゲーム数 備考
通算 J1 238,662 46,697 4,114 14,039 17
J2 1,273,902 36,945 1,311 4,900 260
JFL 93,338 11,283 1,494 3,889 24
合計 1,605,902 46,697 1,311 5,335 301
  • 1999年は特例でJFL準会員で参加したが、三ツ沢球・三ツ沢陸の使用スケジュールが埋まっていたため、神奈川県内各地で開催した(上表参照)。
  • 2002年は三ツ沢球が2002 FIFAワールドカップの練習会場に使われ、芝生の養成・生育が必要となったことから、4-9月の主催ゲームの多くを三ツ沢陸を会場として行った。
  • 2003年に福島県営あづま陸上競技場(以下「福島」)でホームゲームを開催したが、ピッチの面積がJリーグ公式戦の基準より狭いことが判明し、2009年ベガルタ仙台が主催試合を開催(相手は横浜FC)するまでJリーグ公式戦の開催はなかった。
  • 2012年9月23日の徳島戦を9年ぶりに福島で開催。当初開催予定のニッパ球が使用できず、近隣スタジアムでの開催も全て不可となったことによる。なお、この試合は東日本大震災復興支援活動の一環として開催された[20][21]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色[1] [1] [1]
FP(2nd) [1] [1] [1]
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     白、    水色、   
  • 白は雲を、水色は空を、青は海の色をそれぞれ表している[2]

ユニフォームデザイン[編集]

  • ユニフォームは横浜Fと同じように当初は白をベースとしたユニフォームを第1ユニ、第2ユニは水色ベースだったが、2003年からそれを入れ替え、水色ベースを第1ユニ、白は他チームと同じように第2ユニとした。

2007年および2008年のユニフォームは胸部分に紺の横縞が12本入っていたが、ユニフォームサプライヤーのヒュンメルとスーツサプライヤーのユナイテッドアローズとのコラボレーション作品で、チームとサポーターの絆の象徴を表現していた。[要出典]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
LEOC LEOC 2009年 - 2005年は袖、
2006年 - 2008年は背中
背中 ジャパンエレベーターサービス jes 2012年 - 2011年はパンツ
無し - -
パンツ 横浜日泰リース YNL 2013年-

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
1999 Socio Fuliesta CITIBANK BOSCH - Mizuno
2000
2001 NISSO セキド hummel
2002 -/norika.net 日土地
2003 FEALS ふくしまの米
2004 -/NISSO
2005 NISSO LEOC 明日佳グループ
2006 LEOC ライフコミューン LM
2007 TOMAS
2008 Nojima ライフコミューン
2009 LEOC フィート 明日佳グループ M3D
2010 レオックジャパン GENOVA -
2011 明日佳グループ CHECKER MOTORS jes
2012 jes -/明日佳グループ ほけんの窓口
2013 ほけんの窓口 YNL
2014 -

テーマソング[編集]

  • THE ALFEEWings of Freedom」: 作詞・作曲:高見沢俊彦、編曲:THE ALFEE
    • THE ALFEEはJリーグ創生期に横浜Fのオフィシャルソング「Victory」を提供。横浜FC誕生の折にも楽曲提供を行い、テーマソングの売り上げは全てチーム運営費へという形で支援した。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第10節の神戸戦以来から合計9試合で達成、連続完封は7試合。従来の記録は1993年の清水が記録した731分で、これが現在でもJ1記録となっている。
  2. ^ 他チームの結果による「J1昇格(内定)決定」は史上初[9]
  3. ^ 2010年に横浜F・マリノスコーチ就任のオファーをもらい、そのまま就任したことによる
  4. ^ 小数点以下四捨五入。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v クラブガイド:横浜FC”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年3月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e クラブ概要”. 横浜FC. 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 2012年度Jクラブ情報開示 資料 (PDF) Jリーグ公式サイト
  4. ^ 株式会社LEOC 第5期有価証券報告書(p.7) 2013年3月19日閲覧
  5. ^ 株式会社フィートエンターテイメントの連結子会社化について (PDF) 株式会社LEOC 2013年3月19日閲覧
  6. ^ 横浜FCオフィシャルクラブマスコット 誕生!!名前をつけてください!!
  7. ^ 横浜FC、JFL加盟決定のお知らせ(1999年3月5日報告) 横浜フリューゲルスを存続させる会公式ホームページ(クラブ設立当時の横浜FCオフィシャルホームページ) 
  8. ^ http://www.jsgoal.jp/news/00022000/00022879.html J's GOAL
  9. ^ 横浜FC 昇格内定・J2優勝記者会見 J's GOAL
  10. ^ 横浜FC、補強巡り内紛 高木監督「三浦淳の移籍に違和感」 中日スポーツ
  11. ^ 横浜FC新監督に岸野氏有力、今季限りで鳥栖退任 「カナロコ」(神奈川新聞サイト) 2009年11月26日付
  12. ^ ソシオ横浜(旧ソシオ・フリエスタ)の資料
  13. ^ “一般社団法人・横浜FCスポーツクラブ設立のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FC, (2012年7月5日), http://www.yokohamafc.com/news/2012/06/01/fc-6 2013年2月5日閲覧。 
  14. ^ “横浜初、なでしこリーグを目指す 横浜FCシーガルズ誕生のお知らせて” (プレスリリース), 横浜FC, (2012年6月1日), http://www.yokohamafc.com/news/2012/07/05/fc-8/ 2012年6月9日閲覧。 
  15. ^ a b 【J2日記】横浜FC(10.06.23)”. J's Goal (2010年6月23日). 2013年3月21日閲覧。
  16. ^ “西谷浄水場内の体育施設を活用する事業予定者を決定しました!” (プレスリリース), 横浜市水道局, (2009年11月25日), http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/press/press-20091125.html 2013年3月21日閲覧。 
  17. ^ a b c “Jリーグ「横浜FC」の活動拠点が水道局西谷浄水場内に移転しました!” (プレスリリース), 横浜市水道局, (2010年6月28日), http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/press/press-20100628.html 2013年3月21日閲覧。 
  18. ^ “横浜FC東戸塚フットボールパーク in 横浜スポーツマンクラブ 開設のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FC, (2013年9月17日), http://www.yokohamafc.com/2013/09/17/fc-in 2014年5月17日閲覧。 
  19. ^ チケット販売価格にカテゴリー制を導入”. SOCCER KING (2011年2月15日). 2013年8月5日閲覧。
  20. ^ “「ほけんの窓口グループPresents 燃やせ!福島魂Match」 開催決定のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FC, (2012年7月17日), http://www.yokohamafc.com/news/2012/07/17/j235-fc-vs-presents-match 2013年3月21日閲覧。 
  21. ^ “横浜FC被災地復興支援試合” (プレスリリース), 横浜FC, http://www.yokohamafc.com/2464-2 2013年3月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]