佐藤一樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐藤 一樹 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サトウ カズキ
ラテン文字 SATO Kazuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1974年6月27日(39歳)
出身地 群馬県高崎市[1]
身長 170cm[2]
体重 63kg[2]
選手情報
ポジション MF[2]DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998 横浜フリューゲルス 22 (3)
1999 横浜F・マリノス 13 (3)
2000 京都パープルサンガ 13 (0)
2001 大分トリニータ 16 (1)
2002-2003 横浜F・マリノス 8 (0)
2004 サンフレッチェ広島 3 (0)
2005 横浜FC 26 (0)
代表歴
1992  日本ユース
監督歴
2014- FC東京U-18
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月6日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

佐藤 一樹(さとう かずき、1974年6月27日 - )は、群馬県高崎市出身の元サッカー選手、指導者。現役時代は主に右アウトサイドを務めた。

来歴[編集]

1990年群馬県立前橋商業高等学校に入学しサッカー部へ入部。在学中に日本ユース代表としてAFCユース選手権に出場。同期には麻生浩志がいた。1993年筑波大学に進学。1995年には同期の興津大三吉成浩司と共にユニバーシアードに出場し[3]、優勝に貢献。

1997年横浜フリューゲルスに入団し、同年8月の鹿島戦でJリーグデビューを飾った。さらに翌1998年に監督に就いたカルロス・レシャックの下でチャンスを得て[4]、右ウイングとしてプレー。同年の開幕戦「横浜ダービー」でJリーグ初得点を記録した。この試合は横浜国際総合競技場でのJリーグ公式戦初開催であり、佐藤の得点がVゴールとなって横浜Fが勝利した[5]

1999年、横浜F消滅に伴って横浜F・マリノスに加入し右SB右WBとしてプレー。同年4月24日の鹿島戦でJリーグ通算5500ゴール目となる得点を記録した。その後は2000年京都パープルサンガ2001年大分トリニータ2002年に横浜F・マリノス、2004年サンフレッチェ広島とJリーグクラブを渡り歩いた。2005年横浜FCに移籍し、同年シーズン終了後現役を引退した。

2006年より大学の先輩で横浜F在籍時のチームメートでもある森山佳郎から声が掛かり[4]、森山が監督を務めるサンフレッチェ広島ユースのコーチに就いた[6][7]2009年からはトレセンコーチを歴任し、2011年にはS級ライセンスを取得[8]

2012年よりFC東京U-18のコーチに就任[9]2014年に同チームの監督へと昇格した[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 筑波大 - - - 1 0 1 0
1996 - - 2 0 2 0
1997 横浜F 25 J 3 0 0 0 4 1 7 1
1998 2 19 3 4 0 0 0 23 3
1999 横浜FM 14 J1 13 3 2 0 1 0 16 1
2000 京都 7 13 0 6 1 0 0 19 1
2001 大分 5 J2 16 1 4 2 1 0 21 3
2002 横浜FM 12 J1 1 0 1 0 0 0 2 0
2003 17 7 0 1 0 1 0 9 0
2004 広島 14 3 0 1 0 0 0 4 0
2005 横浜FC 13 J2 26 0 - 0 0 26 0
通算 日本 J1 59 6 15 1 6 1 80 8
日本 J2 42 1 4 2 1 0 47 3
日本 - - 3 0 3 0
総通算 101 7 19 3 10 1 130 11

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2006年 - 2011年 : サンフレッチェ広島F.C
    • 2006年 - 2008年 : ユース コーチ
    • 2009年 - 2011年 : 強化部 コーチ
  • 2012年 - : FC東京
    • 2012年 - 2013年: FC東京U-18 コーチ
    • 2014年 - : FC東京U-18 監督

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2014 FC東京U18 プリンスリーグ関東 -

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]