久保山由清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久保山 由清 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クボヤマ ヨシキヨ
ラテン文字 KUBOYAMA Yoshikiyo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年7月21日(38歳)
出身地 静岡県焼津市
身長 171cm
体重 64kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

久保山 由清(くぼやま よしきよ、1976年7月21日 - )は、静岡県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW

経歴[編集]

横浜フリューゲルス入団当初はトップ下として活躍。ジーニョが出場停止時に背番号10を背負うなど、クラブから期待された選手であった。

後にFWとして起用され、頭角を現し始めた1998年にクラブが消滅するという決定が下される。最後の試合となった天皇杯決勝清水エスパルス戦で持ち前の反転の速さを生かし芸術的なターンで後に日本代表でも活躍する戸田和幸を翻弄しゴールを決めている。

クラブ消滅に伴い、1999年に清水エスパルスに移籍。チーム最多の年間12得点を挙げ2ndステージ優勝に大きく貢献。同年のJリーグアウォーズ優秀選手賞を受賞した。

2000年のアジアカップウイナーズカップ優勝、2001年の天皇杯優勝にも大きく貢献し、2000年にはフィリップ・トルシエの目にとまり、代表合宿にも呼ばれている。

しかし、晩年はひざの怪我に悩まされ、2007年シーズンの試合出場は0。11月23日、同シーズン限りでの引退を表明。

2008年より清水エスパルスジュニアユース U-13監督に就任。

エピソード[編集]

清水所属になって2001年まで、久保山がゴールを決めるとチームはリーグ戦で負けない(17試合不敗)という「久保山神話(不敗神話)」があった。

フリューゲルスでは清水を下して天皇杯を獲得したが、その後清水でも天皇杯を獲得した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 横浜F - J 4 1 - 0 0 4 1
1996 - 1 0 0 0 0 0 1 0
1997 7 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 22 10 3 0 0 5 2 15 5
1999 清水 15 J1 27 12 4 0 3 2 34 14
2000 29 3 5 2 4 0 38 5
2001 19 5 1 0 5 0 25 5
2002 16 1 5 3 0 0 21 4
2003 23 1 3 0 0 0 26 1
2004 24 4 6 4 1 0 31 8
2005 24 3 7 1 4 4 35 8
2006 22 1 5 1 1 0 28 2
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 199 34 36 11 23 8 258 53
総通算 199 34 36 11 23 8 258 53

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 清水 15 2 0
通算 AFC 2 0

代表歴[編集]

  • 2000年 日本代表候補