久保竜彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久保 竜彦 Football pictogram.svg
名前
愛称 タツ、ドラゴン
カタカナ クボ タツヒコ
ラテン文字 KUBO Tatsuhiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年6月18日(37歳)
出身地 福岡県朝倉郡筑前町
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 廿日市FC
ポジション FW
背番号 9[1]
利き足 左足
ユース
1986-1988
1989-1991
1992-1994
筑前町立三輪小学校
筑前町立三輪中学校
筑陽学園高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2002
2003-2006
2007
2008-2009
2010-2011
2013-
サンフレッチェ広島
横浜F・マリノス
横浜FC
サンフレッチェ広島
ツエーゲン金沢
廿日市FC
183 (67)
83 (26)
8 (01)
27 (03)
50 (15)
0 (00)
代表歴2
1998-2006[2] 日本の旗 日本 32 (11)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年12月5日現在。
2. 2007年10月5日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

久保 竜彦(くぼ たつひこ、1976年6月18日 - )は、福岡県朝倉郡筑前町出身のサッカー選手。ポジションFWセンターフォワード)。筑陽学園高等学校卒業

人物[編集]

「日本人離れした」という枕詞のつくストライカー/センターフォワード。シュートスピード・射程距離の長さ・驚異的なジャンプ力といった高い身体能力から、誰も予想出来ないような豪快でアクロバティックなゴールを決めたと思えば、相手の動きを見てコースを狙い確実に決める繊細な技術と冷静な判断も持ち合わせている[3]

サッカー日本代表の主力として活躍した時期は比較的短くW杯にも出場していないが、局面で印象的な活躍をしており、記録より記憶に残るタイプの選手。

派手なプレースタイルとは裏腹に試合中以外は基本的に寡黙・謙虚で、どんな質問でも「よかったです」「嬉しかったです」などと答えることが多く、インタビュアー泣かせだが、知名度が上昇するにつれ、その朴訥としたキャラクターも周囲に認知され人気の一因となった[4]

家族は妻との間に二女がいる[5]。長女の久保柚季もサッカー選手で、2013年現在チャレンジリーグアンジュヴィオレ広島でプレーしている。

来歴[編集]

若年期[編集]

地元筑前町で幼い頃から自然と遊びの中で野球をしており、ショートサードを守っていた右打者だった[6]巨人ファンで、その守備センスに憧れ篠塚和典に憧れた[6]

小学3年生の時、遊具で遊んでいた最中に小指を骨折してしまったことが転機となった[6]グラブをはめられないことから、小学校4年生[4][7] の時サッカーをやり始めるとハマり、野球を辞め本格的にのめり込んでいった[6]。当時からの同級生に大場啓[8]。中学入学後もサッカーを続けたが、当時の久保に誰もサッカーの基礎を教えなかった[6]。1992年、吉浦茂和の指導力の評判を聞きつけ、大場と共に筑陽学園高等学校へ入学する[6]。吉浦は久保の今後を思いその潜在能力を潰さないよう、最低限の技術や戦術を指導した[6][9]。高校当時のポジションは左MF[4]。1993年高校2年の時にJリーグが開幕し、当時はラモス瑠偉に憧れた[4]。同高校2年の時、高校選手権福岡県決勝に進出するも、小島宏美山下芳輝らを擁する東福岡高校に敗れている[6]。個人としては、高校2年時と3年時に福岡県選抜として国体に出場したことが唯一の全国大会での成績である[6][7]

高校卒業後もサッカーを続けるつもりだった[8]。大学からオファーがあったものの家庭の財政状況から進学を諦め就職するつもりだったが、より高いレベルで続けさせたい吉浦の強い薦めにより同級生である大場と共にサンフレッチェ広島のテストを受ける[8][9]。全国的に無名な久保にはJリーグチームのどこからもオファーがなく、吉浦と広島の中村重和スカウトが知り合い[注 1]だったことからテストを受ける運びとなった[8]

サンフレッチェ広島[編集]

1995年、サンフレッチェ広島へ入団[注 2]。入団当初MF登録であったが1年目に河内勝幸サテライトチーム監督にFWへコンバートされる[8]。2年目、ビム・ヤンセン監督はエースFWの高木琢也の控えFWとして、あるいは久保をトップ下に入れて同時起用した。黄金世代の1世代上で年代別代表経験のない久保は無名な存在だったが、一部関係者にはこのころから評価されていた[10]

1997年、広島の監督がエディ・トムソンに替わると高木の怪我による欠場もあり、レギュラーを掴みかける[8]。若手時代、久保のピッチ外の生活態度が良くなく、これを心配した今西和男総監督により結婚を勧められ、同年7月に当時付き合っていた高校の同級生と結婚する[8]

1998年、高木が移籍すると広島のエースとして定着する。同年、フィリップ・トルシエサッカー日本代表監督に就任するとその初試合となる同年10月対エジプト戦に初選出初キャップを飾り、以降も日本代表に選出され続けた[11]。2001年、ヴァレリー・ニポムニシ広島監督が目指した攻撃サッカーでは中心選手として活躍[12]、公式戦全試合に出場している。

2002年、2002 FIFAワールドカップを控え日本代表に呼ばれ続けるも、限られた出場機会でのアピールに結果が伴わずW杯メンバーの当落線上にいた[11]。同年5月の高原直泰西澤明訓の離脱[13] に伴いメンバー入りの可能性もあったが、最終的にはW杯出場はかなわなかった。同年末、広島はJリーグ ディビジョン2に降格し、移籍を決意する。この際横浜FMFC東京東京V大分磐田名古屋が獲得に乗り出す[14] も、完全移籍前提での話となったことから横浜FMと磐田に絞られた[15]

横浜F・マリノス[編集]

2003年、横浜F・マリノスへ移籍[16]。一気にブレイク、Jリーグにおいて群を抜く攻撃力を示し年間優勝に貢献し、日本年間最優秀選手賞受賞。2年目の2004年からはタイトなスケジュールのせいもあって怪我に泣かされ、コンディションを崩すも、要所で活躍し、存在感を示した。2005年後半には徐々に体調も良くなり、リーグ公式戦や天皇杯に出場、クラブではリーグ戦10試合出場で2005年シーズンを終えた。[3][9]

日本代表[編集]

久保が日本代表の主力として定着したのは2003年以降のジーコ代表監督時代である。

2004年、欧州遠征での3試合4得点をはじめ、12試合8得点という結果を残し、特に同年2月18日のドイツW杯アジア1次予選オマーン戦で、引き分け濃厚な後半ロスタイムに勝ち越しゴールを奪うなど勝利に貢献し、ジーコ監督の信頼を得る[3][9]。同年2月、鹿島での代表合宿中に、地元の小笠原満男に連れられ、久保を含む数人で無断外出しキャバクラで騒ぐなど問題を起こし、ジーコの信頼を裏切ったとして、しばらく代表を外されることとなった[17]。同年4月の欧州遠征から再び代表に復帰し、ハンガリー戦、チェコ戦、アイスランド戦の3試合連続でゴールを決めるなど活躍するが、その後は腰痛が悪化し、プレーに支障をきたすためリハビリを行うことになり、長期離脱を余儀なくされた。

2006年になると代表に再び招集されるものの、慢性的な腰痛・足首痛で体調は万全とは言えなかった[18]。代表では通算18試合出場でチーム最多の11ゴールという結果を残したものの、結局2大会連続でW杯本大会の代表メンバーには選ばれなかった[19]

現役晩年[編集]

2007年、奥大介が横浜FMから戦力外通告を受け、横浜FCへ移籍。久保には横浜FMから残留要請されたが、奥と共にする形で横浜FCへ移籍した[20]。シーズン通じて怪我が多く、リーグ戦は序盤の8試合に出場したのみで、その後はほとんど試合に出られなかった。シーズン終了後、戦力外通告を受ける[21]

2008年より、古巣・広島へ6年ぶりに復帰[注 3]。体調は万全ではなく、出場した試合全てが途中出場だったものの、要所で活躍しJ1昇格に貢献した。翌2009年は公式戦2試合途中出場したのみで、チームの若返り方針や李忠成の補強に伴い、戦力外通告を受ける[22]

2010年、日本フットボールリーグ(JFL)に昇格しJ2昇格を目指すツエーゲン金沢へ完全移籍する。広島時代のコーチだった上野展裕が監督として活躍しており早い段階からオファーを受けていたことと、出場機会を得たかったための移籍だった[23]。主力として活躍するも2年連続でJ2昇格が叶わず上野監督は退任、久保も構想外となった[24]

ツエーゲン金沢退団後は移籍先を探し、JFL、県地域リーグ、タイのクラブなどからオファーがあったものの、現役引退を決断した[25]

引退後[編集]

2012年、広島県廿日市市にある特定非営利法人廿日市スポーツクラブのストライカー養成コーチ、およびアンバサダー(スポーツ親善大使)に就任した。契約は1年[26]。また同年にはスポーツ振興くじ(toto)陶器メーカー・TOTOとのコラボによるCM「トートートトト」に出演している[27]

現役復帰[編集]

2013年3月28日、広島県社会人サッカーリーグ1部に所属する廿日市FCが加入を発表した。

評価[編集]

前の試合で、彼は素晴らしいプレーを見せてくれました。彼こそ日本サッカー界の宝石。日本のファンは、彼という存在を持った事を幸せに思うでしょう。

ニカノール柏レイソル監督、1996年、[10]

1996年6月26日ヤマザキナビスコカップ第4節第2試合対柏レイソル戦にて、試合後ニカノールは記者会見で誰も質問していないのにこうコメントした。当時二十歳の久保は第1試合には出場したがこの第2試合には出場していない。[10]

久保も面白い武器。彼の自己表現のなさの謎がようやく解けた。それは彼は1230年に生まれて、ずっと冷凍されて、ある日突然見つけられました。だからまだ現代文明のコミュニケーションに慣れていないんです(笑)。

フィリップ・トルシエ日本代表監督、2002年、[28]

トルシエ時代の日本代表において、久保がどういう状況であったかわかるコメント。

タカ(高原直泰)は90分間で勝負するFW。それに対してクボは、一瞬で何かを起こすタイプだ。スピードがあり、空中戦に強い。間違いなく日本でトップレベルのFWだと思う。

トマーシュ・ウイファルシチェコ代表DF、2004年、[3]

2004年4月28日親善試合対サッカーチェコ代表が行われ、久保のゴールで日本が勝利した。ウイファルシはその試合で久保のマークを担当した。

FWでも、日本人同士ではそんなに差がないと思うんですよ。(中略)。でも、突出しているのは久保さんぐらいで、あとはそんなに変わらないと思うんです。

大黒将志ガンバ大阪FW、2004年、[29]

大黒はこの時点では日本代表に呼ばれておらず、翌2005年久保が怪我で欠場していた中で大黒は日本代表で結果を出し、2006年W杯出場メンバーとなる。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 広島 - J 0 0 - 0 0 0 0
1996 22 2 10 4 3 0 35 6
1997 10 22 7 5 1 2 0 29 8
1998 32 12 3 0 3 2 38 14
1999 J1 25 13 4 1 0 0 29 14
2000 24 11 3 0 2 1 29 12
2001 30 15 6 4 2 0 38 19
2002 28 7 0 0 4 2 32 9
2003 横浜FM 9 25 16 4 0 2 1 31 17
2004 19 4 0 0 0 0 19 4
2005 10 1 1 0 2 4 13 5
2006 29 5 4 3 2 1 35 9
2007 横浜FC 8 1 1 0 0 0 9 1
2008 広島 39 J2 25 3 - 2 1 27 4
2009 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2010 金沢 9 JFL 27 9 - 2 0 29 9
2011 23 6 - 2 0 25 6
2013 廿日市 広島県1部 -
2014 -
通算 日本 J1 276 94 41 13 22 11 339 118
日本 J2 25 3 - 2 1 27 4
日本 JFL 50 15 - 4 0 54 15
日本 広島県1部 -
総通算 351 112 41 13 28 12 420 137

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 横浜FM 9 4 2
2005 2 0
通算 AFC 6 2

その他の国際公式戦

経歴・個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

  • 代表初出場 1998年10月28日 対エジプト戦 (親善試合・途中出場)[2]
  • 代表初得点 2003年12月4日 対中国戦 (東アジア選手権)[2]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 32試合 11得点 (1998-2006)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1998 1 0
1999 1 0
2000 5 0
2001 2 0
2002 5 0
2003 3 2
2004 9 6
2005 0 0
2006 6 3
通算 32 11

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2003年12月4日 日本 中華人民共和国の旗 中国 ○2-0 東アジアサッカー選手権2003
2.
3. 2004年2月18日 日本 オマーンの旗 オマーン ○1-0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
4. 2004年4月25日 ハンガリー ハンガリーの旗 ハンガリー ●2-3 親善試合
5. 2004年4月28日 チェコ チェコの旗 チェコ ○1-0 親善試合
6. 2004年5月30日 イングランド アイスランドの旗 アイスランド ○3-2 親善試合
7.
8. 2004年6月9日 日本 インドの旗 インド ○7-0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
9. 2006年2月18日 日本 フィンランドの旗 フィンランド ○2-0 キリンチャレンジカップ2006
10. 2006年2月22日 日本 インドの旗 インド ○6-0 AFCアジアカップ2007 (予選)
11.

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 1982年、双方ともJSL選抜(日本B代表)に選ばれている。
  2. ^ 同期は大木勉山根巌吉村光示西田吉洋萩野英明三浦和俊水田月満玉田真人
  3. ^ 完全移籍で広島を退団してもう一度入団した初の選手。ちなみに、レンタル移籍で退団した選手が再入団した初のケースは森保一(98年レンタル移籍・99年復帰)、一度戦力外で退団した選手が再入団した初のケースは上野優作(01年戦力外退団・06年再入団)。
出典
  1. ^ 2013 廿日市 FC の紹介 (PDF)
  2. ^ a b c d “久保 竜彦”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ka/tatsuhiko_kubo.html 
  3. ^ a b c d 久保竜彦「サムライの流儀」”. NUMBER603号 (2004年6月3日). 2012年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c d ドイツW杯特集 「日本代表インタビュー」”. スポーツニッポン (2006年4月14日). 2012年4月7日閲覧。
  5. ^ 元日本代表FW久保竜彦、新たな挑戦に密着 - 『バース・デイ』(TBSテレビ
  6. ^ a b c d e f g h i #assist200812、32頁
  7. ^ a b 青き夢にかける”. デイリースポーツ (2001年8月8日). 2012年4月7日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g #assist200812、33頁
  9. ^ a b c d 不屈のドラゴン。久保竜彦インタビュー”. あっと九州 (2004年12月). 2012年4月7日閲覧。
  10. ^ a b c #assist200805、9頁
  11. ^ a b 脱皮 潜在能力生かせるか”. 西日本新聞 (2002年2月21日). 2012年4月7日閲覧。
  12. ^ 浸透ヴァレリー流 第2Sの軌跡”. 中国新聞 (2001年11月27日). 2012年4月7日閲覧。
  13. ^ レアル・マドリード×日本”. Masujima Stadium (2002年5月7日). 2012年4月7日閲覧。
  14. ^ 久保、他球団と交渉日程調整”. 中国新聞 (2002年12月29日). 2012年4月7日閲覧。
  15. ^ 久保、横浜Mと交渉”. 中国新聞 (2002年12月30日). 2012年4月7日閲覧。
  16. ^ 久保、横浜Mへの移籍決定 磐田、広島と熟考の末”. 47NEWS (2003年1月13日). 2012年4月7日閲覧。
  17. ^ 無断外出で8人除外 サッカー日本代表”. 47NEWS (2004年3月19日). 2012年4月7日閲覧。
  18. ^ 久保が腰痛を再発 サッカー日本代表に影響も”. 47NEWS (2006年3月8日). 2012年4月7日閲覧。
  19. ^ 「完ぺきに戦える」23人 サッカーW杯代表決定”. 47NEWS (2006年5月15日). 2012年4月7日閲覧。
  20. ^ 久保が横浜FCに移籍 サッカー元日本代表”. 47NEWS (2007年1月16日). 2012年4月7日閲覧。
  21. ^ 久保に戦力外通告 横浜FC”. 47NEWS. 2012年4月7日閲覧。
  22. ^ 久保と来季契約せず 球団意向”. 中国新聞 (2009年11月27日). 2012年4月7日閲覧。
  23. ^ ピッチ上 続く情熱 ツエーゲン金沢 久保竜彦”. 中日新聞 (2010年1月7日). 2012年4月7日閲覧。
  24. ^ サッカー 久保竜彦さんが現役引退”. 日本放送協会 (2012年4月7日). 2012年4月7日閲覧。
  25. ^ 〈気高きドラゴン、栄光と葛藤の日々〉久保竜彦「自分でしょぼいと思ったら終わりよ」”. NUMBER806号 (2012年7月5日). 2012年6月21日閲覧。
  26. ^ 久保竜彦(サッカー元日本代表・通称ドラゴン)さんとアンバサダー契約をしました。”. 廿日市スポーツクラブ. 2012年4月8日閲覧。
  27. ^ トートートトト
  28. ^ ポーランド戦後 トルシエ監督会見”. スポーツナビ (2002年3月27日). 2012年4月7日閲覧。
  29. ^ 大黒将志インタビュー”. NUMBER (2004年11月18日). 2012年4月7日閲覧。

参考資料[編集]

  • 中野和也「'08復帰、加入、新戦力の9人」、『ASSIST』、産興Tj HIROSHIMA編集室)、2008年5月、 6-9頁、2012年4月7日閲覧。
  • 中野和也「あの頃、僕は」、『ASSIST』、産興(Tj HIROSHIMA編集室)、2008年12月、 31-34頁、2012年4月7日閲覧。

関連項目[編集]