佐藤寿人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐藤 寿人 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒサト
カタカナ サトウ ヒサト
ラテン文字 SATO Hisato
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年3月12日(32歳)
出身地 埼玉県春日部市
身長 170cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム サンフレッチェ広島
ポジション FW
背番号 11
利き足 左足
ユース
春日部大増サンライズ
1994-1996 ジェフユナイテッド市原ジュニアユース
1997-1999 ジェフユナイテッド市原ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 ジェフ市原 22 (2)
2002 セレッソ大阪 13 (2)
2003-2004 ベガルタ仙台 74 (29)
2005- サンフレッチェ広島 301 (151)
代表歴2
2006-2010[1] 日本の旗 日本 31 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年2月8日現在。
2. 2010年2月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐藤 寿人(さとう ひさと、1982年3月12日 - )は、日本プロサッカー選手埼玉県春日部市出身。Jリーグサンフレッチェ広島所属。ポジションフォワード千葉県立市川南高等学校卒業

元日本代表MFの佐藤勇人二卵性双生児の実兄であり、森崎和幸/森崎浩司兄弟と共にJリーグ史上初の双子選手[2]

人物[編集]

プレースタイル

瞬間的なスピードに長け、ディフェンスラインの一瞬の隙をついて裏に抜け出しワンタッチでゴールを決めるフィニッシャータイプのストライカー。ルーズボールや裏に出されたパスへの嗅覚もさることながら、ポジショニングの上手さで相手ディフェンダーとの駆け引きに打ち勝って供給されるクロスボールをゴールに結びつける実力は日本人随一とも言われる[注 1][注 2][注 3][3][4][5]

Jリーグ史上初となる、10年連続2ケタ得点[注 4]を達成している[6]

このスタイルに加え、身長は高くないが足元でのポストプレイも器用にこなすようになり、チームでは1トップのセンターフォワードとして起用されることもある。前線からの献身的な守備[4] や、サイドに開いてからのチャンスメイクも行う。またラストパスも得意としており、アシスト数も多い。日本代表ではアウトサイドで起用されることが多く、本来の能力を発揮する環境には恵まれていない[5]

また、警告を受けることが非常に少なく、J1リーグ戦において2009年第30節以来、2013年シーズン終了時点まで無警告・無退場を続けている。JリーグアウォーズにおいてJリーグフェアプレー個人賞を3度受賞している。

性格

真面目で、人の悪口を言わない、誰に対しても優しい性格[7]。また、非常に礼儀正しく、常にクラブやサポーターへの感謝の心を忘れず、現所属の広島だけでなく、過去に所属した千葉、C大阪、仙台への感謝の念もしばしば口にする。

尊敬する選手はフィリッポ・インザーギ[注 5][注 6]。そのプレースタイルもインザーギを模範としている。

家族

実兄は佐藤勇人。21歳で結婚、現在は2人の子を持つ父親でもある[2]。また好きで、ピッポ、ゴン、ムサシという3匹の犬を飼っている。ピッポはインザーギの愛称から、ゴンはインザーギと同じく尊敬するFWである中山雅史、ムサシは好きな漫画である『バガボンド』の主人公、宮本武蔵からの命名。ちなみに千葉の実家、兄の勇人も犬を飼っている。

来歴[編集]

ユース時代[編集]

中学世代からより高いレベルで指導を受けるため、兄弟揃ってジェフユナイテッド市原ジュニアユースに入団する[注 7][9]。実家は春日部市でラーメン屋を営業していたが、これに伴い店を畳み、家族そろって千葉県八千代市に引っ越してきた[9]

その後、ジェフ市原ユースに昇格、河内勝幸率いるU-16日本代表に選ばれ、U-16アジアユースに出場、レギュラーとして飯尾一慶と2トップを組んだ[10]

市原/C大阪時代[編集]

2000年、勇人と共にトップに昇格、同年にプロデビューを果たす。同年西村昭宏率いるU-20代表に選ばれアジアユースおよび翌2001年ワールドユースに出場した[2][11]

2002年

出場機会を求めて、西村昭宏率いるJ2セレッソ大阪に移籍[2]。春先にギラン・バレー症候群を発症した[11][12] ため出遅れ、西澤明訓の復帰、大久保嘉人の成長などでまたしても出場機会を得ることはできなかった。しかし、天皇杯で4試合3得点を挙げそれを目にした当時J1ベガルタ仙台がオファーを出し、レンタル移籍する。

仙台時代[編集]

2003年

仙台移籍初年度で才能が開花し、公式戦34試合で13得点を記録[2]。この時のチームのボランチは森保一。仙台はJ2への降格が決定したが、J1チームからのオファーを全て蹴り、仙台へ完全移籍した。

2004年

44試合で20得点を記録し、J2の得点ランク4位。日本人としては3位の成績を挙げる。名実共に「ベガルタの象徴」となり、サポーターから「Mr.仙台」と呼ばれた。しかし、チームは大量失点を繰り返すなど勝ちきれない試合が続き、6位で終わる。シーズン終了後、サンフレッチェ広島から獲得のオファーを受ける。その一方で、仙台からも残留を要請され、悩んだ末、広島への移籍を決断。

広島時代[編集]

2005年

移籍金1億6千万円(推定)[13] で広島に移籍する。浦和戦、神戸戦の2試合でハットトリックを記録。得点ランク3位、日本人得点王となる18得点を挙げ、広島を一時は2位まで躍進させる原動力となり、2005年度Jリーグベストイレブンにも選出。その活躍が認められジーコ時代のA代表に初招集された[11]

2006年

2月11日のアメリカ戦で代表初出場、アジアカップ最終予選のインド戦で代表初得点を決める[1]。リーグ戦では川崎フロンターレ戦でハットトリックを達成するなど好調を維持しており、18得点を挙げ2年連続日本人得点王となった。日本代表でもエクアドル戦で決勝点を決めるなど短い出場時間で結果を残したが、ドイツW杯本大会のメンバーからは漏れることになった。

2007年

下田崇に代わって選手会長に就任。イビチャ・オシム就任後も引き続きA代表に招集され、アジアカップに出場。5節の名古屋グランパスエイト戦において史上45人目のJ1通算50得点を達成した。しかし佐藤自身は12試合連続無得点など調子が安定せず、シーズン12得点にとどまると、さらにチームは入れ替え戦の末J2へ降格。入れ替え戦終了直後にスタジアムのファンに対して涙を流しながら「絶対に1年で(J1に)戻ろう」と叫び、事実上の残留宣言。オフには他チームからの移籍交渉を全て断り、広島に残留した。

2008年

開幕直後こそ平繁龍一との2トップだったが、間もなく1トップ2シャドーのトップにポジションを変更、守備やポストプレーにも奮闘しながら得点を量産し、28得点を挙げてJ2得点王を獲得。チームの圧倒的な成績でのJ1復帰に貢献した。その活躍から、J2カテゴリ所属の選手にもかかわらず、引き続き岡田監督の率いる日本代表に選ばれた。

2009年

J1復帰初戦となる開幕戦で技ありのゴールを決めるなど、リーグ戦では15得点を挙げ、一時は優勝争いにも絡み最終的にJ2からの昇格チームとしては当時最高の順位記録である4位躍進に大きく貢献する。

2010年

リーグで好調を維持していたが、南アフリカワールドカップ本戦のメンバーからは外れた。9月8日に行われたナビスコカップガンバ大阪戦で右肩鎖関節脱臼という重傷を負い、約2ヶ月離脱したが、復帰初戦となった11月7日浦和レッドダイヤモンズ戦で後半アディショナルタイムに決勝点を挙げ 7年連続[注 4] 2桁得点を達成した。

2011年

東日本大震災の影響によりリーグ戦が中断されたが、その後のリーグ再開初戦となった4月24日のホームでのガンバ大阪戦で後半にシーズン初ゴールを記録。巧みにDFラインの裏を取り、ムジリからのスルーパスを受けて倒れこみながら左足でシュートを放つと、ボールはゴールの右ポストに当たりながらもネットの中に吸い込まれた。11月26日に行われた33節の大宮戦でPKを決めて8年連続2桁得点を達成。李忠成のバックアップをしながらも随所に得点能力の高さを見せ、最終的には11得点を記録した。

2012年

リーグ第5節・対ガンバ大阪戦において2ゴールを決め、史上10人目、左利きの選手としては初のJ1リーグ通算100得点を達成。同時に史上4人目となるJ1・J2通算150得点も達成した。第13節・対コンサドーレ札幌戦で、Jリーグ史上初の9年連続[注 4] 2桁得点を達成[6]。6月には、藤田俊哉に代わり日本プロサッカー選手会の5代目会長に就任した[14]。第27節・対サガン鳥栖で2ゴールを挙げてシーズンのゴール数が20となり、1994年イワン・ハシェックが記録したサンフレッチェの1シーズン得点記録である19ゴールを18年ぶりに更新した[15]。 11月24日、ホームで自らゴールを決めセレッソ大阪に大勝し、仙台時代のチームメイトである森保一監督の下、Jリーグ年間初優勝。個人としては得点ランキングにおいて序盤から2位以下を大差で引き離して22得点を記録して初の得点王のタイトルを獲得。Jリーグアウォーズでは、得点王に加え、MVP、ベストイレブン、フェアプレー賞を受賞し史上初の四冠を達成した[16]。12月に開催されたFIFAクラブワールドカップ2012では3得点を挙げ、セサル・デルガドと共に大会得点王を獲得した。翌年1月28日、全国のサッカー担当記者の投票により決められる2012年度の日本年間最優秀選手賞に選出された[17]

10月、前田遼一の負傷離脱に伴い、アルベルト・ザッケローニ率いる日本代表に2年ぶりに招集される[18][19] も出場機会はなかった。

ちなみにこの時点で佐藤は代表通算で31試合出場4得点であるが、残り時間少ない状況での途中出場が多かったため、出場時間は約650分しかなかった。つまり出場時間を試合数に換算すると、わずか7試合で4ゴールを決めたことになる。さらにオシム監督時代にはMFとして出場しており、また岡田監督時代にはウイングとして出場していたことも考慮すると、非常に高い得点率である。

2013年

ヴァンフォーレ甲府戦で7年ぶりのハットトリックを達成。さらに川崎戦でも再びハットトリックを達成。この川崎戦の1点目で、Jリーグ史上初の10年連続[注 4] 2桁得点を達成した。

2014年

国際サッカー連盟(FIFA)が11月12日(日本時間13日)発表した、2014年最優秀ゴール賞(FIFAプスカシュ賞)の候補に選ばれた。候補となったゴールは、3月8日のJ1第2節・川崎F戦で決めたボレー。0―1の後半12分、青山選手からの縦パス後、トラップ。反転しつつ左足でふわりと浮かせて決めたもの。[20][21]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 市原 25 J1 8 0 4 2 3 0 15 2
2001 14 14 2 3 1 0 0 17 3
2002 C大阪 24 J2 13 2 - 4 3 17 5
2003 仙台 11 J1 30 9 6 4 1 0 37 13
2004 J2 44 20 - 2 0 46 20
2005 広島 J1 32 18 6 2 2 0 40 20
2006 33 18 4 2 2 2 39 22
2007 34 12 6 1 5 1 45 14
2008 J2 40 28 - 2 2 42 30
2009 J1 34 15 5 5 1 1 40 21
2010 27 10 2 1 0 0 29 11
2011 33 11 2 1 2 2 37 14
2012 34 22 6 3 1 1 41 26
2013 34 17 2 1 6 2 42 20
2014
通算 日本 J1 313 134 46 23 23 9 382 166
日本 J2 97 50 - 8 5 105 55
総通算 410 184 46 23 31 14 487 221

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2010 広島 11 6 1 -
2012 - 3 3
2013 3 0 -
2014 -
通算 AFC 6 1 3 3

個人記録[編集]

ユース経歴
  • 1998年 Jユース杯 得点王
プロ経歴
その他

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンフレッチェ広島

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

年齢別代表
A代表

試合数[編集]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 12 3
2007 7 0
2008 6 0
2009 3 1
2010 3 0
2012 0 0
通算 31 4

ゴール[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1 2006年2月22日 日本横浜国際総合競技場 インドの旗 インド ○ 6-0 AFCアジアカップ2007予選
2 2006年3月30日 日本、大分スタジアム エクアドルの旗 エクアドル ○ 1-0 キリンチャレンジカップ2006
3 2006年8月16日 日本、新潟スタジアム イエメンの旗 イエメン ○ 2-0 AFCアジアカップ2007予選
4 2009年11月18日 香港香港スタジアム 香港の旗 香港 ○ 4-0 AFCアジアカップ2011予選

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊サッカーダイジェスト』2007年5月22日での「Jリーガー108選手が選ぶベストプレイヤー」という企画内で「ライン突破が上手い選手」では2位以下を大差で引き離して1位、また「シュートが上手い選手」では4位に選ばれた。
  2. ^ これはセレッソ大阪時代に短く限られた出場時間内に結果を残していた眞中靖夫のプレースタイルを目の当たりにし、「自分がプロサッカー選手として生き残るためには、何か一つ武器を」と思い立ち、現在のスピードを生かした、ポジショニングの巧みさ、ニアサイドに飛び込むスタイルを確立した(『紫熊倶楽部』2007年4月号)。
  3. ^ また、季節・気候を問わず、常に半袖のユニフォームを着用する。
  4. ^ a b c d 2004・2008年シーズンはJ2のため参考記録扱い。
  5. ^ 「ピッポ(インザーギの愛称)と同じピッチでプレーして、ユニフォームを交換したらそこで引退してもいい」や、ドイツW杯でもインザーギのレプリカユニフォームを着てずっとイタリアを応援。スーパーサッカー』ゲスト出演の時「W杯で最も印象に残ったゴールは?」という問いに「チェコ戦のインザーギのゴール」と答えるなど。また、彼が出場した2007年のFIFAクラブワールドカップ決勝戦では友人である中村憲剛常田真太郎と共に観客席で応援していた。
  6. ^ そのためインザーギが所属するACミランのファンである。「ACミランからのオファーが来たら、どうしますか?」というファンからの質問に「行きますよ(笑)。広島と契約を結んで、期限付き移籍で。サポーターもわかってくれると思います(笑)」と答え、その答えを聞いたインタビュアーの中野和也が「じゃあ、インテルからのオファーは?」と問いかけると「行かないです(キッパリ)。それは無理でしょ、インテルだけはダメですね」と答えた[8]
  7. ^ 当時、実家から通える浦和レッドダイヤモンズにはジュニアユースがなかったこと、およびジェフ市原の育成がいいという評判から。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “佐藤 寿人”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_sa/hisato_sato.html 
  2. ^ a b c d e ASSIST、p23
  3. ^ 前進”. サンフレッチェ広島公式サイト. 2010年11月26日閲覧。
  4. ^ a b 選手データベース”. 週刊サッカーマガジン. 2010年11月26日閲覧。
  5. ^ a b 日本人トップタイの得点力。佐藤寿人の新しい武器とは?”. Sports Graphic Number (2009年5月15日). 2010年11月26日閲覧。
  6. ^ a b 寿人9年連続10発”. 日刊スポーツ (2012年5月27日). 2012年5月30日閲覧。
  7. ^ 【スペシャルインタビュー Vol.14】サンフレッチェ広島:森崎浩司選手”. J's GOAL (2005年9月12日). 2010年11月26日閲覧。
  8. ^ 【J1 4月度MIP受賞インタビュー】佐藤寿人(広島):「通算100ゴールを達成した今季。得点王よりも、本当に欲しいのはチームのタイトル」”. J's GOAL (2012年6月18日). 2012年6月18日閲覧。
  9. ^ a b ASSIST、p21
  10. ^ ASSIST、p22
  11. ^ a b c J1日本人得点王・広島佐藤寿が初代表”. 日刊スポーツ (2005年12月27日). 2010年11月26日閲覧。
  12. ^ 難病糧に成長"スナイパー"佐藤”. (日刊スポーツより転用) (2003年6月20日). 2010年11月26日閲覧。
  13. ^ 【ヒュンメル】サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手と契約”. ヒュンメル (2005年9月12日). 2011年1月14日閲覧。
  14. ^ 新会長に広島の佐藤=サッカー選手会”. 時事通信 (2012年6月18日). 2012年6月19日閲覧。
  15. ^ 広島5差独走 寿人20発独走/J1 9月30日付 日刊スポーツ
  16. ^ 佐藤寿人、偉大なストライカーが持つ特別な才能 “感謝”の気持ちとともに戦い続ける スポーツナビ: 2012年12月4日
  17. ^ 広島・佐藤寿人、初の年間最優秀選手に!”. サンケイスポーツ (2013年1月28日). 2013年3月1日閲覧。
  18. ^ SAMURAI BLUE(日本代表) 欧州遠征(10/12 対 フランス代表@フランス/パリ、10/16 対 ブラジル代表戦@ポーランド/ヴロツワフ)選手変更のお知らせ”. 日本サッカー協会 (2012年10月9日). 2012年10月10日閲覧。
  19. ^ 広島・佐藤寿人がザックジャパンへ!招集直前に語っていた代表への想い。 NumberWeb: 2012年10月12日
  20. ^ 広島・佐藤寿人の芸術ボレーがFIFA年間最優秀ゴール賞候補に”. スポーツニッポン (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。
  21. ^ Puskás Award”. FIFA (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「あの頃、僕は」 『ASSIST』2008年春号

関連情報[編集]

ラジオ
PV出演
CM
  • AS進学セミナー、2011年
広報
  • 広島法務局人権擁護部、広島県人権擁護委員連合会協力、『子どもの人権110番』啓発ポスター、2012年8月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]