イワン・ハシェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワン・ハシェック Football pictogram.svg
IvanHasek.jpg
名前
ラテン文字 Ivan Hašek
基本情報
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 1963年9月6日(51歳)
出身地 ミェステツ・クラーロヴェー
身長 176cm
選手情報
ポジション FWMFDF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1990
1990-1994
1994-1995
1996
1996-1997
チェコの旗スパルタ・プラハ
フランスの旗RCストラスブール
日本の旗サンフレッチェ広島
日本の旗ジェフユナイテッド市原
チェコの旗スパルタ・プラハ
221 (58)
084 (27)
055 (30)
028 (12)
018 (5)
代表歴2
1984-1993
1994
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
チェコの旗 チェコ
55 0(5)
1 0(0)
監督歴
1998
1998-1999
2000-2001
2001-2003
2004
2005-2006
2006-2007
2007-2009
2009-2011
2009
2011
2012
2014-
チェコの旗スパルタ・プラハディレクター
チェコの旗 チェコ代表アシスタントコーチ
チェコの旗スパルタ・プラハ監督
フランスの旗RCストラスブール監督
日本の旗ヴィッセル神戸監督
アラブ首長国連邦の旗アル・ワスルFC監督
フランスの旗ASサンテティエンヌ監督
アラブ首長国連邦の旗アル・アハリ・ドバイ監督
チェコの旗チェコサッカー協会会長
(暫定)チェコの旗チェコ代表監督
アラブ首長国連邦の旗アル・アハリ・ドバイ監督
サウジアラビアの旗アル・ヒラル監督
カタールの旗 カタールSC
1. 国内リーグ戦に限る。2007年1月11日現在。
2. 2006年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イワン・ハシェック(Ivan Hašek, 1963年9月6日 - )は、チェコ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元チェコスロバキア代表カタール・スターズリーグカタールSC監督。

人物[編集]

非常に勉強熱心な人物としても知られている。プラハ・カレル大学法学部卒業、弁護士[1] の資格を取得している。 また数ヶ国に渡る言語を操ることが出来る。

息子であるイワン・ハシェック・ジュニアとパベル・ハシェックもサッカー選手。元アイスホッケー選手のドミニク・ハシェックと元サッカー選手のマルティン・ハシェック兄弟は従兄弟にあたる。

チェコやフランスでの現役時代は主にセントラルミッドフィルダーとしてプレーした。一方代表ではFWからリベロまでGK以外ならどこでもこなせるユーティリティープレイヤーとして起用され、90年W杯では攻撃的な右サイドバックとして起用された。一方、日本では小柄ながらポストプレーがうまく空中戦にも長け、高い得点能力を持つフォワードとして知られている。

来歴[編集]

現役[編集]

1970年、チェコスロバキアのクラブチーム・ニンブルク(ZOM Nymburk)でユース年代を過ごし、1977年に名門スパルタ・プラハ[1] に移籍。 1981年-82年シーズンにリーグ戦デビューし長く主力として活躍、1987年・1988年と2年連続でチェコスロバキア最優秀選手賞(MVP)に輝く。

一方代表では、1983年U-20代表としてワールドユース・メキシコ大会に出場、1984年にはA代表に初招集。1990年、イタリアW杯では主将を務め5試合1得点、W杯ベスト8に貢献した。

同1990年、フランス・リーグ・ドゥのストラスブール[1] へ移籍し主力として活躍、チームのリーグ・アン昇格に貢献、英雄として称えられた。ストラスブール退団後も地元では暫く「ハシェックのチームであるストラスブール」と呼ばれていたほどである。1994年にはチェコ代表としても代表招集されている。

同1994年、Jリーグ・サンフレッチェ広島[1] へ入団。高木琢也と2トップを組みパベル・チェルニー盧廷潤ら攻撃陣と活躍[2]。同年のファーストステージ制覇に大きく貢献した。この年に挙げたシーズン19得点は、2012年に佐藤寿人が更新するまでの長い間、広島所属選手のJ1におけるシーズン最多得点記録だった。

1996年からはジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)[1] に移籍し、シーズン途中までの在籍ながら12得点を記録。その後は古巣のスパルタ・プラハへ戻り、1997年に現役引退。キャリアの中で、スパルタでは7度の優勝に貢献した。

引退後[編集]

引退後、スパルタでスポーツディレクターに、その後ヨゼフ・ホヴァネツ監督の下、代表のアシスタントコーチを歴任。その後は選手時代に在籍したスパルタ[1] やストラスブール[1] で監督を歴任した。

2004年、三木谷浩史をオーナーに迎えたヴィッセル神戸監督[1] に就任するものの、成績不振で1シーズン持たずして解任される[3]

2005年、同年にはチェコサッカー協会会長に立候補するものの敗れている。同年から1シーズンのみUAEリーグのアル・ワスル監督[1] を務めた。

2006年4月末、古巣である広島から監督就任のオファーが届き、ハシェック本人もそれを受ける気であったが、彼の家族はまた離れて暮らすことを嫌がり了解が取れず、結局あきらめた[4]

同2006年から1シーズンのみ、リーグアン・ASサンテティエンヌで監督[1] を務めた後、2007年12月からUAEリーグのアル・アハリ監督[1] に就任、08-09シーズンで優勝するも監督を退任。

2009年6月、再びチェコサッカー協会会長に立候補、今度は会長に選出された。同年7月、暫定処置で監督をしていたフランティシェック・ストラカの後を受けチェコ代表の暫定監督も兼任、カレル・ブリュックナーがアドバイザーを務め、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選の残り3試合を指揮するも[5]、W杯出場には届かなかった。この期間、会長としては協会の財政改善に貢献する[1]。2011年の年次総会で辞任を表明[1]

2011年6月からアル・アハリ監督に復帰した[1]。翌2011-12シーズン、リーグ開始から3試合で1勝2敗と出遅れたことに加え、同年11月3日に行われたガルフ・クラブ・チャンピオンズカップ決勝第2戦で敗戦したことにより同大会を準優勝に終わった責任を問われ解任された[6][7]

2012年1月、サウジ・プレミアリーグアル・ヒラル監督に就任した[8]

2014年7月、カタールSCの監督に就任することが発表された[9]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
チェコスロバキア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1981-82 スパルタ・プラハ 1部 14 1
1982-83 スパルタ・プラハ 1部 24 3
1983-84 スパルタ・プラハ 1部 28 3
1984-85 スパルタ・プラハ 1部 20 3
1985-86 スパルタ・プラハ 1部 22 6
1986-87 スパルタ・プラハ 1部 30 10
1987-88 スパルタ・プラハ 1部 30 4
1988-89 スパルタ・プラハ 1部 26 13
1989-90 スパルタ・プラハ 1部 27 15
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
1990-91 ストラスブール リーグ・ドゥ 29 10
1991-92 ストラスブール リーグ・ドゥ 28 10
1992-93 ストラスブール リーグ・アン 12 3
1993-94 ストラスブール リーグ・アン 15 4
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 広島 - J 32 19 1 0 3 1 36 20
1995 広島 - J 23 11 - 0 0 23 11
1996 市原 - J 28 12 14 6 1 0 43 18
チェコ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1996-97 スパルタ・プラハ 1部 14 3
1997-98 スパルタ・プラハ 1部 4 2
通算 チェコスロバキア 1部 225 58
フランス リーグ・アン 27 7
フランス リーグ・ドゥ 47 20
日本 J 83 42 15 6 4 1 102 49
チェコ 1部 18 5
総通算 400 132

その他の公式戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Hasek confirms Al Ahli re-allegiance”. gulfnews.com (2011年6月27日). 2011年6月27日閲覧。
  2. ^ 1994年5月18日サントリーステージ17節ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)戦でチーム初のハットトリックを決めている。
  3. ^ チームに介入する三木谷に対して不満があった、とも伝えられる。
  4. ^ サンフレッチェ広島アシストマガジン「assist」2006年夏号より
  5. ^ uefa.com(2009-7-8)ハシェック会長がチェコ代表の監督を兼任(2009-7-26閲覧)
  6. ^ Quique Sanchez Flores takes over as Al Ahli boss after Ivan Hasek dismissal”. goal.com (2011年11月8日). 2011年11月9日閲覧。
  7. ^ Former Atletico coach Flores to replace Hasek”. soccer-facebook.com (2011年11月8日). 2011年11月9日閲覧。
  8. ^ Doll out, Hasek in at Al Hilal”. soccerway.com (2012年1月22日). 2012年1月22日閲覧。
  9. ^ “QSL clubs spring into action early”. Gulf Times. (2014年7月6日). http://www.gulf-times.com/sport/192/details/399363/qsl-clubs-spring-into-action-early 2014年7月9日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
フランティシェック・ストラカ
チェコ代表監督
2009
次代:
ミヒャエル・ビーレク