プラハ・カレル大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラハ・カレル大学
Univerzita Karlova v Praze
ラテン語名称Universitas Carolina Pragensis
創立 1348年
学校種別 公立
学長 ヴァーツラフ・ハンプルVáclav Hampl
学生 約50,000
所在地 チェコの旗 チェコ プラハ
キャンパス 都市
所属提携 コインブラ・グループ
ヨーロッパ大学協会
Europaeum
ウェブサイト [1]
テンプレートを表示

プラハ・カレル大学チェコ語: Univerzita Karlova v Praze英語: Charles University in Prague)は、1348年に神聖ローマ皇帝カール4世によって創立された大学である。チェコにあり、チェコ語の正書法を確立したヤン・フスが活躍したが、設立者が神聖ローマ皇帝であるため「ドイツ語圏最古の大学」といわれる。またライン川以東の神聖ローマ帝国の領域においてももっとも古い大学の一つである。その後フス戦争を挟んでの混乱期を経て再開されたものの、第一次世界大戦第二次世界大戦期にたびたび分裂と閉鎖を繰り返し、現在はカレル大学という名称で存在している。

大学は、街のあちらこちらに散らばって配置されている。たとえば、本部と哲学部は旧市街、医学部はフラチャヌィの丘といった具合である。[1]

学部[編集]

現在、以下の学部が設置されている。

  • 第1神学部
  • 第2神学部
  • 第3神学部
  • 法学部
  • 芸術哲学部 - 日本学科がある。
  • 教育学部
  • 社会科学部    
  • 人文学部
  • 第1医学部
  • 第2医学部
  • 第3医学部
  • 第4医学部
  • 第5医学部
  • 薬学部
  • 理学部
  • 数物学部
  • 体育スポーツ学部

歴史[編集]

プラハ大学の創立[編集]

創立者カール4世[編集]

プラハにあるカール4世像

プラハ大学を創立したのは、まだドイツ王(ローマ王)になって間もなかったカール4世(在位:1347年 - 1378年)である。カール4世は1316年にプラハで生まれた後、1323年から1330年までパリの宮廷に預けられ、パリ大学にて学問を修めている。この経験が、後の大学創設に影響を与えたと考えられている。またこの時期に、後のローマ教皇クレメンス6世と親交を結んでおり、この関係がプラハ大学創立を強く後押しした。パリ大学にて学問を修めた彼は、当時の君主の中でも屈指の教養ある君主として知られており、当時の共用語であったラテン語はもちろんのこと、チェコ語フランス語ドイツ語イタリア語を自由に使うことができたという。1346年、カール4世は父ヨハンの後を継いでベーメン(ボヘミア)王カレル1世になり、また前後して当時のドイツ国王ルートヴィヒ4世の対立王に選出される。1347年にルートヴィヒが死去すると単独のドイツ王となり、1355年にローマにて神聖ローマ皇帝として戴冠を行っている。こうして神聖ローマ帝国皇帝となったカールは、ベーメンを帝国の中心とすべく様々な活動を行っていく。カールは、大学設立前の1344年にマインツ大司教座に属していたプラハ司教座を独立の大司教座へと昇格させている。このときカールは教皇クレメンス6世と交渉をしている。こうして、プラハ大学設立の準備が整い、創立の1348年を迎える。

プラハ大学創立[編集]

こうしてベーメンの首都プラハに大司教座がおかれ、カールはいよいよ大学設立の交渉を教皇クレメンス6世と開始する。初代プラハ大司教エルネストと教皇庁との交渉の結果、1347年に、クレメンス6世の名で設立特許文書が発布される。これを受けて、カールはベーメン王として1348年に設立特許文書をプラハにて発布する。その中で、首都プラハに大学(studium generale)を設置する旨を発表し、大学の学生と教師に様々な特権を付与することを述べている。その後、1349年の勅書(通称アイゼナハ特許状)にてこれを確認している。学監はプラハ大司教とし、教師と学生は主にプラハ市内から集められたが、ヨーロッパ各地からも集まった。

プラハ大学の組織[編集]

プラハ大学は、当時存在していた大学と同様に、神・医・法の上級3学部と教養学部からなっていた。大学所属員は、学部という所属と共に、主に出身地による4つの同郷団(natioマイセンバイエルンポーランドベーメンの4つ)に属していた。つまり大学全体を2通りに分けていたのである。プラハ大学での大学所属員とは教師と学生を指しており、教師中心のパリ大学方式と学生中心のボローニャ大学方式を合わせた新たな方式といえよう。しかし。この両者を併せ持ったことにより、プラハ大学は様々な危機に直面することとなる。大学の意思決定機関は大学所属員全員による全学会議であったが、これとは別に大学評議会がつくられ、この評議員を教師が占めることになり、次第に大学は教師による運営へと傾いていく。

プラハ大学の分裂と特権剥奪[編集]

プラハのヤン・フスの銅像

危機の予兆[編集]

教師中心の大学運営へと傾くにつれ、学生の中から不満をもつものが現れ始める。彼らは法学部所属の人間が多かった。結果として、大学所有の建物の管理をめぐる対立により、法学部が分離することとなる。この分離は、パリ大学方式とボローニャ大学方式を併せ持つことによるひずみが生じているのである。その後、この分離は収まるものの、その後の大学状況に大きな影を落とす。

ベーメン人の台頭[編集]

加えて、この時期ベーメン人とドイツ人との間の対立が激化した。そのような中現れたのが、ベーメンの神学者ヤン・フスであった。彼はプラハ大学の学長を務めたほどの人物であったが、イングランドジョン・ウィクリフに影響を受けた彼の教えは、やがてチェコ人の間に広まり、やがて大学内に大きな亀裂をひきおこす。

皇帝位をめぐる争い[編集]

皇帝カール4世の死後、後を継いだのは息子のヴェンツェルであった。しかしヴェンツェルは「品行方性らしからぬ」という理由で1400年に皇帝位を廃位されてしまい、代わってプファルツ選帝侯ループレヒトが皇帝となる。しかしヴェンツェルはこれを認めず、ループレヒトと対立する。加えて、この当時キリスト教会内での教会大分裂によりヨーロッパ全土が分裂する中、ローマ派の教皇を支持するループレヒトに対し、ヴェンツェルは当時発言力を増していたベーメン勢力と手を結び、ベーメン国内のドイツ人たちを駆逐しようとする。

クトナー・ホラ勅令の発布とドイツ人の退去[編集]

かかる状況の中、1409年にヴェンツェルは「皇帝」としてクトナー・ホラ勅令を発布する。この勅令はプラハ大学の運命を決定するものであった。元来、大学での全学会議は先の同郷団単位での投票により決定されていた。しかし、プラハ大学ではドイツ人が優勢であり、ベーメン人の意見は通らないことが多かった(4つの同郷団のうち、ベーメン以外の同郷団はドイツ人で占められており、結果的に投票は3対1となってしまう)。クトナー・ホラ勅令は、この投票方式を変更するものであった。すなわち、ベーメン同郷団に3票の投票権を与える代わりに、ドイツ人系同郷団は1票しか行使できなくなったのである。こうして、ベーメン人は大学運営を自らに有利なように進めることができるようになったのである。他方、ドイツ人系大学所属員は不満をもち、ヴェンツェルに対して勅令の撤回を申し入れ、聞き入られない場合は大学を退去する旨の決議をした。しかし、ヴェンツェルはそれを受け入れず、新方式による投票でベーメン人の新学長選出を強行し学長職を譲るよう迫ったのである。これを受けて、ドイツ人たちはついに大学を退去する決意を固める。彼らは同年5月にプラハを対退去し始める。彼らの多くは、商業都市として名声を博していたライプツィヒに移り住む。そしてこの地でライプツィヒ大学を創立するのである。

フス戦争と大学特権の剥奪[編集]

ドイツ人の去ったプラハ大学では、ベーメン人が中心となった。その彼らの精神的支柱となったのが、ヤン・フスであった。しかし、その異端的教義によりコンスタンツ公会議でフスが焚刑に処せられると、ベーメンではフス戦争が勃発する。これに対処したのは、ハンガリー王にして皇帝だったジギスムント(ヴェンツェルの弟)であった。ジギスムントはフス戦争を鎮圧した後、バーゼル公会議にてプラハ大学に与えられていた特権を剥奪している。これにより、大学としてのプラハ大学はいったん終結することとなる。

大学再開[編集]

19世紀における分裂[編集]

20世紀における分裂と統合[編集]

戦後のプラハ大学[編集]

現在は神学部から医学部まで、17の学部と4万人以上の学生を抱えるチェコ随一の総合大学である。

組織[編集]

学生[編集]

学生数はおよそ3万700人[2]

教員[編集]

教師の数はおよそ2850人[3]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

主な出身者[編集]

主な教員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田中 78ページ
  2. ^ 田中 78ページ
  3. ^ 田中 78ページ

参考文献[編集]

  • 田中充子著 『プラハを歩く』 岩波書店 《岩波書店(新赤版)757》 2001年 ISBN 4-00-430757-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]