エメルソン・レオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エメルソン・レオン Football pictogram.svg
Emerson Leao.jpg
名前
ラテン文字 Émerson Leão
ポルトガル語
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1949年7月11日(65歳)
出身地 サンパウロ州リベイラン・プレト
身長 179cm
体重 76kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
代表歴
1969-1986 ブラジルの旗 ブラジル 106 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エメルソン・レオンポルトガル語: Émerson Leão1949年7月11日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはGK

来歴[編集]

現役時代はGKでブラジル代表の守護神として活躍。4度のワールドカップ出場を経験した。

1992年清水エスパルスの2代目監督として来日。ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)と常にJリーグナビスコカップなどで優勝争いを展開するチームに育てるも、あと一歩のところで優勝を逃し「悲運の名将」といわれた。[要出典]1996年後期にはV川崎の監督に就任、天皇杯優勝を飾るがリーグ戦の成績不振を理由に数か月で解雇された。その後2000年にブラジル代表監督に就任したが、翌2001年コンフェデ杯でブラジル国内でプレーする選手中心だったとはいえ、4位に終わったことを受けて解任された。2005年4月、サンパウロFC監督として、サンパウロ州リーグ優勝(19試合中、14勝3分2敗)、その直後、成績不振を理由に前監督を解任したヴィッセル神戸の監督就任で実に9年ぶりのJリーグ復帰を果たしたが、成績改善に結びつかず、わずか2か月で退任。7月18日、16年ぶりにブラジル・パルメイラス監督に復帰した。

ブラジル人サッカー関係者からは相当嫌がられ、「神は人間を創りたもうた。だが悪魔はエメルソン・レオンを創った」と評されている[要出典]過去には選手との衝突も多く、元ブラジル代表主将のドゥンガは「全く信用できない人物だった」と語っている[要出典]元ブラジル代表のソクラテスも、インタビューなどでレオンの話題が出ると「その名を出すな!!」と、過去の確執から嫌悪感をあらわにした[要出典]。また、清水で好成績を収めたにもかかわらず、試合に出場を希望する選手から金銭を授受していたことなどが問題視され、これが解任につながった[要出典]。さらに、戦術面でもロングボール一辺倒で批判が多く[要出典]ラモス瑠偉はレオンの清水時代からその戦術を酷評していたが、1996年にレオンのV川崎への監督就任が決定すると、その下でプレーすることにあからさまに拒絶反応を示し、前身の読売時代から永きにわたって在籍していたV川崎から京都への移籍を決断した(翌1997年にレオンが解任されるとすぐさまV川崎に復帰)。

反面、日本人サッカー関係者に特別嫌われるようなことは少ない(年齢を重ねるにつれ人間的に丸くなったためと思われる)[要出典]。清水・V川崎でレオンの指導を受けた三浦泰年はレオンを恩師と慕っており、三浦がヴィッセル神戸で強化担当の任についた際にレオンを監督として招聘した。伊東輝悦が、J1500試合出場達成時、Jリーグアフターゲームショーに出演した際、「最も影響を受けた監督は?」という質問にレオンの名前を挙げている。

所属クラブ[編集]


指導歴[編集]


関連項目[編集]