オズワルド・オリヴェイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オズワルド・オリヴェイラ Football pictogram.svg
名前
本名 Oswaldo de Oliveira Filho
愛称 オリヴェイラ
カタカナ オズワルド・デ・オリヴェイラ・フィリョ
ラテン文字 OSWALDO OLIVEIRA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1950年12月5日(63歳)
出身地 リオデジャネイロ州
身長 183cm
体重 80kg
監督歴
1999-2000
2000
2001-2002
2002-2003
2003
2004
2004
2005
2005
2006
2006
2007-2011
2012-2013
2014-
コリンチャンス
CRヴァスコ・ダ・ガマ
フルミネンセ
サンパウロFC
フラメンゴ
コリンチャンス
ECヴィトーリア
サントスFC
アル・アハリ・ドーハ
フルミネンセ
クルゼイロEC
鹿島アントラーズ
ボタフォゴFR
サントスFC
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オズワルド・デ・オリヴェイラ・フィリョOswaldo De Oliveira Filho1950年12月5日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ州出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

サッカー選手としての経歴は無く、大学卒業と同時にフィジカルコーチへの道を歩む。49歳で初めて監督を務めるが、母国の名門・コリンチャンスの監督で、しかも当初は40日間の暫定監督であった。2000年に同クラブを率いてFIFAクラブ世界選手権2000優勝に導いた。

2007年より鹿島アントラーズの監督に就任し、就任1年目でJリーグ優勝、さらに天皇杯も制し、2冠を達成した。翌2008年、翌々年の2009年にもJリーグ優勝を果たし、鹿島にJリーグ史上初となる3連覇をもたらした。またJリーグにおいて1クラブでの最速50勝到達記録も持っている(2007-2009)。2013年時点でJリーグ史上最多の国内タイトル(Jリーグ・天皇杯・Jリーグカップゼロックススーパーカップ)を獲得した監督である。

2012年からボタフォゴFR監督に就任。

人物・エピソード[編集]

  • サンパウロ時代にカカ、サントス時代にはロビーニョ、コリンチャンス時代にはマルコス・セナの指導をしていた。
  • 長らくフィジカルコーチを務めたため、シーズン通しての緻密なコンディション管理、弱点を見極めた選手の肉体強化に長けている。例えば、監督の信念は「体力は貯金」であり、合宿で徹底した長距離のランニングや砂浜の走り込みをやらせ、一年間バテないような体力強化を行う。この方法で2007年シーズン、過密日程のシーズン後半によそのチームがコンディションや勢いを失っていく中、バテずに脅威の粘りを見せ、大逆転劇を見せることが出来たという。
  • 2007年、鹿島アントラーズを指揮することが決まり、選手との初顔合わせで、選手全員の顔と名前を覚えていた。2009年のリーグ制覇後、NHK水戸放送局の特番で「オリヴェイラ監督の言葉で一番印象に残っていること」という質問で、内田篤人がこのエピソードを紹介し、「この人と仕事をするんだなという気になりました」と語っている。
  • 選手が得点を取ると、サポーターに万歳をしたり、何度もガッツポーズをするなど、熱い一面もある。
  • 2007年12月1日、鹿島が最終節にして大逆転優勝を決めた清水エスパルス戦にて、終了のホイッスルとともに真っ先にピッチへ走り出し、喜びを爆発させた。一方、ピッチ上の選手たちは日産スタジアムで行われた横浜FC浦和レッズ戦の試合経過を知らされていなかった為、優勝目前であるという事がわからないまま唖然としていた。
  • 趣味は音楽を聴くこと。家には何千枚もの音楽レコードがあるという。
  • 2008年11月29日、岩政大樹のロスタイムの決勝ゴールで劇的勝利となったジュビロ磐田戦の試合終了後、今季ホーム最終戦サポーターへのあいさつで、涙を流しながら絶叫して喜びと優勝への意気込みを表現した。その際に「これで感動できなかったら医者にかかった方がいい!」と語った。
  • 後述にも関連するが、不調時の選手たちを個別に呼び出し奮起を促すことが多々ある。
    • 内田篤人が国内戦、ACL、日本代表の連戦により原因不明の嘔吐を繰り返している際に「私が50数年間に味わった苦しみは、今の君の苦しみには到底及ばない」と叱咤した[要出典]
    • 10試合以上無得点の興梠慎三には、「信じてる。だから使い続ける」と言い用い続けた。
    • 体調不良で苦しむ岩政大樹には、フィジカルトレーナーに「大樹はどうした!?大樹がピッチに立っていてくれさえすればいい!!」など、選手たちが惚れ込む言葉を発する。
  • 2009年Jリーグ優勝時の記者会見で、「小笠原(満男)のような選手が、ワールドカップをテレビの前で過ごすようなことはあってはならない」と、日本代表監督の岡田武史へメッセージを送った。
  • 実弟で鹿島のフィジカルコーチも経験したことがあるワルデマール・オリヴェイラが、2010年1月韓国浦項スティーラースの監督に就任したものの、成績不振により、AFCチャンピオンズリーグ2010での「兄弟対決」を直前に控えた5月10日に解任された。

ミーティング[編集]

ミーティングに多大な時間を割いていることが特徴である。

  • ミーティングに費やす時間は短くて20分、長くて120分に及ぶ。開催頻度も毎日やることもあれば、試合の二日前に初めて実施することもあるらしい。
  • エピソードの項にもあるようにオリヴェイラは必要に応じて選手が惚れ込むメッセージを発し続けたことで、選手全員のモチベーションを高く保ち続けた。2007年からの3連覇達成の原動力になっていることは選手全員が確信しているという。このミーティングは魂のミーティングと称されている。
  • その一方で交代の際、ピッチを去る選手と握手を交わさなかったり、交代枠を使い切り出番がなくなって、試合中にベンチから退出した控え選手にはミーティングの際に必ず指摘し、全員の面前で謝罪させるという断固とした制裁を取ることもある。内田篤人が「とてもじゃないが、居眠りできるようなものではない」と評したこともあり、厳かな一面もある。(週刊サッカーダイジェスト2008年12月23日号)
  • ミーティング以外にも試合機会に恵まれない選手と練習後などに個別に会談することもあり、「あなたは必要な選手だ。必ず出番はある」と選手一人ひとりのケアを怠らなかった。オリヴェイラ本人が直接伝えるのみではなく、クラブのスタッフを通じて本人に伝えることもあるらしい。2008年は伊野波雅彦野沢拓也、2009年には田代有三増田誓志が該当する。
  • その他の代表例として、2008年第33節のジュビロ磐田戦の直前ミーティングで家族から選手への激励メッセージを録画したビデオを上映した。これは練習場で全体練習を実施している最中にクラブの職員を選手の自宅に派遣して、両親、奥さんまたは子供から選手へのメッセージを録画し、試合の日までは本人に教えないよう頼み込んだ上で作成したという。試合は1-0で勝利。この頃からオリヴェイラはオズの魔法使いと評されるようになった。
  • 2009年のJOMO CUPでJリーグ選抜チームを指揮した際も、ミーティングを受けた川崎フロンターレの中村憲剛ら選手たちから「鹿島が強い理由がわかった」と称されるほど外部でも評価は高い。

指導歴[編集]


監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 試合 勝点 年間順位 ナビスコ杯 天皇杯 他公式戦 国際大会
2007 鹿島 J1 34 72 22 6 6 60 36 優勝 ベスト4 優勝 - -
2008 34 63 18 7 9 56 30 優勝 ベスト8 ベスト16 SC 準優勝 ACL2008 ベスト8
2009 34 66 20 8 6 51 30 優勝 ベスト8 ベスト8 SC 優勝 ACL2009 ベスト16
2010 34 60 16 6 12 51 31 4位 ベスト8 優勝 SC 優勝 ACL2010 ベスト16
2011 34 50 13 10 11 53 40 6位 優勝 ベスト16 SC 準優勝 ACL2011 ベスト16

主な受賞歴[編集]

獲得タイトル[編集]

著書[編集]

  • 『オズワルド・オリヴェイラ自伝―風のおもむくままに』(2009年、講談社

関連項目[編集]