ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Miguel Ángel Portugal
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1955年11月28日(58歳)
出身地 ブルゴス
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミゲル・アンヘル・ポルトゥガルMiguel Ángel Portugal, 1955年11月28日 - )は、スペインブルゴス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF(サイドハーフ)。

経歴[編集]

地元のクラブのブルゴスCFの下部組織出身で、1977年にトップチームデビューした。1979年にレアル・マドリードに移籍し、アルフレッド・ディ・ステファノ監督らの下でプレーした。1981年にはUEFAチャンピオンズカップの決勝に進出したが、リヴァプールFCに敗れた。リーガ・エスパニョーラコパ・デル・レイのタイトルを獲得している。その後はラーヨ・バジェカーノCDカステリョンなどでプレーし、コルドバCFを最後に引退した。

コーチライセンス取得後、3部のヒムナスティカ・アランディナの監督に就任。1998-99シーズンに指揮したレアル・マドリードBでは、チームを2部昇格リーグに導いた。CDトレドの監督を経て、レアル・マドリードの国際部門を担当し、世界各国を駆け巡った。コルドバCFにスポーツ部長として復帰し、2003-04シーズンには監督を務めた。再びレアル・マドリードに戻ると、トップチームのヴァンデルレイ・ルシェンブルゴの辞任によりカスティージャのフアン・ラモン・ロペス・カロがトップチームの監督に就任したため、ポルトゥガルがレアル・マドリード・カスティージャの監督に就任した。2006年にラシン・サンタンデールの監督に就任すると、ニコラ・ジギッチペドロ・ムニティスらの個性を十分に生かしたチームを作り、それまで残留争いの常連だったクラブを10位に躍進させた。2009年11月19日、降格圏近くに低迷していたラシン・サンタンデール監督に復帰すると、その後の14試合で勝ち点27を挙げ、チーム状態を立て直した。2009-10シーズン後半戦はわずか3勝しか挙げられず、最終節まで残留が決まらなかったが、最終節のスポルティング・ヒホン戦に勝利して16位でシーズンを終えた[1]。2010-11シーズンは開幕から不振にあえぎ、16位と低迷していた2011年2月に解任された[2]

所属クラブ[編集]

1981-1982 →スペインの旗 カディスCF (loan)

指導者経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ footballista、2010年4月7日号
  2. ^ ラシンがポルトゥガル監督との契約を解除UEFA.com、2011年2月8日