ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーダ Football pictogram.svg
Dida-wikipedia.png
名前
本名 Nélson de Jesus Silva
愛称 ジーダ
カタカナ ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァ
ラテン文字 DIDA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1973年10月7日(40歳)
出身地 バイーア州イララー
身長 195cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 SCインテルナシオナル
ポジション GK
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1993
1994-1998
1999
2000-2010
2002
2012
2013
2014-
ブラジルの旗 ヴィトーリア
ブラジルの旗 クルゼイロ
ブラジルの旗 コリンチャンス
イタリアの旗 ミラン
ブラジルの旗 コリンチャンス
ブラジルの旗 ポルトゲーザ
ブラジルの旗 グレミオ
ブラジルの旗 インテルナシオナル
24 (0)
120 (0)
25 (1)
196 (0)
0 (0)
27 (0)
0 (0)
代表歴
1995-2006[1] ブラジルの旗 ブラジル 91 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年5月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジーダDida、本名:ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァNélson de Jesus Silva1973年10月7日 - )は、ブラジルバイーア州イララー出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。元ブラジル代表

経歴[編集]

1993年シーズンに地元バイーア州の名門クラブECヴィトーリアでデビューし、頭角を表す。ヴィトーリアに1シーズンだけ所属した後、クルゼイロECに移籍し、1995年から5シーズンに渡って正GKとして活躍。そして1999年にはコリンチャンスへ籍を移す。そのコリンチャンスでは、2000年にサンパウロ市リオデジャネイロ市で行われたFIFAクラブ世界選手権で優勝を果たした。決勝では同じブラジルのCRヴァスコ・ダ・ガマと対戦し、PK戦までもつれた末に4-3(PK)で下し、優勝に貢献した。またコリンチャンスでは、PK8回連続ストップの前代未聞の偉業を成し遂げている。

ミランでのジーダ(2007年)

その直後にACミランへの移籍を果たすが、2000年から2シーズンでリーグの出場試合は僅かに1。イタリア語でのコーチングがままならず、コリンチャンスへ戻されてしまう。しかし、1シーズンもかからない内にミランに復帰。復帰直後の2002-2003シーズンにはクリスティアン・アッビアーティからレギュラーを奪取。カルロ・アンチェロッティ監督の信頼にこたえて、リーグ30試合に正GKとして出場。リーグは3位で終えたものの、UEFAチャンピオンズリーグコッパ・イタリアの2冠を達成。チャンピオンズリーグ決勝ではユベントスとのPK戦で自身のセーブ、相手のミス併せて3度シュートを防ぎ、3-2で勝利を掴んだ。

翌2003-2004シーズンもリーグ32試合に出場。圧倒的な強さでミランはスクデットを獲得し、ジーダも大きく貢献。2004-2005シーズンには再びチャンピオンズリーグ決勝の舞台を踏み、3-3の同点で再びPK戦になるも今度はリヴァプールFCイェルジ・ドゥデクに主役の座を奪われる格好になり、ビッグイヤーを獲得することはできなかった。ちなみにこのシーズンの準々決勝対インテル第2戦では、試合展開に怒ったホームのインテルサポーターが投げた発炎筒がジーダを直撃、これが原因で試合は没収試合となった。

本人もトラウマになったと語っているこの事件以降、事件の後遺症なのかそれまでの安定感が嘘のように好不調の波が激しくなり、致命的なミスや負傷が増えた。その結果、2007-2008シーズン途中からはジェリコ・カラッツに正GKの座を奪われた。2008-2009シーズンはカラッツも精彩を欠いたプレーを連発していたが、肝心の調子は上がらず今度は3シーズンにわたるレンタル移籍から復帰したアッビアーティにポジションを奪われた。その後、アッビアーティの故障によりポジションを奪い返すと2009-2010シーズンも序盤戦は精彩を欠いてマルコ・ストラーリの控えであったが、ストラーリが負傷すると正GKとして復活を遂げた。2010年にミランを退団。

2012年5月24日ポルトゲーザ・デスポルトスに加入することが決まった。

2012年12月19日グレミオに移籍[2]

代表[編集]

ブラジル代表GKジーダ

代表には1995年に初招集されたが、クラウディオ・タファレルという世界的名手の前に出場機会は巡ってこなかった。タファレル引退後もマルコス・ロベルト・シウベイラ・レイスの控えに甘んじ日韓ワールドカップ優勝を経験するも自身は出場機会がなかった。2003年からはようやくセレソンの正GKに定着。ドイツワールドカップでは正GKを務めた。しかし、その後はジュリオ・セザルなどの台頭によって立場が危うくなっている。

選手としての評価[編集]

長きにわたってミランの守護神を務めた。以前は安定感のなさが指摘されていたものの、徐々に改善され、2002年~2005年ごろまではジャンルイジ・ブッフォンにならんで、「現役最高のGK」と称された。身体能力が高く、反応の速さが最大の武器で、ハイボールにも強い。しかし、彼の代名詞といえばやはりPKストップで、阻止率も高い。足をゴール中央に残して長い腕でサイドをカバーする独特のスタイルである。コーチングも極めて的確である。

ただ、飛び出しはあまり上手いとはいえず、特に1996年アトランタ・オリンピックの対日本戦において味方DFのアウダイールと衝突してしまい、倒れている隙に伊東輝悦にゴールを決められてしまった(マイアミの奇跡)。また、守備範囲の狭さをたびたび指摘されている。2006-2007シーズンに入ると、判断ミスでしばしば失点を犯したことで評価を急激に落とした。

所属クラブ[編集]

ブラジルの旗 コリンチャンス 2002年

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Nelson de Jesus Silva "Dida" - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/dida-intl.html 
  2. ^ Goal.com (2012年12月20日). “元ブラジル代表GKジーダ、グレミオに加入”. 2012年12月20日閲覧。