カルロス・アルベルト・パレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・アウベルト・パレイラ Football pictogram.svg
C A Parreira.JPG
名前
本名 Carlos Alberto Gomes Parreira
ラテン文字 Carlos Alberto Parreira
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1943年2月27日(71歳)
出身地 リオデジャネイロ
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

カルロス・アウベルト・ゴメス・パレイラCarlos Alberto Gomes Parreira1943年2月27日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ出身のサッカー監督

来歴[編集]

プロ選手としての経験はなく、母国の体育大学を卒業後、1975年にブラジルのサッカークラブ・フルミネンセで指導者としての道を歩み始めた。1982年スペインW杯クウェート代表監督として指揮を執った。さらに1990年イタリアW杯ではUAE代表監督を務め、1994年アメリカW杯では母国ブラジル代表監督としてチームを優勝へ導いた。

その後、バレンシアフェネルバフチェサンパウロの監督などを歴任。1998年フランスW杯ではサウジアラビア代表監督を務めており、

2006年ドイツW杯はブラジル代表監督を務めたが個々の能力に固執しすぎて自慢の攻撃陣が機能せずベスト8に終わった。W杯終了後に次回W杯開催国の南アフリカ代表監督に就任するも2008年にかかった妻の介護に専念するために辞任。2009年10月、成績不振で解任されたジョエル・サンタナの後任として南アフリカ代表監督に復帰し、南アフリカW杯の指揮を執る。

W杯で指揮を執った回数(6回)、代表監督を務めた国の数(5カ国、ボラ・ミルティノビッチとタイ)はいずれも最多である[1]。ブラジル以外を率いての勝ちはなかなかなかったが、2010年6月22日(現地)W杯南アフリカ大会では南アフリカ代表を率いて、1次リーグ第3戦でフランス代表に2-1で勝利した[2]が得失点差で及ばず開催国初のグループリーグ敗退に終わった。大会終了後に辞任した。

指導歴[編集]