ドゥンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥンガ Football pictogram.svg
Dunga061115.jpg
名前
本名 カルロス・カエタノ・ブレドルン・ヴェーリー
Carlos Caetano Bledorn Verri
愛称 ドゥンガ、鬼軍曹
ラテン文字 Dunga
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1963年10月31日(51歳)
出身地 リオ・グランデ・ド・スル州イジュイ
身長 177cm
体重 81kg
選手情報
ポジション MFボランチ
利き足
代表歴
1982-1998 ブラジルの旗 ブラジル 91 (6)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・カエタノ・ブレドルン・ヴェーリー(Carlos Caetano Bledorn Verri, 1963年10月31日 - )通称ドゥンガ(Dunga)はブラジル出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはMFボランチ)。現ブラジル代表監督。

ブラジル代表選手として1990年1994年1998年ワールドカップに出場した。2006年7月から2010年7月まで代表監督(第1期)を務めた。

来歴[編集]

選手時代[編集]

ブラジル南部のリオ・グランデ・ド・スル州でドイツ系およびイタリア系移民の家に生まれた。あだ名の「ドゥンガ」は「白雪姫と7人のこびと」に登場するこびとたちの中でもっとも若い「おとぼけ(dopey)」に由来し、子供の頃身長が低かったため父親の友人に名付けられたと語っている。なお、ドゥンガの父親もサッカー選手である。 プロ選手になるためのセレクションに合格し、インテルナショナルの寮に入り、練習と食事はサンドウィッチとコーラだけ、服は寮の仲間と貸し借りの生活をおくる。

出身地から近い名門インテルナシオナルでプロデビュー、イタリアに渡りピサフィオレンティーナペスカラで活躍した。   1990年のワールドカップに出場した際には、後半35分にマラドーナにスルーパスを通されて負けてしまい、ブラジルの早期敗退の原因としてGKのクラウディオ・タファレル、監督のセバスティアン・ラザロニなどとともにメディアから厳しく批判された。批判は数年にわたって続き、「国民の恥」(ドゥンガ著「勝利の条件」より)とまで言われた。ジーコもこのバッシングに関しては著作の中で「あまりにも不当な非難」と述べている。

VfBシュトゥットガルトなどでプレーした後、1995年から日本のジュビロ磐田に所属した。

円高不況のあおりをうけて大幅な減俸を提示した磐田と金銭面で折り合いが付かず1998年に退団した。その後は古巣インテルナシオナルで1シーズンプレー後に現役を引退した。

引退後は「市民能力開発のためのドゥンガ財団」の代表として社会福祉活動などに従事するとともに、1999年から2004年にかけてはジュビロ磐田のチームアドバイザーも務めた。

監督時代[編集]

ブラジル代表(第1期)[編集]

カルロス・アルベルト・パレイラの後任として2006年7月にブラジル代表監督に就任、監督およびコーチ経験の無いままセレソンを率いることになった。

監督就任以降はフレッジロビーニョシシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフーエメルソンゼ・ロベルトロナウドなどは招集しなかった。

パレイラが重用していたアドリアーノカカロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた[1]

南アフリカW杯の南米予選においては前半戦で3試合連続無得点を記録し一時は5位にまで後退したため、スタジアムのファンからブーイングを浴び、試合のたびに「Adeus Dunga(さらばドゥンガ)」の合唱が起こり、メディアからも厳しく批判されたがその後は持ち直し、9月に行われたアウェーのアルゼンチンに3-1で勝利し第1回大会から19回連続となるW杯出場を決めた[2]

しかし、本大会では優勝候補とされながら準々決勝で敗退。この責任を問われ、解任された[3]

アル・ラーヤン[編集]

2011年8月29日カタールスターズリーグに所属するアル・ラーヤンSCの監督に就任した[4]

ブラジル代表(第2期)[編集]

地元ブラジル開催であった2014 FIFAワールドカップに於いて4位に終わる惨敗を喫して退任したルイス・フェリペ・スコラーリの後任として再びブラジル代表の指揮を執ることが、2014年7月22日に発表された[5][6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1980 インテルナシオナル
1981
1982
1983
1984
1985 コリンチャンス
1986 サントス
1987 ヴァスコ・ダ・ガマ
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1987-88 ピサ セリエA 23 2
1988-89 フィオレンティーナ 30 3
1989-90 28 0
1990-91 33 1
1991-92 33 4
1992-93 ペスカーラ 23 3
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1993-94 シュトゥットガルト ブンデス1部 27 4
1994-95 26 3
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 磐田 - J 25 1 - 2 0 27 1
1996 20 4 13 0 1 0 34 4
1997 8 26 5 11 1 0 0 37 6
1998 28 6 0 0 0 0 28 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1999 インテルナシオナル 16 1
通算 ブラジル
イタリア セリエA 170 13
ドイツ ブンデス1部 53 7
日本 J 99 16 24 1 3 0 126 17
総通算

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

指導歴[編集]

著書[編集]

  • 「セレソン」、日本放送出版協会、1998年
  • 「PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは」、経済界 、1998年

脚注[編集]

外部リンク[編集]