ラミレス・サントス・ド・ナシメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラミレス Football pictogram.svg
Ramires Chelsea vs AS-Roma 10AUG2013.jpg
名前
本名 ラミレス・サントス・ド・ナシメント
Ramires Santos do Nascimento[1]
ラテン文字 RAMIRES
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1987年3月24日(27歳)
出身地 バラ・ド・ピライ
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション MF (DH、SH)
背番号 7
利き足 右足
代表歴2
2008
2009-
ブラジルの旗 ブラジル U-23
ブラジルの旗 ブラジル
9 (0)
35 (4)
2. 2013年9月7日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ラミレス・サントス・ド・ナシメント(Ramires Santos do Nascimento, 1987年3月24日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ州バラ・ド・ピライ出身のサッカー選手。抜群のスピードと無尽蔵のスタミナを兼ね備えていることからケニア人の異名を持つミッドフィールダーイングランドプレミアリーグチェルシーFC所属。

経歴[編集]

2007年にジョインヴィレECのトップチームに昇格した。同年クルゼイロECに期限付き移籍後、完全移籍した。2007年は32試合に出場して3得点、2008年は25試合に出場して6得点した。クルゼイロでの活躍が認められ、2009年夏に移籍金750万ユーロの5年契約でポルトガルの名門SLベンフィカに移籍した。2010年8月13日、イングランドのチェルシーFCに4年契約で移籍した。8月28日、ストーク・シティFC戦でデビューを果たした。2011年1月24日のボルトン・ワンダラーズFC戦でリーグ戦は移籍後初ゴールを記録。2011年11月1日のゲンク戦でチャンピオンズリーグ初ゴール、同じシーズンのチャンピオンズリーグバルサ戦の第2戦で、チェルシーが2戦合計1-2とビハインドの状態で迎えた前半ロスタイムにバルサの息の根を止める事実上の決勝点(その後フェルナンド・トーレスが終了間際にダメ押しの追加点)を挙げた。

代表歴[編集]

2008年夏に行われた北京オリンピックに、ケガで辞退したロビーニョの代替選手として選出されると、6試合中4試合に出場し銅メダル獲得に貢献。2009年5月にはブラジル代表に初招集。6月のワールドカップ南アフリカ大会・南米予選ウルグアイ戦で初キャップを刻んだ。FIFAコンフェデレーションズカップ2009にも出場して優勝に貢献した。翌年の南アフリカW杯ブラジル代表にも選出され、大会前の6月7日に行われた親善試合のタンザニア戦では代表初得点を含む2得点を挙げた。

所属クラブ[編集]

ブラジルの旗 クルゼイロEC 2007 (loan)
チャンピオンズリーグ2011/12決勝でのダヴィド・ルイスとラミレス

タイトル[編集]

クラブ
ブラジルの旗 ジョインヴィレ
ブラジルの旗 クルゼイロ
ポルトガルの旗 ベンフィカ
イングランドの旗 チェルシー
代表

出典[編集]

外部リンク[編集]