ボルトン・ワンダラーズFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルトン・ワンダラーズFC
原語表記 Bolton Wanderers Football Club
愛称 トロッターズ(The Trotters)
クラブカラー 白と青
創設年 1874年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン チャンピオンシップ
ホームタウン ボルトン
ホームスタジアム リーボック・スタジアム
収容人数 27,879
代表者 イングランドの旗 フィル・ガートサイド
監督 スコットランドの旗 ダギー・フリードマン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ボルトン・ワンダラーズ・フットボール・クラブ (Bolton Wanderers Football Club) は、イングランド大マンチェスタ州ボルトンに本拠地を置くプロサッカークラブ。

現在はフットボールリーグ・チャンピオンシップに所属。かつて西澤明訓中田英寿宮市亮が在籍していたクラブチームでもある。

初代FAカップ覇者のワンダラーズFCとは関係がない。

歴史[編集]

リーボック・スタジアム

1874年教会のクラブ、クライストチャーチFC(Christ Church FC)という名称として設立。ホームグラウンドが無く3つの場所を転々としていたため、1877年に改名する際ボルトン・ワンダラーズ(ボルトンのさまよう人々)とした[1]1888年に始まった、世界最古のサッカーリーグ、フットボールリーグに最初から参加した12クラブのうちの一つである[1]1923年ウェンブリー・スタジアムに移って初めてのFAカップを制覇した[1]

1986-1987年には4部リーグまで陥落したが、リーボックのスポンサーを受けて昇格。1990年代にプレミアリーグに昇格し、2部に落ちた時期もあるが2001年以降はプレミアにとどまっている[1]

2005年来日。ヴィッセル神戸川崎フロンターレと親善試合を行ったが、中田英寿獲得前で、日本人選手やビッグネームがいなかった事も響いてか、観客数は他の欧州クラブの試合と比較すると低調に終わった(神戸戦はサッカー中継のほとんどしないサンテレビが中継している)。来日前、稲本潤一三都主アレサンドロ獲得に向けて動いたと一部報道もあったが、結局獲得には至らなかった。

2011-12シーズンは18位に沈み、2部への降格が決まった。

2012-13シーズンよりサプライヤーがリーボックからアディダスに変更になったが(なおリーボックはアディダスグループである)、わずか2年で打ち切りとなった。

2014-15シーズンよりサプライヤーがアディダスからイタリアボローニャのスポーツメーカー「Macron(マクロン)」に変更と同時にスタジアム名もリーボック・スタジアムからマクロン・スタジアムに変更予定。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン FAカップ リーグカップ 欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 試合数 得点 失点 勝ち点 順位 選手 得点数
1974-75 ディビジョン2 42 15 12 15 45 41 42 10位 3回戦敗退 2回戦敗退 ヒュー・クラン 11
1975-76 ディビジョン2 42 20 12 10 64 38 52 4位 5回戦敗退 2回戦敗退 ギャリー・ジョーンズ
ニール・ワットモア
13
1976-77 ディビジョン2 42 20 11 11 75 54 51 4位 3回戦敗退 準決勝敗退 ニール・ワットモア 31
1977-78 ディビジョン2 42 24 10 8 63 33 58 1位 3回戦敗退 3回戦敗退 ニール・ワットモア 21
1978-79 ディビジョン1 42 12 11 19 54 75 35 17位 3回戦敗退 3回戦敗退 フランク・ワーシントン 26
1979-80 ディビジョン1 42 5 15 22 38 73 25 22位 5回戦敗退 2回戦敗退 ニール・ワットモア 31
1980-81 ディビジョン2 42 14 10 18 61 66 38 18位 3回戦敗退 2回戦敗退 ニール・ワットモア 21
1981-82 ディビジョン2 42 13 7 22 39 61 46 19位 4回戦敗退 1回戦敗退 クリス・トンプソン 14
1982-83 ディビジョン2 42 11 11 20 42 61 44 22位 3回戦敗退 2回戦敗退 トニー・ヘンリー 11
1983-84 ディビジョン3 46 18 10 18 56 60 64 10位 3回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション1回戦敗退 トニー・コールドウェル 23
1984-85 ディビジョン3 46 16 6 24 69 75 54 17位 1回戦敗退 3回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション準決勝敗退 トニー・コールドウェル 22
1985-86 ディビジョン3 46 15 8 23 54 68 53 18位 1回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 準優勝 トニー・コールドウェル 16
1986-87 ディビジョン3 46 10 15 21 46 58 45 21位 3回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション準々決勝敗退 トニー・コールドウェル 17
1987-88 ディビジョン4 46 22 12 12 66 42 78 3位 3回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション1回戦敗退 ジョン・トーマス 28
1988-89 ディビジョン3 46 16 16 14 58 54 64 10位 2回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 優勝 トレヴァー・モーガン
スティーヴ・トンプソン
11
1989-90 ディビジョン3 46 18 15 13 59 48 69 6位 1回戦敗退 3回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション準決勝敗退 トニー・フィリスカーク 25
1990-91 ディビジョン3 46 24 11 11 64 50 83 4位 4回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクショングループステージ敗退 トニー・フィリスカーク 28
1991-92 ディビジョン3 46 14 17 15 57 56 59 13位 5回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション1回戦敗退 トニー・フィリスカーク 19
1992-93 ディビジョン2 46 27 9 10 80 41 90 2位 5回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 北セクション準々決勝敗退 アンディ・ウォーカー 33
1993-94 ディビジョン1 46 15 14 17 63 64 59 14位 準々決勝敗退 2回戦敗退 John McGinlay 33
1994-95 ディビジョン1 46 21 14 11 67 45 77 3位 3回戦敗退 準優勝 John McGinlay 22
1995-96 プレミア 38 8 5 25 39 71 29 20位 4回戦敗退 4回戦敗退 John McGinlay 9
1996-97 ディビジョン1 46 28 14 4 100 53 98 1位 4回戦敗退 準々決勝敗退 John McGinlay 30
1997-98 プレミア 38 9 13 16 41 61 40 18位 3回戦敗退 4回戦敗退 ネイサン・ブレイク 14
1998-99 ディビジョン1 46 20 16 10 78 59 76 6位 3回戦敗退 4回戦敗退 ボブ・テイラー 18
1999-2000 ディビジョン1 46 21 13 12 69 50 76 6位 準決勝敗退 準決勝敗退 エイドゥル・グジョンセン 22
2000-01 ディビジョン1 46 24 15 7 76 45 87 3位 5回戦敗退 1回戦敗退 マイケル・リケッツ 24
2001-02 プレミア 38 9 13 16 44 62 40 16位 4回戦敗退 準々決勝敗退 マイケル・リケッツ 15
2002-03 プレミア 38 10 14 14 41 51 44 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 ユーリ・ジョルカエフ
オーガスティン・オコチャ
ヘンリク・ペデルセン
マイケル・リケッツ
7
2003-04 プレミア 38 14 11 13 48 56 53 8位 3回戦敗退 準優勝 ケヴィン・ノーラン 12
2004-05 プレミア 38 16 10 12 49 44 58 6位 準々決勝敗退 3回戦敗退 ケヴィン・デイヴィス
エル=ハッジ・ディウフ
9
2005-06 プレミア 38 15 11 12 49 41 56 8位 5回戦敗退 準々決勝敗退 UEFAカップ ベスト32 ステリオス・ギアンナコプーロス 12
2006-07 プレミア 38 16 8 14 47 52 56 7位 4回戦敗退 3回戦敗退 ニコラ・アネルカ 12
2007-08 プレミア 38 9 10 19 36 54 37 16位 3回戦敗退 4回戦敗退 UEFAカップ ベスト16 ニコラ・アネルカ 11
2008-09 プレミア 38 11 8 19 41 53 41 13位 3回戦敗退 2回戦敗退 ケヴィン・デイヴィス 12
2009-10 プレミア 38 10 9 19 40 66 36 14位 5回戦敗退 4回戦敗退 ケヴィン・デイヴィス 9
2010-11 プレミア 38 12 10 16 52 56 46 14位 準決勝敗退 3回戦敗退 ヨハン・エルマンデル 12
2011-12 プレミア 38 10 6 22 46 77 36 18位 準々決勝敗退 4回戦敗退 イヴァン・クラスニッチ 9
2012-13 チャンピオン 46 18 14 14 69 61 68 7位 3回戦敗退 1回戦敗退 クリス・イーグルス 12
2013-14 チャンピオン 46 14 17 15 59 60 59 14位

現所属メンバー[編集]

2014年9月25日現在
No. Pos. 選手名
1 ハンガリーの旗 GK ボグダーン・アーダーム
2 スコットランドの旗 DF ケヴィン・マクノートン
3 イングランドの旗 DF ディーン・モキシー
4 イングランドの旗 DF マット・ミルズ
5 アメリカ合衆国の旗 DF ティム・リーム
6 イングランドの旗 MF ジェイ・スピーリング (Captain sports.svg)
7 イングランドの旗 MF リアム・フィーニー
9 アイルランド共和国の旗 FW ジョー・メイソン
10 ジャマイカの旗 FW ジャーメイン・ベックフォード
11 イングランドの旗 FW ロバート・ホール
12 イングランドの旗 FW マックス・クレイトン
13 アイルランド共和国の旗 GK パディ・ケニー
14 フランスの旗 DF ドリアン・デルヴィト
16 イングランドの旗 MF マーク・デイヴィス
17 イングランドの旗 MF リアム・トロッター
18 イングランドの旗 MF ニール・ダンズ
19 アイルランド共和国の旗 MF オーウェン・ガーヴァン
21 イングランドの旗 MF ダレン・プラットリー
No. Pos. 選手名
22 アメリカ合衆国の旗 MF スチュアート・ホールデン
23 イングランドの旗 DF マーク・ティアニー
24 イングランドの旗 GK アンドリュー・ロナーガン
25 イングランドの旗 MF ジョシュ・ヴェラ
26 イングランドの旗 MF アンディ・ヒューズ
27 韓国の旗 MF 李菁龍
28 ウェールズの旗 FW クレイグ・デイヴィス
29 オーストラリアの旗 MF クリス・ハード
31 イングランドの旗 DF デヴィッド・ウィーター
38 イングランドの旗 FW サンミ・オデルシ
39 イングランドの旗 MF クリス・レスター
40 イングランドの旗 FW ザック・クラフ
41 イングランドの旗 DF オスカー・スレルケルド
42 イングランドの旗 MF ルーク・ウッドランド
43 イングランドの旗 DF アンドリュー・カレット
44 シエラレオネの旗 MF メド
45 イングランドの旗 FW トム・ヤングス
監督

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
2 スコットランドの旗 DF ケヴィン・マクノートン (カーディフ)
9 アイルランド共和国の旗 FW ジョー・メイソン (カーディフ)
No. Pos. 選手名
19 アイルランド共和国の旗 MF オーウェン・ガーヴァン (クリスタル・パレス)
29 オーストラリアの旗 MF クリス・ハード (アストン・ヴィラ)
out
No. Pos. 選手名
8 アイルランド共和国の旗 MF キース・アンドリュース (ワトフォード)
15 イングランドの旗 DF アレックス・バプティスト (ブラックバーン)
20 イングランドの旗 DF ジョー・ライリー (オックスフォード)
No. Pos. 選手名
33 イングランドの旗 DF ヘイデン・ホワイト (カーライル)
35 アイルランド共和国の旗 FW コナー・ウィルキンソン (オールダム)

14/15移籍[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

エンブレム[編集]

ユニフォームの白・紺は1888年以来。エンブレムは1923年から使い始め、最初はボルトンの市章を簡略にしたランカシャーバラのモチーフだった。1951年から紺色のと黄文字のBWが加わった。その後一時エンブレムを用いない期間もあったが、1975年から赤いBWFCの4字を丸くあしらう現在に近いエンブレムを使い始めた。2001年のプレミアリーグ再昇格を期に、4文字が紺色になり、その下に赤と紺のリボンを配するデザインとなった。リボンは2000年FAカップ準決勝に向かうサポーターの歓喜を表すと公式に説明されたが、スポンサーのリーボックに配慮したとの説もある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e エンブレムの世界 ボルトン『サッカーマガジン』2012年2月28日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23884-2/28, 055頁。

外部リンク[編集]

公式
ニュース
その他