セビージャFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セビージャFC
原語表記 Sevilla Fútbol Club
愛称 Sevillistas(セビジスタス)、
Los Rojiblancos(赤と白)、
Los nervionenses、
Los palanganas(ほら吹き)、
Los mojinos escocio
クラブカラー 赤と白
創設年 1905年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン プリメーラ・ディビシオン
ホームタウン セビリア
ホームスタジアム エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアン
収容人数 45,500
代表者 スペインの旗 ホセ・マリア・デル・ニド
監督 スペインの旗 ウナイ・エメリ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

セビージャFC(セビージャ・エフシー、セビージャ・エフェセ、Sevilla Fútbol Club[1]は、スペインアンダルシア州セビリアに本拠地を置くサッカークラブチーム。2012-13シーズンはリーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオンに所属している。

1905年10月14日に設立された。リーガ・エスパニョーラで優勝1度、コパ・デル・レイで優勝5度、スーペルコパ・デ・エスパーニャで優勝1度、UEFAカップで優勝2度を誇り、スペインでもっとも成功を収めたクラブのひとつである。セビージャFCのサポーターはセビジッタと呼ばれ、富裕層を中心にファンが多いとされる。同じセビリアを本拠地とし、労働者階級に強い支持基盤を持つレアル・ベティスとの対戦はセビリア・ダービーと呼ばれ、スペインで最も熱いダービーと言われている[2]

歴史[編集]

20世紀前半[編集]

1905年、セビージャ市の統治者はセビージャFCの設立を発表し、初代会長にはD・ホセ・ルイス・ガジェゴスが就任した。1908年にはレクレアティーボ・ウェルバとの間でスペイン初の公式戦が行われた。1914年にはコパ・デ・セビージャで優勝した。1935年のコパ・デル・レイ(当時はコパ・デル・プレジデンテと呼ばれていた)では決勝でCEサバデルを3-0で破って優勝した。スペイン内戦後の1938-39シーズンには、決勝でラシン・フェロルを6-2で破って2度目のコパ・デル・レイ(当時はコパ・デル・ヘネラリシモと呼ばれていた)制覇を果たした。スペイン内戦後初のリーグ戦となった1939-40シーズンにはかなりリーグ優勝に近づき、FCバルセロナに11-1で、バレンシアCFに10-3で、エルクレスCFに8-3で勝利するなど驚くべき勝利をいくつも挙げたが、エルクレスCFとのシーズン最終戦は3-3の引き分けに終わり、アトレティコ・アビアシオンに優勝をさらわれた。1942-43シーズンには再びリーグ2位となり、1943-44シーズンには3位となった。1945-46シーズンには初のプリメーラ・ディビシオン(1部)優勝を果たした。1947-48シーズンのコパ・デル・レイ決勝ではセルタ・デ・ビーゴを4-1で破って3度目の優勝を遂げた。

20世紀後半[編集]

1958年にはエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンが完成し、レアル・ハエン戦(3-3)で幕を開けた。1960年代はプリメーラ・ディビシオン中位に低迷し、1968-69シーズン終了後にはセグンダ・ディビシオン(2部)に降格したが、1年でプリメーラ・ディビシオン復帰を果たした[3][4]

1970年代初頭には再びセグンダ・ディビシオンに降格した。1990年代にはプリメーラ・ディビシオン中位に確固たるポジションを築いたが、1997-98シーズンにセグンダ・ディビシオン降格となった[5]。再び昇格したものの、1999-2000シーズンはわずか勝ち点28しか挙げられず、最下位でセグンダ・ディビシオン降格となった[6]

2000年代の巻き返し[編集]

2000年夏に就任したホアキン・カパロス監督の下、2000-01シーズンにはセグンダ・ディビシオンで優勝した[7]。2002年に就任した弁護士出身のホセ・マリア・デル・ニド新会長はクラブの財政を整理し、強化担当のモンチスポーツ・ディレクターの辣腕もあって強豪クラブへの道を歩み出すことになった。移籍金が安いが実力のある良質な選手をスカウトし、自らの下部組織で育成した将来有望な若手選手と組み合わせることによって、ビッグクラブほど資金をかけずにビッグクラブに対抗できる強力なチームを作り上げることに成功。2004年1月にはクラブ生え抜きのスター選手であるMFホセ・アントニオ・レジェスアーセナルFCに売却して移籍金1050万ポンドを得て[8]、2005年夏にはやはり生え抜きのセルヒオ・ラモスレアル・マドリードに売却して移籍金2700万ユーロを得た。

2003-04シーズンは20年以上ぶりにコパ・デル・レイで準決勝に進出した(準決勝ではレアル・マドリードに1-2で敗れた)だけでなく、リーグ戦では6位となってUEFAカップ出場権を獲得した[9]。2004-05シーズンも6位となってUEFAカップ出場権を維持した。

2005-06シーズン

2005年夏にはカパロス監督が退任してファンデ・ラモス監督が就任し、バレンシアCFからGKアンドレス・パロップを、AFCアヤックスからDFジュリアン・エスキュデを、FCバルセロナからFWハビエル・サビオラを、FCポルトからFWルイス・ファビアーノを、トッテナム・ホットスパーFCからFWフレデリック・カヌーテを獲得するなど大量補強を行った。UEFAカップでは1回戦、グループリーグと順調に勝ち上がり、ラウンド32ではロシアのFCロコモティフ・モスクワを倒してラウンド16に進出した[10]LOSCリール・メトロポールと対戦したラウンド16ではファーストレグを0-1で落としたが[11]、クラブの欧州カップ戦50試合目となったセカンドレグは2-0で勝利し、準々決勝に進出した[12]。準々決勝ではロシアのゼニト・サンクトペテルブルクと対戦し、2試合合計5-2で勝ちぬけた[13]。準決勝のシャルケ04戦は2試合180分を終えて0-0であったが、延長戦でDFアントニオ・プエルタが決勝点を決めた。この得点はファンの間で「生き返った得点」(el gol que nos cambió la vida)と呼ばれ、セビージャFCは欧州カップ戦で初めて決勝に進出した[14]アイントホーフェンで行われた決勝ではイングランドのミドルズブラFCを4-0で下し、58年ぶりにタイトルを獲得するとともに、アンダルシアのクラブで初めて欧州カップ戦を制した。4点差は歴代のUEFAカップ決勝で最大の得点差だった。L・ファビアーノが1得点、MFエンツォ・マレスカが2得点、カヌーテが1得点を決めた[15]。特にホームでは無類の強さを誇り、2006年12月14日にAZアルクマールに敗れるまで欧州カップ戦では27戦無敗を続けた。2005-06シーズンはリーグ戦で5位となり、再びUEFAカップ1回戦の出場権を獲得した。

2006-07シーズン

UEFAカップ優勝でUEFAスーパーカップの出場権を得て、2006年8月にはUEFAチャンピオンズリーグ王者のFCバルセロナと対戦した。スタッド・ルイ・ドゥで行われた試合はMFレナトが序盤に先制し、後半にはカヌーテとマレスカ(PK)が追加点を決めて3-0で快勝した[16]。2006-07シーズンのUEFAカップでは1回戦でギリシャのアトロミトスFCを倒し、グループリーグでは5クラブ中2位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントではルーマニアのFCステアウア・ブカレスト、ウクライナのFCシャフタール・ドネツク、イングランドのトッテナム・ホットスパーFC、スペインのCAオサスナを下し、2シーズン連続で決勝に進出した。FCシャフタール・ドネツク戦は絶体絶命であったが、セカンドレグの試合終了間際にゴールキーパーのパロップがヘディングシュートを決め、2試合合計で5-4と上回って勝ち抜けを決めている[17]グラスゴーで行われた決勝ではスペインのRCDエスパニョールと対戦し、PK戦の末に勝利して大会2連覇を果たした[18]。2連覇を果たしたのはレアル・マドリード(1984-85シーズンと1985-86シーズンに優勝)以来2クラブ目であった。同シーズンのコパ・デル・レイでも決勝に進出し、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われた決勝のヘタフェCF戦(1-0)ではカヌーテが決勝点を決めて4度目のタイトルを獲得した。リーグ戦ではレアル・マドリードやFCバルセロナと最終節まで優勝争いを繰り広げ、最終的には3位に終わったものの、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

2007-08シーズン

2007年8月、スーペルコパ・デ・エスパーニャでリーグ王者のレアル・マドリードに勝利した。ホームでのファーストレグはL・ファビアーノの得点を守りきって1-0で勝利し、アウェーでのセカンドレグではレナトの2得点、カヌーテの3得点で5-3と乱打戦を制した。2試合合計6-3で勝利し、2005-06シーズン以来5個目のタイトルを獲得した。8月25日、リーグ開幕戦のヘタフェCF戦の試合中にプエルタが意識を失って倒れた。DFイヴィツァ・ドラグティノヴィッチやパロップ、メディカルスタッフが駆け寄り、プエルタが舌を詰まらせないようにすると、彼は息を吹き返して途中交代した。しかしその後、控室で再び倒れて病院に運ばれたが、3日後の28日に帰らぬ人となるという悲しい出来事があった。8月31日のUEFAスーパーカップではセビージャFC、ACミランの選手すべてがプエルタの顔をデザインしたシャツを着てプエルタの死を忍んだ。この試合はACミランが3-1で勝利したが[19]、悲しみに耐えるセビージャFCを尊重してACミランの選手たちはゴール後も歓声を上げず、ACミランの勝利はプエルタに捧げられた。セビージャFCはプエルタの背番号16を永久欠番にする予定だったが、スペインサッカー連盟(REEF)の規則で1から25までの背番号は登録選手に割り当てなければならなかったことから、プエルタの親友であったダビド・プリエトが背番号16を受け継いだ。2007-08シーズンのすべてのリーグ戦で試合前に1分間の黙祷をささげ、すべてのホーム戦では背番号と同じ16分に拍手が捧げられた[20][21]。2009-10シーズンよりディエゴ・カペルが背番号16を受け継ぎ、2011-12シーズンはホセ・カンパーニャが着けている。

10月26日にはファンデ・ラモス監督が突然辞任し、3600万ユーロ(2500万ポンド)という高額の報酬でイングランドのトッテナム・ホットスパーFCに引き抜かれた。フィットネスコーチのマルコス・アルバレスも辞任し、リザーブチームのセビージャ・アトレティコを率いていたマノロ・ヒメネスがトップチームの監督に就任した[22]

2009-10シーズン

2009-10シーズンのコパ・デル・レイではラウンド16でFCバルセロナ(2-2、アウェイゴールの差で勝利)、準々決勝でデポルティーボ・ラ・コルーニャ(3-1)、準決勝でヘタフェCF(2-1)を破って決勝に進出した。アトレティコ・マドリードとの対戦となった決勝はMFディエゴ・カペルとMFヘスス・ナバスの得点で2-0で勝利し、3シーズンぶり5度目の優勝を飾った。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるFCバルセロナは2008-09シーズンにコパ・デル・レイ、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成し、2009-10シーズンにはスーペルコパ・デ・エスパーニャ、FIFAクラブワールドカップの2冠を達成しており、グアルディオラ就任後初めてタイトルを獲得できなかったのがセビージャFCに敗れたコパ・デル・レイであった。

2010-11シーズン

2010年8月にはスーペルコパ・デ・エスパーニャでFCバルセロナと対戦した。ファーストレグは3-1で勝利したが、セカンドレグは0-4で敗れ、2度目のスーペルコパ制覇はならなかった。

クラブ情報[編集]

組織[編集]

クラブは株式を保持するサポーターに所有されている。スペインでも屈指の充実した下部組織を擁することで知られ、2000年代だけでもホセ・アントニオ・レジェスセルヒオ・ラモスヘスス・ナバスアントニオ・プエルタディエゴ・カペルなどのスペイン代表選手を輩出した。スペインのサッカークラブで初めてセビージャFCラジオという自前のラジオ局を開設しており、さらにSFC TVという自前のテレビチャンネルも持っている。

スタジアム[編集]

エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスファン

セビージャFCのホームスタジアムはかつての会長であるラモン・サンチェス・ピスファンから名付けられている。セビージャ市の東部にあるネルビオン地区に位置しており、45,500人を収容する。1958年9月7日にレアル・ハエンとの間で初試合が行われた[23]。スペインで開催された1982 FIFAワールドカップでは、グループリーグのブラジルソビエト連邦戦、準決勝の西ドイツフランス戦の2試合が行われた[23]。1986年にはUEFAチャンピオンズカップ決勝のFCステアウア・ブカレストFCバルセロナ戦が行われた[23]。1974年の70,000人を最高として、何回か収容人数の削減が行われているが、1990年代の全席固定席化完了によって、現在は45,500人収容のスタジアムとなっている[23]

ユニフォーム[編集]

伝統的にホームでは赤い縞模様を袖に入れた白いシャツと黒いソックスを着用し、アウェーでは白い縞模様を袖に入れた赤いシャツを着用する。現在のユニフォームは中国のアパレルメーカーであるLi Ningによって製造されている。

サポーター集団[編集]

スタジアムの北側に陣取るビリス(Biris)と呼ばれるサポーター集団がある。アルハジ・モルモド・ニジェの名前に由来しており、ビリ=ビリ(Biri-Biri)という愛称がある[24]。アルハジは激しさと気まぐれさが特徴のガンビア出身の選手で、黒人にもかかわらずセビージャFCのサポーターにとても人気があった。彼らはスペイン最古のサポーター集団でもある。 しかし2012年7月、デル・ニド会長はビリスのサンチェス・ピスファンからの追放を決定した[25]。近年相次いでいた乱闘や暴力行為に対する処分と見られ、現在はチケット購入やスタジアム入場の際に多くの規制を設けている。これに対しビリスは今回の決定とデル・ニド会長を批判、2012-13シーズンの開幕戦ではスタジアムの外から応援することでクラブへの抗議を示した。

下部組織・提携クラブ[編集]

リザーブチームとしてセビージャ・アトレティコがあり、2011-12シーズンはセグンダ・ディビシオンB(3部)に所属している。プエルトリコにはセビージャFCという同名のクラブが本体の傘下に置かれている。

ライバル[編集]

1909年、セビージャFCの首脳陣の中で意見対立が起こり、それが元で1914年にレアル・ベティスが設立された。1915年10月8日、初のセビージャ・ダービーが開催され、セビージャFCが4-3で勝利した[24]。1916年にはコパ・アンダルシアの第1回大会で再び顔を合わせ、やはりセビージャFCが勝利している[24]。セビージャFCはセビージャ市の東にあるエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスファンに本拠地を置き、レアル・ベティスはセビージャ市の南にあるエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに本拠地を置いている。両者のライバル意識はセビージャ市を二分しており、スペインでもっとも過激でもっとも重要なダービーのひとつであるとみなされている。

過去のダービーでは様々な事件が起こっている。2002年10月6日にエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスファンで行われたダービーでは、警備員と口論となったセビージャFCのサポーターが他のサポーターに借りた松葉杖で警備員に殴りかかった。さらにセビージャFCのサポーターがベティスのゴールキーパーのトニ・プラッツを襲撃しようとしたために試合は中断された[26]

2007年2月28日にエスタディオ・マヌエル・ルイス・デ・ロペーラで行われたコパ・デル・レイ準々決勝は、ベティスのサポーターがふさわしくない振る舞いをしたとして中断延期された。60分にベティスのサポーターがセビージャFCのファンデ・ラモス監督に中身の入ったペットボトルを投げつけ、それが直撃してファンデ・ラモス監督は倒れた[27][28]。監督はすぐに救急車で病院に運ばれて一晩入院したが、大事には至らずに済んだ[29]。恥じるべきサポーターの行いに対する処置として、スペインサッカー協会はベティスに対してホーム戦3試合を本拠地以外で行うように命じた。セビージャFCは自動的に勝ちぬけとなり、マドリードで行われた決勝でヘタフェCFを1-0で下して優勝した。

2008-09シーズン、ベティスは13年ぶりにアウェーでセビージャFCを下したが[24]、そのシーズンのセビージャFCはリーグ戦で3位に躍進してUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、ベティスは18位でセグンダ・ディビシオン(2部)降格となったが、2011-12シーズンに、ベティスは1部に復帰している。

近年の試合一覧[編集]

通算成績[編集]

2011-12シーズン開幕時点
大会 レアル・ベティス勝利 引き分け セビージャFC勝利
プリメーラ・ディビシオン 28 18 38
セグンダ・ディビシオン 4 4 6
コパ・デル・レイ 4 5 7
通算 36 27 51

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

リーガ・エスパニョーラが初開催される前にアンダルシア州選手権で17度優勝し、セビージャ市選手権で2度優勝している。

国際タイトル[編集]

成績[編集]

近年の成績[編集]

シーズン ディビジョン 順位 試合 勝利 引分 敗北 得点 失点 勝ち点 国王杯 欧州カップ戦 備考
1996-97 プリメーラ 20 42 12 7 23 50 69 43 3回戦敗退 降格
1997-98 セグンダ 7 38 12 17 9 44 31 53 1回戦敗退
1998-99 セグンダ 4 38 16 13 9 49 38 61 ベスト32 昇格
1999-2000 プリメーラ 20 38 5 13 20 42 67 28 降格
2000-01 セグンダ 1 38 14 8 16 46 44 50 ベスト64 昇格
2001-02 プリメーラ 8 38 14 11 13 51 40 53 ベスト64
2002-03 プリメーラ 10 38 13 11 14 38 39 50 準々決勝敗退
2003-04 プリメーラ 6 38 15 10 13 56 45 55 準決勝敗退
2004-05 プリメーラ 6 38 17 9 12 44 41 60 準々決勝敗退 UEFAカップ ベスト16
2005-06 プリメーラ 5 38 20 8 10 54 39 68 ベスト16 UEFAカップ 優勝
2006-07 プリメーラ 3 38 21 8 9 64 35 71 優勝 UEFAカップ
USC
優勝
優勝
2007-08 プリメーラ 5 38 20 4 14 75 49 64 ベスト16 CL ベスト16 SCE優勝
USC 準優勝
2008-09 プリメーラ 3 38 21 7 10 54 39 70 準決勝敗退 UEFAカップ グループステージ敗退
2009-10 プリメーラ 4 38 19 6 13 65 49 63 優勝 CL ベスト16
2010-11 プリメーラ 5 38 17 7 14 62 61 58 準決勝敗退 CL
EL
プレーオフ敗退
ベスト32
SCE準優勝
2011-12 プリメーラ 9 38 13 11 14 48 47 50 ベスト16 EL プレーオフ敗退
2012-13 プリメーラ 9 38 14 8 16 58 54 50 準決勝敗退
1位/優勝 2位/準優勝 3位/ベスト4 昇格 降格

欧州カップ戦での戦績[編集]

UEFAスーパーカップ
相手 スコア
モナコの旗 2006 スペインの旗 FCバルセロナ 0-3
モナコの旗 2007 イタリアの旗 ACミラン 3-1

現所属メンバー[編集]

2014年2月5日現在
No. Pos. 選手名
1 スペインの旗 GK ハビ・バラス
2 アルゼンチンの旗 DF フェデリコ・ファシオ (Flag of Italy.svg)
3 スペインの旗 DF フェルナンド・ナバーロ
5 ポルトガルの旗 DF ジオゴ・フィゲイラス
6 ポルトガルの旗 DF ダニエル・カリーソ
7 ドイツの旗 MF マルコ・マリン (Flag of Bosnia and Herzegovina.svg)
8 ウルグアイの旗 MF セバスティアン・クリストフォロ (Flag of Italy.svg)
9 コロンビアの旗 FW カルロス・バッカ
11 クロアチアの旗 MF イヴァン・ラキティッチ(Captain sports.svg) (Flag of Switzerland.svg)
12 スペインの旗 MF ビセンテ・イボーラ
13 ポルトガルの旗 GK ベト
14 スペインの旗 DF アルベルト・モレノ
15 ドイツの旗 MF ピオトル・トロヒョウスキ (Flag of Poland.svg)
No. Pos. 選手名
16 ロシアの旗 DF デニス・チェリシェフ (Flag of Spain.svg)
17 スペインの旗 MF ハイロ・サンペリオ
18 フランスの旗 FW ケヴィン・ガメイロ (Flag of Portugal.svg)
19 スペインの旗 MF ホセ・アントニオ・レジェス
20 スペインの旗 FW ビトーロ
21 アルゼンチンの旗 DF ニコラス・パレハ (Flag of Italy.svg)
22 カメルーンの旗 MF ステファーヌ・エムビア (Flag of France.svg)
23 スペインの旗 DF コケ
24 ブラジルの旗 DF シシーニョ
28 スペインの旗 DF モイ
30 スペインの旗 DF イスラエル・プエルト
33 スペインの旗 DF カルロス・フェルナンデス

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍中の選手[編集]

in

No. Pos. 選手名
6 ポルトガルの旗 DF ダニエル・カリーソ (レディング)
7 ドイツの旗 MF マルコ・マリン (チェルシー)
16 ロシアの旗 DF デニス・チェリシェフ (レアル・マドリード)
No. Pos. 選手名
21 アルゼンチンの旗 DF ニコラス・パレハ (スパルタク・モスクワ)
22 カメルーンの旗 MF ステファーヌ・エムビア (QPR)

out

No. Pos. 選手名
-- アルゼンチンの旗 MF ディエゴ・ペロッティ (ボカ・ジュニアーズ)
-- スペインの旗 GK フリアン (アルメリア)
-- スペインの旗 DF アルベルト・ボティア (エルチェ)
-- イタリアの旗 MF ティベリオ・グアレンテ (キエーヴォ)
-- スペインの旗 MF ハビ・エルバス (エルクレス)
-- ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 MF ミロスラフ・ステヴァノヴィッチ (アラベス)
No. Pos. 選手名
-- スペインの旗 FW アレックス・ルビオ (オモニア)
-- チリの旗 FW ブライアン・ラベージョ (デポルティーボ)
-- スペインの旗 FW マヌ・デル・モラル (エルチェ)
-- セネガルの旗 FW ババ・ディアワラ (レバンテ)
-- ルーマニアの旗 FW ラウル・ルセスク (ブラガ)

12/13移籍[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 日本においては「セビリア」という都市名が浸透しているが、チーム名としては「セビージャ」が浸透している。詳細はセビリア#発音・表記を参照
  2. ^ 日本ではアンダルシア・ダービーと呼ばれることも多い
  3. ^ Historia de la Liga – 1967/68”. セビージャFC公式サイト. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月24日閲覧。
  4. ^ Historia de la Liga – 1968/69”. セビージャFC公式サイト. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月24日閲覧。
  5. ^ Historia de la Liga – 1997/98”. セビージャFC公式サイト. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月24日閲覧。
  6. ^ Historia de la Liga – 1999/2000”. セビージャFC公式サイト. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月24日閲覧。
  7. ^ Historia de la Liga – 2000/01”. セビージャFC公式サイト. 2007年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月24日閲覧。
  8. ^ Fletcher, Paul (2007年7月20日). “Spanish trio hoping to sign Reyes”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/a/arsenal/6221686.stm 2007年8月24日閲覧。 
  9. ^ Historia de la Liga – 2003/04”. セビージャFC公式サイト. 2007年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月24日閲覧。
  10. ^ “Sevilla glide past Lokomotiv”. UEFA.com. (2006年2月23日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2005/round=2210/match=82432/index.html 2007年8月22日閲覧。 
  11. ^ “Blunder hands Lille the advantage”. UEFA.com. (2006年3月9日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2005/round=2211/match=83824/index.html 2007年8月22日閲覧。 
  12. ^ “Sevilla leave Lille hopes in ruins”. UEFA.com. (2006年3月15日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2005/round=2211/match=83825/index.html 2007年8月22日閲覧。 
  13. ^ “Kepa cameo seals Sevilla passage”. UEFA.com. (2006年4月6日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2005/round=2212/match=84041/index.html 2007年8月22日閲覧。 
  14. ^ “Puerta sends Sevilla through”. UEFA.com. (2006年4月27日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2005/round=2213/match=84076/index.html 2007年8月22日閲覧。 
  15. ^ “Sevilla run away with the trophy”. UEFA.com. (2006年5月10日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2005/round=2214/match=84102/index.html 2007年8月22日閲覧。 
  16. ^ “Sevilla win big in Monaco”. UEFA.com. (2006年8月25日). http://www.uefa.com/competitions/supercup/fixturesresults/round=2378/match=84343/report=rp.html 2007年8月22日閲覧。 
  17. ^ “Sevilla saved by last gasp Palop”. UEFA.com. (2007年3月15日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/fixturesresults/round=2367/match=300520/report=rp.html 2007年8月22日閲覧。 
  18. ^ Espanyol – Sevilla  : 3–5 Match report from ScoresPro.com
  19. ^ AC Milan – Sevilla  : 3–1 Match report from ScoresPro.com
  20. ^ “Sevilla star dies after collapse”. CNN. (2007年8月28日). http://edition.cnn.com/2007/SPORT/football/08/28/spain.critical.reut/ 2007年8月30日閲覧。  [リンク切れ]
  21. ^ “Sevilla midfielder Puerta dies”. Guardian Unlimited. (2007年8月28日). http://football.guardian.co.uk/europeanfootball/story/0,,2157667,00.html?gusrc=rss&feed=networkfront 2007年8月30日閲覧。 
  22. ^ “Ramos quits Sevilla to join Spurs”. BBC. (2007年10月27日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/t/tottenham_hotspur/7064928.stm 2007年10月27日閲覧。 
  23. ^ a b c d “Estadio Ramón Sánchez Pizjuán”. The Stadium Guide.com. http://www.stadiumguide.com/ramonsanchez/ 2012年8月11日閲覧。 
  24. ^ a b c d “Sevilla FC - Real Betis Balompie: a century of football rivalry”. andalucia.com. http://www.andalucia.com/sports/football/sevillafc-realbetis.htm 2012年8月11日閲覧。 
  25. ^ “セビージャ会長、過激ウルトラスを追放へ”. Goal.com. (2012年7月15日). http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2012/07/15/3243457/%E3%82%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E4%BC%9A%E9%95%B7%E9%81%8E%E6%BF%80%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%92%E8%BF%BD%E6%94%BE%E3%81%B8 2012年9月24日閲覧。 
  26. ^ “Cinco detenidos tras el Sevilla-Betis”. El Mundo. (2002年10月7日). http://www.elmundo.es/elmundodeporte/2002/10/07/liga/1034016536.html 2010年4月27日閲覧。 
  27. ^ “ラモス監督負傷でダービーが延期”. UEFA.com. (2007年2月28日). http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=511651.html 2012年8月11日閲覧。 
  28. ^ “試練の1週間を迎えるバルサ”. UEFA.com. (2007年3月2日). http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=512162.html 2012年8月11日閲覧。 
  29. ^ “ペットボトル直撃のフアンデ・ラモス監督、無事退院へ”. livedoorスポーツ. (2007年3月2日). http://news.livedoor.com/article/detail/3054350/ 2012年8月11日閲覧。 

外部リンク[編集]