エルンスト・ハッペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・ハッペル Football pictogram.svg
Ernst Happel 1978.jpg
名前
ラテン文字 Ernst HAPPEL
基本情報
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
生年月日 1925年11月29日
出身地 ウィーン
没年月日 1992年11月14日(満66歳没)
選手情報
ポジション DF
代表歴
1947-1958 オーストリアの旗 オーストリア 51 (5)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エルンスト・ハッペルErnst Happel1925年11月29日 - 1992年11月14日)は、オーストリアサッカー選手、サッカー指導者。オーストリア・サッカーの歴史上最も偉大な監督と言われている。[要出典]

選手として[編集]

オーストリア代表として51試合に出場。1954年FIFAワールドカップ・スイス大会では3位に入る。

クラブレベルでは1943年から1954年1956年から1959年まで14年間SKラピード・ウィーンでプレーし、7回のオーストリアリーグ優勝を勝ち取った。間の2年間はフランスラシン・パリの選手としてプレーした。

監督として[編集]

現役引退後のハッペルはサッカー指導者の道に進んだ。1962年、最初に率いたクラブであるADOデン・ハーグでは1968年のオランダカップを獲得。 デン・ハーグの後にフェイエノールトの監督に就任。ここでは1970年UEFAチャンピオンズカップインテーコンチネンタルカップ1971年エールディヴィジに優勝した。

1978年FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会では、オランダ代表の監督として、準優勝に導く。

その後、セビージャFCクラブ・ブルッヘハンブルガーSVなどの監督を歴任。 フェイエノールトでチャンピオンズカップを制した13年後の1983年には、ハンブルガーSVで再びチャンピオンズカップを獲得した。オットマー・ヒッツフェルトジョゼ・モウリーニョユップ・ハインケスを除き、異なる二つのクラブでチャンピオンズカップを獲得した唯一の監督となった。

1987年FCヴァッカー・インスブルックの監督としてオーストリアに戻り、1992年にオーストリア代表の監督になる前に2度オーストリア・ブンデスリーガにて優勝した(1989年1990年)。

1992年、66歳で癌のため死亡した。彼の死後、オーストリアの最も大きなサッカー競技場であるウィーンのプラターシュタディオンは、エルンスト・ハッペル・シュタディオンへと改名された。

ヨーロッパの監督として初めて「プレッシング」の戦術を開発し、オフサイドトラップゾーンプレスなど当時としては最先端の戦術を次々とチームに導入。後に有名になるオランダトータルフットボールの基礎を既に1960年代前半に作り上げていた事で「モダン戦術の発案者」として知られている。「トータルフットボール」で世界的に有名になったリヌス・ミケルスもエルンスト・ハッペルを尊敬していたと発言している。 ハッペルは世界トップレベルの指導者として多くのタイトルを獲得しただけではなく、ヨーロッパのサッカー界に多大な影響を与えた。ハンブルガーSVでハッペルの中心選手でもあったフェリックス・マガトは「ハッペル監督の下では30年先のサッカーをしていた」と発言している。[要出典]

優勝回数と同じように準優勝の回数も多いが、これはハッペルが自らのフィロソフィーに基づき攻撃的なサッカーを展開し、結果を求めるために守備的なサッカーにシフトチェンジしなかった証拠とされている。[要出典]

選手経歴[編集]

監督経歴[編集]

獲得タイトル(監督として)[編集]

外部リンク[編集]