エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ
Estadio Santiago Bernabéu
"El Bernabéu"

Santiagobernabeupanoramav3.jpg

エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウの位置(マドリード内)
エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ
マドリード市内の位置
施設情報
所在地 Avenida de Concha Espina 1,
E28036 - Madrid, Spain
位置 北緯40度27分10.66秒
西経3度41分18.00秒
座標: 北緯40度27分10.66秒 西経3度41分18.00秒
起工 1944年10月27日
開場 1947年12月14日
修繕 1982年2001年
拡張 1953年1992年1994年2011年
所有者 レアル・マドリード
運用者 レアル・マドリード
グラウンド デッソ・グラスマスター
ピッチサイズ 107 x 72 m
設計者 Manuel Muñoz Monasterio
Luis Alemany Soler
Antonio Lamela (Expansion)
旧称
Nuevo Estadio Chamartín
使用チーム、大会
レアル・マドリードリーガ・エスパニョーラ
収容能力
81,044人

エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウEstadio Santiago Bernabéuスペイン語発音: [esˈtaðjo sanˈtjaɣo βernaˈβeu] エスディオ・サンティアゴ・ベルナウ)は、スペインマドリードにあるサッカー専用スタジアムでリーガ・エスパニョーラに所属するレアル・マドリードのホームスタジアム。開場は1947年12月14日。収容人数81,044人[1]

マドリード地下鉄10号線には「サンティアゴ・ベルナベウ駅」があり、スタジアムに行く際はこの駅で下車をすると良い。駅はビジネス街の中心に位置している。

歴史[編集]

スペイン内戦によってエスタディオ・チャマルティンが崩壊。1947年12月14日にスタジアムは「ヌエボ・エスタディオ・チャマルティン(Nuevo Estadio Chamartín)」として新しく生まれ変わり、CFベレネンセスと記念試合を行った。そして1955年1月4日1943年から1978年までレアル・マドリードの会長を務めクラブの黄金期を築き上げた、当時の会長サンティアゴ・ベルナベウに因んで改名された。この新スタジアム建設計画を推し進めたのも彼であった。

建設当初は27,645人分のシートに47,500人が立ち見可能なスタジアムであった。その後1953年の拡張工事により一時は120,000人を収容していたが、UEFA主催大会での立見席禁止などの規定により、収容人数が減少した。

1982年スペインワールドカップの決勝戦でも使用された。またUEFAが定めた5つ星スタジアムのうちの一つで、1956-57、1968-69、1979-80シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(当時チャンピオンズカップ)の決勝会場になった。また、2009-10シーズンの決勝会場(4度目)でもある。特に2シーズン目を迎えたチャンピオンズカップ1956-1957シーズンは、レアル・マドリードが決勝に進出し、ホームの観客の前で優勝を飾った。

1992年から約2年をかけてエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウの改修を行い、この改修費用は50億ペセタを超えた。

2007年2月5日にレアル・マドリードのこのスタジアムにおけるホームでのリーグ戦通算1000試合が行われたが、0-1でレバンテに敗れた。

2014年2月には、総工費およそ600億円とする改修計画が発表され、開閉式の屋根の設置や東側スタンドを増設し約90,000席とするほか、ショッピングモールやホテルなども建設し、より近代的な多目的施設へと変化を遂げる。完成予定は2017年。

その他[編集]

  • トップチームのロッカールームには、クラブの守り神として1910年代に所属したソテロ・アラングレンアルベルト・マチンバレナの銅像が置かれている[2]
  • 古くからのファンの中には現在もエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウを「チャマルティン・スタジアム」と呼ぶ人も少なくなく、ベルナベウ自身も改名された後もチャマルティン・スタジアムと呼んでいた[3]

ギャラリー[編集]

Panorama of the stadium
スタジアムのパノラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ メッツエルダー、ベルナベウに別れ Real Madrid C.F.、2010年5月9日
  3. ^ フィル・ボール 『レアル・マドリー ディ・ステファノからベッカムまで』 野間けい子、ネコ・パブリッシング2004年ISBN 978-4777050369

外部リンク[編集]


先代:
スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
ローマ
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2010
次代:
ウェンブリー・スタジアム
ロンドン