レアル・マドリード・カスティージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レアル・マドリード・カスティージャ
原語表記 Real Madrid Castilla Club de Fútbol
愛称 Castilla
クラブカラー
創設年 1930年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン セグンダ・ディビシオン
ホームタウン マドリード
ホームスタジアム アルフレッド・ディ・ステファノ
収容人数 6500
代表者 スペインの旗 ニコラス・マルティン=サンス
監督 スペインの旗 ホセ・マヌエル・ディアス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

レアル・マドリード・カスティージャReal Madrid Castilla Club de Fútbol)は、レアル・マドリードのBチームである。現在、リーガ・エスパニョーラセグンダ・ディビシオンに所属している。

レアル・マドリードのカンテラの選手達が所属しており、ここからトップチーム昇格を目指している。

スター選手が名を連ねるレアル・マドリードにおいて、カスティージャの選手達にはトップチームで出場機会さえ与えられないことも多い。その上トップチーム定着となると狭き門といわざるを得ない。そのため、リーガ・エスパニョーラの1部、2部の多くのクラブにカスティージャ出身の選手達が流出しており、移籍先で中心メンバーとして活躍するケースも多々見られる。かつてトップチームの黄金期を支え、現在は名誉会長となっているアルフレッド・ディ・ステファノはこの現状を「自分たちは雌鶏を持っている。しかし卵を外へ買いに行く」と嘆いた[1]

銀河系」時代は終焉を迎え、若手路線に徐々に切り替わりつつあるが、国外の有望な若手選手を獲得するなど、カスティージャの選手達にとって厳しい時代は続くようだ。しかし近年は移籍時に買戻しオプションを付与して1部、2部のクラブ(マドリードにあるヘタフェCFなどが多い)に放出して経験を積ませる政策をとっている。

クラブの歴史[編集]

エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ

ADプルス・ウルトラ[編集]

レアル・マドリード・カスティージャの歴史は、1948年に「アグルパシオン・デポルティーバ・プルス・ウルトラ, "AD プルス・ウルトラ"(Agrupación Deportiva Plus Ultra, "AD Plus Ultra")」というテルセーラ・ディビシオン所属の地元アマチュアチームが、レアル・マドリードの選手育成について合意したことから始まった。チームは元々1930年に創設され、チーム名をスペインの国家標語からとった。レアル・マドリードはADプルス・ウルトラに対し経済援助を行い、見返りにチームに在籍している最高の選手たちの第一先買権を得た。チームは1949年セグンダ・ディビシオンに昇格し、1952年に正式にレアル・マドリードのBチームとなった。1954年、ADプルス・ウルトラはスペインU-19カップ決勝でエスパニョールを破り優勝。1959年にはコパ・デル・レイ準々決勝でグラナダCFに敗戦した。

1950年代1960年代には、サラガマテオスマルサルカサードビジャビダルセレーナグロッソなどの未来のレアル・マドリードの選手たち、スペイン代表選手たちがADプルス・ウルトラでプレーしていた。またルイス・アラゴネスも短期間ながら在籍し、ミゲル・ムニョスはこのチームで監督のキャリアをスタートさせた。1972年、ADプルス・ウルトラと同名の保険会社が破産したため、チームは「カスティージャCFCastilla CF)」と名称を変え、新しくレアル・マドリードのBチームとなった。

カスティージャCF[編集]

名称がカスティージャCFとなってから、チームは黄金時代を迎えることとなった。この時代、チームにはアグスティンガジェゴピネダが在籍し、1979-1980シーズンのコパ・デル・レイの決勝に進出した。カスティージャCFはトーナメントで、エルクレスCFアスレティック・ビルバオレアル・ソシエダスポルティング・デ・ヒホンという四つのプリメーラ・ディビシオン所属チームを破る快進撃を見せた。ちなみにソシエダとスポルティングはこのシーズンにプリメーラでそれぞれ2位と3位になっている。決勝ではカスティージャCFのトップチームであるレアル・マドリードと対戦し、6-1と大敗、準優勝に終わった。しかしレアル・マドリードがリーガで優勝したため、カスティージャCFはUEFAカップウィナーズカップの出場権を得る。翌シーズンのカップウィナーズカップ1回戦ではウェストハムと対戦。サンティアゴ・ベルナベウで行われた1st legは3-1で勝ったものの、2nd legでは5-1で敗戦し、トーナメントから姿を消した。カスティージャCFは1984年1986年1988年のコパ・デル・レイで準々決勝に進出した。

1984年アマンシオ・アマロ監督の下、カスティージャCFはセグンダ・ディビシオン優勝を果たした。チームでは「キンタ・デル・ブイトレ(La Quinta del Buitre)」のメンバーたち、エミリオ・ブトラゲーニョマヌエル・サンチスマルティン・バスケスミチェルミゲル・パルデサがプレーしていた。しかしながらレアル・マドリードが既にプリメーラに所属しているため、カスティージャCFの1部昇格は不可能であった。1987-1988シーズンには3位に入ったが、同じ理由で昇格は出来なかった。

レアル・マドリードB[編集]

1991年スペインサッカー連盟がトップチームと下部組織のチームの名称の統一化を図ったため、カスティージャCFは「レアル・マドリード・デポルティーバ(Real Madrid Deportiva)」と名称を変更した後、最終的に「レアル・マドリードBReal Madrid B)」に落ち着くこととなった。1990年代、二人の元レアル・マドリードの選手達、ビセンテ・デル・ボスケラファエル・ベニテスがこのチームで監督のキャリアをスタートさせている。1997年、レアル・マドリードBはセグンダ・ディビシオンBに降格するが、チームは素晴らしい選手達を輩出し続けた。レアル・マドリードのトップチームで地位を確立した、ラウールラウール・ブラボグティイケル・カシージャスなどのメンバーである。また、イスマエル・ウルサイスサンティアゴ・カニサレスミスタルイス・ガルシア・フェルナンデスなどの元レアル・マドリードBの選手達も、移籍先のリーガのクラブで成功を収めている。

レアル・マドリード・カスティージャ[編集]

2005年ファン・ラモン・ロペス・カロ監督が指揮し、チームがセグンダ・ディビシオンへ復帰すると、レアル・マドリードBは「カスティージャ」の名称を復活させ、「レアル・マドリード・カスティージャ」となった。2006年にはクラブ施設のシウダード・レアル・マドリード(Ciudad Real Madrid)内の新スタジアムが「エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ」と命名され、フランシスコ・モレーノ・カリニェーナがここ16年間で初のトップチームから独立した会長に就任した。

2006-07シーズン、22チーム中19位(下位4チームが降格)という成績で、セグンダ・ディビシオンBへの降格が決定した。

トップチームに昇格し、在籍し続けられる選手は少ないが、歴代所属選手にあるように有能な選手達を多く輩出している。

2008年12月、監督を務めていたミチェルが、カンテラ軽視政策を批判し、辞任。ユレン・ロペテギが監督に就任した。

2011年1月からはアルベルト・トリルが監督に就任。2010-11シーズンはリーグ3位となるも、プレーオフの結果昇格することはできなかった。翌2011-12シーズンにはリーグ優勝を果たし、プレーオフでもカディスCFを2試合合計8-1で下してセグンダ・ディビシオン昇格を決めた。

タイトル[編集]

成績[編集]

シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1946-47 テルセーラ 5位
1947-48 テルセーラ 5位 1回戦敗退
1948-49 テルセーラ 1位 2回戦敗退
1949-50 セグンダ 3位 3回戦敗退
1950-51 セグンダ 7位 予選敗退
1951-52 セグンダ 12位 予選敗退
1952-53 セグンダ 15位 1回戦敗退
1953-54 テルセーラ 3位
1954-55 テルセーラ 1位
1955-56 セグンダ 15位
1956-57 テルセーラ 1位
1957-58 セグンダ 7位
1958-59 セグンダ 10位 ベスト8
1959-60 セグンダ 4位 2回戦敗退
1960-61 セグンダ 7位 1回戦敗退
1961-62 セグンダ 7位 1回戦敗退
1962-63 セグンダ 16位 1回戦敗退
1963-64 テルセーラ 1位
1964-65 テルセーラ 3位
1965-66 テルセーラ 1位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1966-67 テルセーラ 2位
1967-68 テルセーラ 1位
1968-69 テルセーラ 3位
1969-70 テルセーラ 3位 2回戦敗退
1970-71 テルセーラ 11位 1回戦敗退
1971-72 テルセーラ 10位 2回戦敗退
1972-73 テルセーラ 4位 1回戦敗退
1973-74 テルセーラ 4位 3回戦敗退
1974-75 テルセーラ 4位 3回戦敗退
1975-76 テルセーラ 3位 1回戦敗退
1976-77 テルセーラ 4位 2回戦敗退
1977–78 セグンダB 2位 2回戦敗退
1978–79 セグンダ 7位 3回戦敗退
1979–80 セグンダ 7位 準優勝
1980–81 セグンダ 11位 4回戦敗退
1981–82 セグンダ 8位 3回戦敗退
1982–83 セグンダ 6位 2回戦敗退
1983–84 セグンダ 1位 ベスト8
1984–85 セグンダ 5位 2回戦敗退
1985–86 セグンダ 12位 ベスト8
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1986–87 セグンダ 5位 1回戦敗退
1987–88 セグンダ 3位 ベスト8
1988–89 セグンダ 15位 2回戦敗退
1989–90 セグンダ 18位 1回戦敗退
1990–91 セグンダB 1位
1991–92 セグンダ 16位
1992–93 セグンダ 6位
1993–94 セグンダ 6位
1994–95 セグンダ 8位
1995–96 セグンダ 4位
1996–97 セグンダ 18位
1997–98 セグンダB 2位
1998–99 セグンダB 3位
1999–00 セグンダB 5位
2000–01 セグンダB 7位
2001–02 セグンダB 1位
2002–03 セグンダB 6位
2003–04 セグンダB 2位
2004–05 セグンダB 1位
2005–06 セグンダ 11位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
2006–07 セグンダ 19位
2007–08 セグンダB 5位
2008–09 セグンダB 6位
2009–10 セグンダB 8位
2010–11 セグンダB 3位
2011–12 セグンダB 1位
2012–13 セグンダ 8位

現所属選手[編集]

2014年1月27日現在
No. Pos. 選手名
1 スペインの旗 GK フェルナンド・パチェコ
2 スペインの旗 DF ディエゴ・ジョレンテ
3 スペインの旗 DF ホルヘ・カサード (第二主将)
4 ブラジルの旗 FW ウィリアン・ジョゼ
5 赤道ギニアの旗 MF オマール・マスカレル
6 スペインの旗 MF ホセ・ロドリゲス
7 スペインの旗 MF ルーカス
8 スペインの旗 MF クリスティアン・ゴメス
9 ブラジルの旗 FW パブロ
10 スペインの旗 MF ボルハ・ガルシア
11 イタリアの旗 FW アントニオ・ロッツィ
12 ウルグアイの旗 DF レアンドロ・カブレラ
13 スペインの旗 GK ハコブ
14 スペインの旗 DF デリク・オセダ
15 スペインの旗 FW キコ・フェメニア
No. Pos. 選手名
16 スペインの旗 MF セルヒオ・アグサ
17 スペインの旗 DF キニ
18 スペインの旗 DF ホルヘ・プリード
19 スペインの旗 FW ルベン・ソブリノ
20 スペインの旗 MF ハイメ・ロメロ
21 スペインの旗 FW ブルギ
22 赤道ギニアの旗 FW ルベン・ベリーマ
23 スペインの旗 DF ハビ・ノブレハス
24 スペインの旗 GK トマス・メヒアス(Captain sports.svg)
25 スペインの旗 GK ルベン・ジャニェス
26 スペインの旗 MF ルーカス・トゥロ
28 スペインの旗 FW ラウル・デ・トマス
30 ペルーの旗 MF クリスティアン・ベナベンテ
31 コロンビアの旗 FW ファン・ホセ・ナルヴァエス

レンタル移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
4 ブラジルの旗 FW ウィリアン・ジョゼ (マルドナド)
8 スペインの旗 MF クリスティアン・ゴメス (エスパニョール)
9 ブラジルの旗 FW パブロ (アトレチコ・パラナエンセ)
No. Pos. 選手名
11 イタリアの旗 FW アントニオ・ロッツィ (ラツィオ)
20 スペインの旗 MF ハイメ・ロメロ (ウディネーゼ)
out
No. Pos. 選手名
-- スペインの旗 FW ハビ・オルメド (トレド)
-- スペインの旗 FW オスカル・プラノ (アルコルコン)

歴代所属選手[編集]

GK
DF
MF
FW


  • サミュエル・エトオはレアル・マドリードと契約した1996-97シーズン、まだ15歳だったためレアル・マドリードBではプレー出来なかった。しかしBチームと共に練習はしていた。翌1997-98シーズンはレアル・マドリードBがセグンダ・ディビシオンBに降格しており、レギュレーションでEU外選手は登録出来ないと決まっていたため、またもプレーすることが出来なかった。そのため、レアル・マドリードはエトオの成長を止めさせないよう他のクラブにレンタル移籍させていた。

歴代監督[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]