シウダード・レアル・マドリード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シウダード・レアル・マドリード

シウダード・レアル・マドリードCiudad Real Madrid)は、スペインマドリード、バルデベバスにあるレアル・マドリードの練習場である。

2005年に造られ、約1.2km²の敷地にはオフィスのほか、設備室やAVルーム、リハビリ施設や医療センターも存在する。ピッチは人工芝や天然芝など大小13面あり[1]、敷地内にはレアル・マドリード・カスティージャのホームスタジアムであるエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノも建てられている。

シウダード・デポルティバ[編集]

シウダード・レアル・マドリード以前のレアル・マドリードの練習場として利用されていたのが、シウダード・デポルティバ(Ciudad Deportiva)である。

サンティアゴ・ベルナベウが会長をしていた1963年、マドリード郊外に完成。トップチームやユースカテゴリーの選手がトレーニングするだけでなく、クラブ会員もプールやレクリエーションルームなどを利用することができた。1966年には、レアル・マドリード・バロンセストアリーナであったライムンド・サポルタ・パビリオンも建造した。しかし、レアル・マドリードの借金返済にあてるため、2000年にフロレンティーノ・ペレス会長によってシウダード・デポルティバの敷地は売却された。土地売却によって手にした資金は4億8000万ユーロにも昇る。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]