ミチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミチェル Football pictogram.svg
Michel09.jpg
名前
本名 ホセ・ミゲル・ゴンサレス・マルティン・デル・カンポ
愛称 El Guapo(グアポ、美男子)
カタカナ ミチェル
ラテン文字 MÍCHEL
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1963年3月23日(51歳)
出身地 マドリード
選手情報
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1984
1982-1996
1996-1997
スペインの旗 カスティージャ
スペインの旗 R・マドリード
メキシコの旗 アトレティコ・セラヤ
108 (25)
404 (97)
34 (9)
代表歴
1980
1980-1981
1983-1984
1984
1985-1992
U-16スペイン
U-18スペイン
U-21スペイン
スペイン・アマチュア
スペインの旗 スペイン
3 (0)
21 (11)
7 (1)
1 (0)
66 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミチェル(Michel)ことホセ・ミゲル・ゴンサレス・マルティン・デル・カンポ(José Miguel González Martín del Campo, 1963年3月23日 - )は、スペインマドリード出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。スペイン代表であった。現役時代のポジションはMF(ウイング)。

父親もサッカー選手であったが、道路事故により27歳での現役引退を余儀なくされた。ラーヨ・バジェカーノでプレーするアドリアン・ゴンサレスは息子である。

クロスの精度や決定力などが持ち味であった[1]。10年以上に渡ってレアル・マドリードに在籍し、数々のタイトルを獲得している。スペイン代表としては66試合に出場して21得点を挙げ、2度のFIFAワールドカップと1度のUEFA欧州選手権に出場した。現役引退後は指導者としての道を歩んでいる。

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

1976年、13歳の時にレアル・マドリードの下部組織に入団し[2]、技術やフィジカル能力などから目立つ存在となった。1981年にレアル・マドリード・カスティージャに昇格し、19歳になってすぐの1982年4月11日、CDカステリョン戦でトップチームデビューした。しかし以降は出場機会が与えられることはなく、カスティージャでプレーを続けた。21歳だった1983-84シーズンにはセグンダ・ディビシオン(2部)優勝を果たし[2]、ミチェル、エミリオ・ブトラゲーニョマヌエル・サンチスマルティン・バスケスミゲル・パルデサらはキンタ・デル・ブイトレ(ハゲワシ部隊)と呼ばれた。その他のメンバーとともにトップチームに昇格すると、1985-86シーズンから1993-94シーズンの間は常にリーグ戦31試合以上に出場した。1984-85シーズンはUEFAカップ決勝でビデオトンFCと対戦し、先制点を挙げて優勝に貢献した[2]。1985-86シーズンにはUEFAカップ2連覇を果たし、自身初のリーグタイトルを獲得した。リーグ戦ではこのシーズンから5連覇し、コパ・デル・レイでもたびたび優勝するなど、クラブの黄金期の中心メンバーとして歴史に名を残した。UEFAチャンピオンズカップの優勝はならなかったが、獲得したタイトルは16にも及んだ。

1989年にはイタリアのクラブと契約してスペインを去る可能性があると発表したが、1996年までレアル・マドリードに在籍した。1994-95シーズンには深刻な膝の負傷に苦しみ、リーグ優勝したシーズンのほとんどの期間を欠場した[2]。1995-96シーズンには回復し、ホルヘ・バルダーノ監督の下で満足なシーズンを送ったが、ロレンソ・サンス会長が就任した1996年夏、ブトラゲーニョがプレーしていたメキシコのアトレティコ・セラヤに移籍した。1997年に現役引退した[1]。このようにミチェルは輝かしいキャリアを送ったが、彼の経歴には常に事件が付きまとった。1988年には試合中に投げられた瓶が頭に直撃したし、1992年にはレアル・バリャドリード戦中に非倫理的な方法でカルロス・バルデラマの集中を妨げたとして欧州サッカー連盟(UEFA)から制裁措置を受けた[3]

代表[編集]

世代別スペイン代表で活躍し、U-18スペイン代表としては21試合に出場して11得点を挙げた[1]。1985年11月20日のオーストリア戦でスペイン代表デビューし、1986年にメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップでは5試合に出場した。1988年に西ドイツで開催されたUEFA欧州選手権1988では3試合に出場して1得点した。1990年にイタリアで開催された1990 FIFAワールドカップでは、グループリーグ2戦目の韓国戦(3-1)でハットトリックを達成し、3戦目のベルギー戦ではペナルティキックを決めた。1992年にハビエル・クレメンテ監督が就任すると余剰戦力とみなされ、代表に招集されることはなくなった。最後に出場した時はまだ20歳代であった。

指導者時代[編集]

レアル・マドリードに所属していた1994年には1994 FIFAワールドカップの解説を務め、現役引退後は本格的にスペイン国営放送(TVE)の解説者の仕事を、またマルカ紙のコラムニストを務めた[2]。2005年夏にはセグンダ・ディビシオンB(3部)のラーヨ・バジェカーノの監督に就任し、1シーズン指揮した。2006年夏にはシウダード・レアル・マドリード(レアル・マドリードの練習施設)のディレクターに就任し、カンテラの総責任者となるとともに、セグンダ・ディビシオン(2部)のレアル・マドリード・カスティージャの監督も務め、息子のアドリアンも指導した[4]。カスティージャは2006-07シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンBに降格し、ミチェルは監督を解任された。2008年12月、ラモン・カルデロン会長との意見の相違から、「(このクラブは)優秀なカンテラ選手を起用せず、他から選手を買うことしか考えていない」と言い残してカンテラの責任者の立場を辞任した[5]

2009年4月27日、ビクトル・ムニョスの後任としてリーグ戦で苦戦するヘタフェCFの監督に就任した[6]。契約はシーズン終了までであり、再びアドリアンのチームの指揮官となった。18位で降格したレアル・ベティスと勝ち点差なしでの残留を果たし、シーズン終了後に2011年までの2年間の契約延長を勝ち取った。2009-10シーズンは6位に躍進してUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得したが、2010-11シーズンは16位と低迷し、シーズン終了後の2011年5月に解任された[7]

2012年2月6日にマルセリーノ・ガルシア・トラルの後任としてセビージャFCの監督に就任した[8]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

タイトル[編集]

選手時代[編集]

  • スペインの旗 レアル・マドリード
UEFAカップ (2) : 1984–85, 1985–86
リーガ・エスパニョーラ (6) : 1985–86, 1986–87, 1987–88, 1988–89, 1989–90, 1994–95
コパ・デル・レイ (3) : 1981–82, 1988–89, 1992–93
コパ・デ・ラ・リーガ (1) : 1984–85
スーペルコパ・デ・エスパーニャ (4): 1988, 1989, 1990, 1993

指導者時代[編集]

  • ギリシャの旗 オリンピアコスFC
ギリシャ・スーパーリーグ (1) : 2012–13
ギリシャ・カップ (1) : 2012–13

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]


クラブ成績 リーグ カップ 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スペイン リーグ 国王杯 通算
1984–85 レアル・マドリード リーガ・エスパニョーラ 26 2 8 2 43 7
1985–86 31 7 5 0 48 9
1986–87 44 5 6 0 58 5
1987–88 35 14 7 1 50 19
1988–89 36 13 10 2 51 15
1989–90 37 8 6 0 46 10
1990–91 36 8 4 1 46 10
1991–92 38 11 6 3 54 16
1992–93 37 9 6 1 51 13
1993–94 37 11 4 1 47 14
1994–95 13 2 0 0 18 2
1995–96 33 6 1 1 42 8
メキシコ リーグ カップ 通算
1996 アトレティコ・セラヤ メキシカン・サッカーリーグ 17 6
1997 17 3
通算 スペイン 403 96 63 12 554 128
メキシコ 34 9
総通算 437 105

代表での得点[編集]

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 1985年12月18日 スペインの旗 バレンシア  ブルガリア 1–0 2–0 親善試合
2. 1986年11月12日 スペインの旗 セビージャ  ルーマニア 1–0 1–0 UEFA欧州選手権1988予選
3. 1987年10月14日 スペインの旗 セビージャ  オーストリア 1–0 2–0 UEFA欧州選手権1988予選
4. 1987年11月18日 スペインの旗 セビージャ  アルバニア 3–0 5–0 UEFA欧州選手権1988予選
5. 1988年6月11日 ドイツの旗 ハノーファー  デンマーク 0–1 2–3 UEFA欧州選手権1988
6. 1988年9月14日 スペインの旗 オビエド  ユーゴスラビア 1–0 1–2 親善試合
7. 1988年12月21日 スペインの旗 セビージャ  北アイルランド 3–0 4–0 1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 1989年1月22日 マルタの旗 タカリ  マルタ 0–1 0–2 1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
9. 1989年3月23日 スペインの旗 セビージャ  マルタ 1–0 4–0 1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
10. 1989年3月23日 スペインの旗 セビージャ  マルタ 2–0 4–0 1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
11. 1989年9月20日 スペインの旗 ア・コルーニャ  ポーランド 1–0 1–0 親善試合
12. 1989年11月11日 ハンガリーの旗 ブダペスト  ハンガリー 0–2 2–2 1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
13. 1989年12月13日 スペインの旗 サンタ・クルス・デ・テネリフェ  スイス 1–0 2–1 親善試合
14. 1990年6月17日 イタリアの旗 ウディネ  韓国 1–0 3–1 1990 FIFAワールドカップ
15. 1990年6月17日 イタリアの旗 ウディネ  韓国 2–1 3–1 1990 FIFAワールドカップ
16. 1990年6月17日 イタリアの旗 ウディネ  韓国 3–1 3–1 1990 FIFAワールドカップ
17. 1990年6月21日 イタリアの旗 ヴェローナ  ベルギー 0–1 1–2 1990 FIFAワールドカップ
18. 1990年9月12日 スペインの旗 ヒホン  ブラジル 3–0 3–0 親善試合
19. 1991年11月13日 スペインの旗 セビージャ  チェコスロバキア 2–1 2–1 UEFA欧州選手権1992予選
20. 1992年4月22日 スペインの旗 セビージャ  アルバニア 1–0 3–0 1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
21. 1992年4月22日 スペインの旗 セビージャ  アルバニア 2–0 3–0 1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

脚注[編集]

  1. ^ a b c Real Madrid biography (スペイン語)
  2. ^ a b c d e Real Madrid fans biography (スペイン語)
  3. ^ Míchel "palpa" a Valderrama Geo Futbol.com、2008年8月15日(スペイン語)
  4. ^ Míchel charged with Madrid future UEFA.com、2006年7月11日
  5. ^ José Miguel González Martín del Campo “Michel” presenta su dimisión y abandona el Real Madrid Deportes Teoriza.net (スペイン語)
  6. ^ Michel announced as new Getafe coach Goal.com、2009年4月27日
  7. ^ ヘタフェがミチェル監督を解任UEFA.com、2011年5月30日
  8. ^ セビージャ、マルセリーノ後任にミチェル氏Goal.com、2012年2月7日

外部リンク[編集]