キンタ・デル・ブイトレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キンタ・デル・ブイトレQuinta del Buitre)は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードにおいて1980年代に所属した5人のカンテラ出身者(エミリオ・ブトラゲーニョミチェルマルティン・バスケスミゲル・パルデサマヌエル・サンチス・オンティジュエロ)、または彼らが活躍した1980年代後半のレアル・マドリードの呼称。別名ハゲワシ部隊。それまでビッグタイトルから遠ざかっていたレアル・マドリードが1985年にラモン・メンドーサを会長に迎え、その年に国内リーグを制覇した。

名前の由来は、当時のチームで中心人物であったブトラゲーニョの愛称『エル・ブイトレ(ハゲワシ)』より。キンタ(Quinta)は、招集兵の部隊を指す軍事用語から来ている。

背景[編集]

第二次世界大戦後のレアル・マドリードは、スペイン人、非スペイン人に関わらず他クラブから選手を獲得することが比較的多く、下部組織出身者からチームの中心となった選手はほとんどいなかった。しかし当時は、そうした過去の過剰投資が祟って収益が以前に比べ落ち込んでしまっており、他クラブの選手を獲得することによるチーム作りが困難になっていたことに起因する。

それに加え、カスティージャCFが1980年にコパ・デル・レイ決勝に進出したことによりクラブやファンの下部組織への注目度が増したことから[1]、下部組織出身者が中心となるチームが出来た。

概要[編集]

1989-90シーズンのフォーメーション[2]

5人のメンバーの内、アルフレッド・ディ・ステファノが指揮を執っていたトップチームで最初にデビューしたのはマヌエル・サンチス・オンティジュエロマルティン・バスケスであり、1983年12月4日のレアル・ムルシア戦であった。続いてデビューしたのは、5人の内で唯一マドリード出身ではないミゲル・パルデサであった。翌年2月5日のカディスCF戦でエミリオ・ブトラゲーニョがデビュー。後半から出場したブトラゲーニョは2得点を記録し、チームを勝利に導いた。またそのシーズン、アマンシオ・アマロが監督として率いたカスティージャCFセグンダ・ディビシオンを優勝した。ミチェルは自分がまだカスティージャにいる理由をディ・ステファノに問いただしたところ「一人前の男になったら」と答えたという。その後、他のメンバーに遅れてトップチームデビューを果たした。しかし、この5人がそろってピッチに立ったのは、1987年6月3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝のアトレティコ・マドリード戦のみであった。

1985年、メンドーサはアントニオ・マセーダラファエル・ゴルディージョ、そして前年アトレティコ・マドリードで得点王に輝いたウーゴ・サンチェスを獲得。サンチェスは、リーグを5連覇したうち、1988-89シーズンを除いて得点王を4度獲得、1989-1990シーズンにはリーガ歴代最多得点記録に並ぶ38ゴールを奪った[3]。1985-1986年から5シーズン連続で国内リーグを制覇した他、スペイン国王杯スーペルコパ・デ・エスパーニャUEFAカップなどを手にした。しかし、3度準決勝まで勝ち上がったものの、UEFAチャンピオンズカップには縁がなかった。

1989-90シーズンはチームとしても新記録となる107得点を挙げ、当時の監督であるジョン・トシャックの名前から『トシャックのマシン』とも呼ばれた。

一方で、当時のクラブやスペイン代表でキンタ・デル・ブイトレは多大な権力を持ち、1992年に代表監督に就任したハビエル・クレメンテはキンタ・デル・ブイトレの解体を行った。

1990年代後半になると、次々と選手が移籍,引退し、5人の内で唯一マヌエル・サンチスのみがレアル・マドリードで現役を終えた。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

当時の監督[編集]

氏名 国籍 期間
ルイス・モロウニー スペインの旗 スペイン 1985-1986
レオ・ベーンハッカー オランダの旗 オランダ 1986-1989
ジョン・トシャック ウェールズの旗 ウェールズ 1989-1990

脚注・出典[編集]

  1. ^ 決勝に進出したメンバーにキンタ・デル・ブイトレの選手はいなかったが、翌シーズンには5人のカスティージャの選手がトップチーム昇格を果たした。
  2. ^ ワールドサッカーマガジン 2007年1月18日 Vol.148より
  3. ^ 1950-51シーズンに38ゴールを挙げたテルモ・サラは、サンチェスよりも5試合少ない試合数で達成している。

外部リンク[編集]