ハビエル・ポルティージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハビエル・ポルティージョ Football pictogram.svg
Javier Portillo.jpg
名前
本名 ハビエル・ガルシア・ポルティージョ
カタカナ ハビエル・ポルティージョ
ラテン文字 Javier García Portillo
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1982年3月30日(32歳)
出身地 マドリード
身長 182cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 エルクレスCF
ポジション FW
背番号 9
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002
2002-2006
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2007-2009
2010-2011
2011-2012
2012-
スペインの旗 R・マドリードB
スペインの旗 R・マドリード
イタリアの旗 フィオレンティーナ (Loan)
ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ (Loan)
スペインの旗 ジムナスティック・タラゴナ
スペインの旗 CAオサスナ
スペインの旗 エルクレスCF
スペインの旗 UDラス・パルマス
スペインの旗 エルクレスCF
23 (15)
31 (6)
11 (1)
24 (8)
34 (11)
40 (3)
42 (6)
34 (8)
0 (0)
代表歴
2002-2003 U-21スペイン 10 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年8月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハビエル・ガルシア・ポルティージョJavier García Portillo1982年3月30日 - )は、スペインマドリード出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラエルクレスCF所属。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

1994年、12歳の時にレアル・マドリードの下部組織に入団すると、下部組織での7シーズンで豊かな得点力をみせつけて150得点以上を記録し、ラウル・ゴンサレスが保持していた記録を打ち破った。2002年には初めてプロ契約(2007年まで)を交わし、違約金は3500万ユーロに設定された。同年10月6日、デポルティーボ・アラベス戦(5-2)でトップチームデビューし、2002-03シーズンのリーグ戦は10試合の出場ながら5得点を挙げた。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、2次リーグのボルシア・ドルトムント戦でロスタイムに同点ゴールを決めたが、結果的にはこの1点が敗退と準々決勝進出を分けた。

2004年7月、イタリア・セリエAACFフィオレンティーナにレンタル移籍したが、2004-05シーズン前半戦は11試合出場で1得点を挙げるに留まり、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督の就任にともなって2005年1月にレアル・マドリードに復帰した。しかし、2005年夏にはルシェンブルゴ監督に余剰戦力とみなされ、ベルギー・ジュピラーリーグクラブ・ブルッヘにレンタル移籍すると、8得点を挙げてスペインに復帰した。2006年夏にはファビオ・カペッロ監督が就任し、ラウル、アントニオ・カッサーノロナウドに加えてルート・ファン・ニステルローイが加入したために居場所をなくし、レアル・マドリードとの契約を解除してプリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのジムナスティック・タラゴナと2年契約を結んだ。

2006-07シーズンは自己最多の11得点を記録し、個人的には成功をおさめたが、チームはセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。2007年夏、ロベルト・ソルダードがレアル・マドリードにレンタルバックしたことで代役を探していたCAオサスナに移籍した[1]。2007-08シーズンと2008-09シーズンはチームが主に1トップを採用したために出場機会が限られ、2シーズン合わせて3得点に終わった。2007年11月25日のRCDエスパニョール戦(1-2)で移籍後初得点したが、2008年5月8日のRCDマジョルカ戦(1-2)、2008年9月20日のRCDマジョルカ戦(1-1)のいずれも得点が勝利に結びつかなかった。

2009-10シーズン前半戦はホセ・アントニオ・カマーチョ監督によって4番手か5番手のフォワードに位置づけられていたため、2010年1月、セグンダ・ディビシオン(2部)のエルクレスCFにシーズン終了までの契約で移籍した。チームに適応するのに数試合が必要であったが、レギュラーポジションを獲得し、シーズン最終節のレアル・ウニオン戦(2-0)では重要な得点を決め、13シーズンぶりのプリメーラ・ディビシオン返り咲きを果たした。2010年夏にフランス代表ダビド・トレゼゲパラグアイ代表ネルソン・アエド・バルデスが加入したため、2010-11シーズンは控えに降格した。両者が負傷か出場停止となった場合のみ先発出場し、公式戦を通じてわずか2得点しか挙げられなかった。そのうちの1点は2011年4月3日のレアル・ソシエダ戦(3-1)で挙げている[2]。チームはセグンダ・ディビシオン降格に終わった。

代表[編集]

レアル・マドリードのトップチームに昇格してすぐの2002年から2003年にかけてU-21スペイン代表に選出され、10試合に出場して5得点を挙げた。

タイトル[編集]

  • スペインの旗 レアル・マドリード
UEFAチャンピオンズリーグ: 2001–02
インターコンチネンタルカップ: 2002
UEFAスーパーカップ: 2002
リーガ・エスパニョーラ: 2002–03
スーペルコパ・デ・エスパーニャ: 2003

個人成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2001–02 レアル・マドリード ラ・リーガ - - - - - - 1 1 1 1
2002–03 10 5 6 8 - - 7 1 23 14
2003–04 18 1 7 1 - - 4 0 29 2
イタリア リーグ イタリア杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2004–05 ACFフィオレンティーナ セリエA 11 1 7 3 - - - - 18 4
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2004–05 レアル・マドリード ラ・リーガ 3 0 1 0 - - - - 4 0
ベルギー リーグ ベルギー杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2005–06 クラブ・ブルッヘ ジュピラーリーグ 24 8 - - 8 3
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2006–07 ジムナスティック・タラゴナ ラ・リーガ 34 11 2 1 - - - - 36 12
2007–08 CAオサスナ 18 2 2 0 - - - - 20 0
2008-09 20 1
通算 スペイン 84 20 18 10 - - 12 2 114 32
イタリア 11 1 7 3 - - - - 18 4
ベルギー 24 8 - - 8 3 32 11
総通算 119 29 25 13 20 5

脚注[編集]

  1. ^ Duo boost Osasuna forward line UEFA.com、2007年6月19日
  2. ^ Hercules claim giant win ESPNsoccernet、2011年4月3日

外部リンク[編集]