UEFAスタジアムカテゴリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UEFAスタジアムカテゴリーは、欧州サッカー連盟 (UEFA) の基盤規制によるサッカースタジアムの分類である[1]

この基準をもとに、スタジアムはカテゴリー1・2・3・4(4はエリートから改名)と評価付けされる。かつては一つ星から五つ星で評価する方法であったが、2006年に現行のカテゴリー分類方式になった。UEFAチャンピオンズリーグの予選と本戦を開催できるのはカテゴリー4のスタジアムだけである[2]。また、UEFAヨーロッパリーグ[3]あるいはUEFA欧州選手権[4]の本戦を開催するスタジアムもカテゴリー4である必要がある。

解説[編集]

開閉式屋根が存在する場合、その使用はUEFAの代理人と主審との協議によって決定される。

カテゴリー4の最小収容人数は8,000人であるが、2006年に現行のレギュレーションが導入されて以来、UEFAヨーロッパリーグ決勝戦には4万人未満、UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦には6万人未満のスタジアムは選ばれていない。

2007年UEFAチャピオンズリーグ決勝後、UEFA会長のミシェル・プラティニは、安全を考慮した結果、欧州選手権の決勝は平均収容人数は7万人のスタジアムで開催するのが望ましい、と述べた[5]。それぞれ2010年と2011年のチャンピオンズリーグ決勝が開催されたサンティアゴ・ベルナベウウェンブリー・スタジアムの収容人数は、2009年チャンピオンズリーグ決勝が開催されたスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマと同様に7万人超、2011年チャンピオンズリーグ決勝が開催されたウェンブリー・スタジアムの収容能力に至っては9万人である。2012年チャンピオンズリーグ決勝が開催されたアリアンツ・アレーナの収容能力は6万9,000人である。

カテゴリー間の主な差異[編集]

基準 カテゴリー1 カテゴリー2 カテゴリー3 カテゴリー4
フィールド 長さ100 - 105 m, 幅64- 68 m 長さ105 m, 幅68 m
審判控室の最小サイズ 規定なし 20 m²
最小投光照明 放送に適した 800ルクス、固定カメラに対して 1,400ルクス、固定カメラに対して 1,400ルクス、全方向
VIPの駐車スペース 20 50 100 150
立ち見観客席 許可 不許可
最小シート数 200 1,500 4,500 8,000
最小VIPシート 50 100 250 500
ビジターチームのためのVIPシート 10 20 50 100
VIPのための歓待エリア 規定なし 400 m²
最小メディア用エリア 50 m² 100 m²(50名) 200 m²(75名)
最小カメラマン数 規定なし 15 25
メインカメラのための最小スペース 4 m²(少なくとも1台) 6 m²(2台) 10 m²(4台)
プレスボックスにおける最小シート数 20, 5はデスク付き 20, 10はデスク付き 50, 25はデスク付き 100, 50はデスク付き
実況放送席の最小数 2 3 5 25
TVスタジオの最小数 1(改造できる) 1 2 2, 少なくとも一箇所はピッチが見える
試合後インタビュー位置の最小数 規定なし 4
放送トラックのための最小屋外エリア 100 m² 200 m² 1,000 m²
プレスカンファレンス室の最小座席数 少なくとも1 30 50 75

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ UEFA Stadium Infrastructure Regulations Edition 2010”. UEFA (2010年3月). 2010年7月20日閲覧。
  2. ^ Regulations of the UEFA Champions League 2010/11”. UEFA (2010年3月). 2010年7月20日閲覧。
  3. ^ Regulations for the UEFA Europa League 2010/11” (2010年3月). 2010年7月20日閲覧。
  4. ^ Regulations of the UEFA European Football Championship 2010–12”. UEFA (2009年9月). 2010年7月20日閲覧。
  5. ^ Update 1-Soccer-Platini wants Champions League final at weekend”. Reuters (2008年8月30日). 2008年11月10日閲覧。