マンチェスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シティ・オブ・マンチェスター
City of Manchester
—  バラ & シティ  —
時計回りに、市街地遠景、Beetham Tower, Manchester Civil Justice Centre, Midland Hotel, One Angel Square及びManchester Town Hall.

紋章
愛称:"北の首都", "コットノポリス", "セカンド・シティ", "ウェアハウス"
標語:"Concilio Et Labore" "By wisdom and effort"
マンチェスターの位置
座標: 北緯53度28分0秒 西経2度14分0秒 / 北緯53.46667度 西経2.23333度 / 53.46667; -2.23333
イギリスの旗 イギリス
カントリー イングランドの旗 イングランド
地域 ノース・ウェスト・イングランド
カウンティ グレーター・マンチェスター
自治機関 マンチェスター・シティ・センター
定住時期 1世紀
タウン成立 1301年
シティ認定 1853年
行政
 - 種別 都市バラ, シティ
 - 議会 マンチェスター・シティ・カウンシル
 - 市長 マーヴィス・スミスマン
 - 議員 Paul Goggins (労)
Sir Gerald Kaufman (労)
John Leech (自民)
Tony Lloyd (労)
Graham Stringer (労)
面積
 - バラ & シティ 44.7mi2 (115.65km2)
標高 256ft (78m)
人口 (2006年推計値)
 - バラ & シティ 458,100 (7位)人
 - 人口密度 9,880.8人/mi² (3,815人/km²)
 都市部 2,240,230人
 - カウンティ 2,547,700人
 - カウンティ人口密度 5,172.2人/mi² (1,997人/km²)
 - LUZ 2,539,100人
 - LUZ人口密度 5,138.5人/mi² (1,984人/km²)
族称 Mancunian
郵便番号 M
市外局番 0161
民族構成
(2006[1])
76.7% 白色人種
3.3% 混血人種
10.6% 南アジア人種
5.3% 黒色人種
4.1% 東アジアその他
ISO 3166-2 GB-MAN
ONS 00BN
NUTS 3 UKD31
市民呼称 マンキュニアン
(Mancunian)
ウェブサイト www.manchester.gov.uk

マンチェスター (Manchester, IPA:en-uk-Manchester.ogg [ˈmænˌtʃɪstə][ヘルプ/ファイル]) は、イングランドの北西部、グレーター・マンチェスターに位置する都市。北部イングランドを代表する都市であり、イギリスで9番目の都市である。1853年市制英語版が布かれ、2011年の時点で、マンチェスター(都市と都市バラ)の人口は49万人である。2011年の近郊を含む都市圏人口は224万人であり、同国第3位である[2]

概要[編集]

歴史的には起源1世紀、古代ローマ帝国によってマンクニウムとよばれる前哨地が一帯に築かれ、その砦がマンチェスターの起源である。

マンチェスターという名の由来は、古代ローマの領土だった時代のラテン語名「マムシアム(Mamuciam)」(ケルト語の地名「mamm」をラテン語風に読み替えたものであり、元の意味は「胸」「乳房のような丘」ではないかと思われる)と、古英語の「ケステル(ceaster)」(ラテン語で駐屯地や城を意味する「castra」から来ており、町という意味)を合わせたものである。

が降ることが多い場所であり、それがマンチェスターの歴史を生んだ[3]綿花の栽培には湿った気候が必要であるが、マンチェスターの気候はそれに向いていたので行われるようになり、一大産業に育った。また雨の日、人々は自然と屋内にこもって活動することになるので、ギターなどの楽器の演奏をしたり、自分自身の内に向かい思索や瞑想を重ねることになり、文化がはぐくまれた[3]

マンチェスターは綿工業などが発展し、産業革命において中心的役割を果たしたことで知られている。20世紀になって綿工業などが衰退し、19世紀にイギリス経済や世界経済で占めていたほどの地位からは外れているが、今日では商業高等教育メディア芸術大衆文化などの北部の中心地であり、第一次世界大戦後はバーミンガムがイギリス第二の都市とされていたが、第二次世界大戦後にグレーター・マンチェスターに再編されてからはバーミンガムと人口では拮抗、経済的にはバーミンガムを追い抜き現在ではイギリス第二の都市といえばマンチェスターを指すことが多い。2007年のイギリスの世論調査によると、マンチェスターはバーミンガムを凌ぎ、イギリス第二の都市として評価された[4]

マンチェスター都心市街地は、19世紀の産業革命期に街が急発展した際に整備された運河や製粉所のネットワークが残っており、イギリスはこれを、ユネスコ世界遺産委員会に提出した世界遺産候補の「暫定リスト」に掲載している。今後の審査によっては世界遺産に登録される可能性がある。


マンチェスターは都市州グレーター・マンチェスターの一部を占める都市区であるが、市の地位を持っている。

歴史[編集]

1世紀、古代ローマ帝国によってマンクニウムとよばれる前哨地が一帯に築かれ、その砦がマンチェスターの起源である。中世都市が建設されたのはおそらく10世紀のことで、12世紀に羊毛工業がおこり、1301年に特許状をうけた。14世紀にはオランダからの移民によって毛織物工業が発展し、その後17世紀までは商業都市としてさかえた。17世紀にはいると綿織物工業がおこり、1785年に紡績機に蒸気機関が導入されることによって、世界で初めての産業革命が起こると劇的な成長をとげた。1830年リヴァプールとの間に鉄道が開通し、マンチェスターで生産された綿織物がリヴァプール経由で世界中に輸出され、1894年にはマンチェスター運河の完成によってマージー川河畔にあるイーストハムともむすばれ、外洋航行船が出入りできるようになった。

19世紀前半のイギリスでは、穀物法の是非をめぐって国内対立があったが、この街でコブデンブライトらが反穀物法同盟を組織した。(穀物法は1846年に撤廃へと追い込まれた。) 産業革命の進展は、一方ではスラムなどの深刻な都市問題を引き起こした。ドイツフリードリヒ・エンゲルスが「イギリスにおける労働者階級の状態」を著したのも、この街に2年ほど滞留した経験に基づいたものである。

1819年8月には、セント・ピーター広場で穀物法の撤廃と議会改革をもとめる人々が市当局に殺害された「ピータールーの虐殺」の舞台となった。19世紀を通じて、政治の改革運動が活発におこなわれ、公的教育機関の発展もみられた。

第二次世界大戦の際には、各地の工場が軍用製品の生産に切り替えられた。マンチェスターもドイツによる激しい空襲を受けた。最も大規模であったのは、1940年12月に22日から24日にかけて行われた2回に渡る夜間空襲で、376人の死者を出し、30000の家屋が破壊された。これらの空襲で、マンチェスター大聖堂は大きな損害を被り、復旧に20年を要した。

戦後に復興を果たしたが、主力産業が衰退したため最盛期と比較して人口は半分強ほどになっている。代わってメディアや研究施設、金融機関などが集中し町は徐々に勢いを取り戻しつつある。約44万人の総人口のうちおよそ9%がインド人をはじめとする東南アジア人で、5%が黒人、1.5%が中国人である。バーミンガムと並んでイギリスの地方都市としては有色人種の割合が比較的高い。

地理[編集]

アーウェル川メドロック川アーク川の合流点に位置する工業都市である。産業革命以降、綿織物工業の中心都市として発展した。近隣の都市としては、約50キロ西のリヴァプール、約60キロ北東のリーズ、約55キロ東のシェフィールドなどが挙げられる。なお、英国第2の規模の国際空港であるマンチェスター空港は、同市のみならず上記の都市へのアクセスにも広く使われている。

マンチェスターの緯度はおよそ北緯53度で樺太よりも更に北である。更に内陸部に位置していることもあって、冬季は気温差がやや大きく冷え込みも厳しい。しかしイギリス・アイルランド周辺を流れるメキシコ湾流の影響で基本的にはほぼ温暖であり、一年を通じて平均的な降水量がある。

市域は東西約9km、南北19kmで面積は115.65平方キロメートルあり、大半が可住地・市街地となっている。南部は学生街・公園地帯として発展し、中心部はオフィス街や商業地、移民による居住地などが展開されている。マンチェスターの人口の約1.5%は中国系住民であり、市中心部にはイギリス有数の規模のチャイナタウンがある。

人口[編集]

マンチェスターの人口の推移
1881年 1911年 1931年 1961年 1981年 2005年
516,868 711,941 751,292 612,537 437,660 441,200

マンチェスターは産業革命の進展と共に急成長し、1851年には30万人以上の人口を擁していた。更にその後も順調に発展を続け1930年代には市域人口がおよそ75万人に到達し、ロンドンリバプールバーミンガムに次ぐ大都市として英国経済を支えた。

しかしその後イギリスは『英国病』と呼ばれる長期不況に突入。マンチェスターは主力の繊維産業や日用品製造などの軽工業が衰退し、人口は急激に減少していった。それと共に中心部には放置された空き工場や無人住居、空き地、倉庫などが目立つようになっていく。1980年代、地方自治推進政策や産業構造転換により街は徐々に息を吹き返し、金融機関や新聞社・テレビ局などのメディア企業、学術機関、研究所などが立地するようになり人口は2000年前後にようやく下げ止まり、増加に転じた。現在では市域内人口こそ全国第9位(ロンドン、バーミンガム、リーズ、グラスゴー、シェフィールド、ブラッドフォード、エディンバラ、リバプールに次ぐ)であるものの、国全体の都市の位置づけとしてはバーミンガムなどと並んで2位、3位あたりを争うと言われている。市域人口は2005年現在441,200人で4年前(392,819人)と比べて10%ほど回復しており、中でも市中心部を中心としてインド人や中国人、黒人の増加が目立っている。非白人の全住民に占める割合は20%近くに達し、ロンドンやバーミンガム、リーズなどと並んで多民族都市の色彩が濃い。

なお市の年齢構成は2007年時点で0~14歳が17.0%、15~24歳が20.7%、25~64歳が51.0%、65歳以上が11.2%となっている。大学が多いことなどもあり、若年人口が多いことが特徴である。[5]

経済・生活水準[編集]

Index of Multiple Deprivation 2004 によれば、マンチェスター市の1世帯当たり平均年収は16,500ポンド(約358万円)で英国平均21,300ポンド(約462万円)より2割あまり少ない。なお都市圏(グレーター・マンチェスター)全体では19,400ポンド(約421万円)となり、市単体よりもやや多くなる。生活保護を受けている世帯は割合にして英国平均の約2倍に上り、全体には中・低所得者が多い。→ [3]

交通[編集]

文化[編集]

音楽[編集]

ハレ管弦楽団およびBBCフィルハーモニックが本拠をマンチェスターに置く。19世紀の産業革命絶頂期に建てられたフリー・トレード・ホールがマンチェスターの主要なコンサート会場であり、クラシック以外にもロックなどのコンサートの舞台となってきた。

マンチェスターは1960年代以来、ポップス・ロック・テクノなどの分野の著名なミュージシャンやバンドを多く輩出している。英国を代表するロックバンドのニュー・オーダーやザ・スミス、ザ・ストーン・ローゼズ、オアシスが結成された地である。特に1980年代後半にはファクトリー・レコードを中心にマッドチェスターというジャンルが生み出された。

絵画[編集]

ラファエル前派の作品を数多く揃えていることで知られるマンチェスター市立美術館をはじめとして、多くの美術館・ギャラリーがある。

映画[編集]

マンチェスターが舞台となっている映画がいくつかある。

博物館[編集]

大学付属博物館としては世界でも有数の規模を誇るマンチェスター大学付属マンチェスター博物館や、工業都市として発展した歴史から大規模な科学技術博物館を擁する。その他帝国戦争博物館の分館やマンチェスター・ユダヤ博物館などが有名。

スポーツ[編集]

マンチェスター・ユナイテッドFCマンチェスター・シティFCという二大サッカークラブを擁する。またランカシャー・カウンティー・クリケットクラブもあり、2002年コモンウェルスゲームズの開催都市となった。

主な屋内競技施設としては、マンチェスター・アリーナマンチェスター水泳センターなどがある。

[編集]

が街のシンボルになっている。「知恵を持ち寄り、協力しあう」といったような意味がこめられている、という。街の中の公共物などに蜂のシンボルマークが多用されている。

出身人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Office for National Statistics [1]
  2. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  3. ^ a b NHK『世界ふれあい街歩き』「マンチェスター」地元住人の話。
  4. ^ Manchester tops second city poll
  5. ^ [2]

外部リンク[編集]

政府

観光