ベルリン・オリンピアシュタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリン・オリンピアシュタディオン
Olympiastadion Berlin
Olympicstadium2.jpg
施設情報
所在地 Olympischer Platz 3, 14053 Berlin
位置 北緯52度30分53.2秒
東経13度14分22.2秒
座標: 北緯52度30分53.2秒 東経13度14分22.2秒
起工 1934-36年
開場 1936年
修繕 1974年
拡張 2004年W杯のため)
所有者 Olympiastadion Berlin GmbH
運用者 WALTER BAU-AG/DYWIDAG
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 4200万マルク (1936年)
2億4200万(2004年)
設計者 ヴェルナー・マルヒ1936年
フリードリッヒ・ヴィルヘルム・クラーエ1974年
旧称
Deutsches Stadion
使用チーム、大会
ベルリンオリンピック 1936年
ヘルタ・ベルリンブンデスリーガ)1963年-現在
ベルリン・サンダーNFLヨーロッパ)2004年-2007年
ワールドカップ西ドイツ大会 1974年
ワールドカップドイツ大会 2006年
世界陸上ドイツ大会 2009年
女子ワールドカップドイツ大会 2011年
収容能力
76,243人
アクセス
ベルリン地下鉄オリンピアシュタディオン駅下車徒歩8分

ベルリン・オリンピアシュタディオンOlympiastadion Berlin)は、ドイツベルリンにある陸上競技場ヘルタ・ベルリンのホームグラウンドとして使用されている。

歴史[編集]

1936年ベルリンオリンピックのメインスタジアムとして開場。ベルリンオリンピックでは陸上競技やサッカー競技が開催された。また、オリンピアシュタディオンは小規模ながら、スポーツコンプレックスの体裁をとっており、スタジアム横にプールが併設されている。オリンピックではこのプールで水泳競技が開催された。なお、当スタジアムのメインスタンドから向かって左側のサイドスタンドは、中央部分が欠ききれているが、これはオリンピックでの聖火台の跡である。

1974年には、ワールドカップ西ドイツ大会の会場となった。ただし、ベルリンの取り扱いについては、西ドイツ東ドイツで意見の相違が在った為、東ドイツは一時期ベルリンでの開催に反対した。なお、西ベルリン1991年ドイツ再統一までは、法律上はアメリカ合衆国イギリスフランスにより管理されていた(実質上は西ドイツの飛び地)為、西ベルリンで開催された3試合はワールドカップで唯一開催国以外で開催された試合になっている。

2006年ワールドカップドイツ大会の会場として、再びワールドカップの舞台として使用された。この時に、FIFAの定めるスタジアムのスペックにあわせる為に、大規模な改修工事を行っている。スタンドの上に設置されている屋根もこの時に設置された。決勝戦を含めた6試合がオリンピアシュタディオンで開催されている。ワールドカップの決勝戦が首都のスタジアムで行われるのは、1990年イタリア大会以来となった。

2009年には、世界陸上選手権ベルリン大会の会場として使用されている。

2011年には、FIFA女子ワールドカップドイツ大会の開幕戦の会場となった。ただし、同大会で当会場が利用されたのはこの1試合のみであった。

2015年には、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦の試合会場に選定された[1]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UEFA理事会、2015年の決勝開催地を決定UEFA公式HP 2013年5月23日(5月24日閲覧)

外部リンク[編集]

先代:
長居スタジアム
日本の旗 日本大阪
世界陸上競技選手権大会
会場

2009年
次代:
大邱スタジアム
韓国の旗 韓国大邱
先代:
エスタディオ・ダ・ルス
リスボン
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2015
次代:
未定