ソウルオリンピック主競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソウルオリンピック主競技場
서울올림픽주경기장
蚕室
施設情報
所在地 韓国の旗 ソウル特別市松坡区
位置 北緯37度30分57.2秒 東経127度04分21.9秒 / 北緯37.515889度 東経127.072750度 / 37.515889; 127.072750座標: 北緯37度30分57.2秒 東経127度04分21.9秒 / 北緯37.515889度 東経127.072750度 / 37.515889; 127.072750
起工 1977年11月28日
開場 1984年9月29日
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 110 × 75 m
建設費 1025億ウォン
設計者 キム・スグン
使用チーム、大会
ソウルユナイテッドFC (2007-2009, 2012)
収容能力
69,950人

ソウルオリンピック主競技場(蚕室オリンピック主競技場)は、韓国ソウル特別市松坡区にある総合競技場。蚕室総合運動場内にある主競技場である。

概要[編集]

設計者は、韓国の現代建築の第一人者であった金壽根。韓国伝統の高麗青磁をモチーフとしたデザインである。アジア競技大会開催やソウルオリンピック招致に辺り、既存の東大門運動場(3万人収容)では手狭であったこともあり、1977年に建設が始まった。1984年に完成し、その杮落としは、同年9月30日にサッカーの日韓戦によって行われた。その後、このスタジアムを舞台に、両国はFIFAワールドカップアジア予選等で数々の激闘を演じた。

オリンピックのプレ大会となった、1986年アジア競技大会1988年のソウルオリンピックのメインスタジアムとして使用され、五輪では陸上競技とサッカー決勝、馬術競技個人障害馬術決勝が開催された[1]

その後も数多くのスポーツイベントや国際試合に使用されたが、2002年ワールドカップ日韓大会においては韓国各地にワールドカップ規格のサッカー専用スタジアムが建設され、ソウル市内にもソウルワールドカップ競技場が建設されたこともあって、2000年5月、韓国ユーゴスラビアの親善試合以降、サッカーの国際試合の会場として使用されてこなかった。

また、オリンピック開催時までの収容人数は10万人であったが、改修工事により、現在は69,950人に縮小されている。

映画『シュリ』のクライマックスシーンである、サッカー南北親善大会の舞台となっているのも、このスタジアムである。

ソウルワールドカップ競技場の完成後、サッカーの国際試合はここで行われることはなくなった。近年は、ソウル国際マラソンのスタート地点など陸上競技の大会の会場として、あるいは大規模なコンサート会場として利用されることが多い。特にマイケル・ジャクソンのコンサートが1999年に開催されたほか、2008年までドリームコンサートの会場、あるいはアジア・ソング・フェスティバルの会場としてしばしば使用されている。2007年から、サッカーK3リーグソウルユナイテッドFCの本拠地になっていたが、2009年シーズンからは孝昌運動場に本拠地を移転した。2013年7月、サッカー東アジアカップ2013の会場の一つとなり、男子の韓国-日本戦(7月28日)など、13年ぶりに国際試合が開催された。

2015年より、Kリーグチャレンジに加盟するソウルイーランドサッカーチームの本拠地として利用される予定である。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1988 Summer Olympics Official Report. Volume 1. Part 1. pp. 162-3.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]