北京国家体育場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯39度59分30秒 東経116度23分26秒 / 北緯39.99167度 東経116.39056度 / 39.99167; 116.39056

国家体育場
"鳥巣"
Stade national Beijing0707.jpg
施設情報
所在地 中国北京
起工 2003年12月
開場 2008年6月
所有者 北京オリンピック組織委員会(五輪期間中)
中信集団及び北京市国資委(五輪終了後)
グラウンド 天然芝
大型映像装置 パナソニック製アストロビジョン
建設費 4億2300万米ドル[1]
設計者 ヘルツォーク&ド・ムーロン[2]
ArupSport
China Architectural Design & Research Group
艾未未 (芸術コンサルタント)
建設者 Arup[2]
使用チーム、大会
北京オリンピック
収容能力
8万人(通常)
91,000人(北京五輪)[3]

北京国家体育場(ぺきんこっかたいいくじょう、簡体字北京国家体育场拼音: Běijīng guójiā tǐyùchǎng)は、中華人民共和国北京の陸上競技場、及び中国最大のスタジアムである。北京オリンピックメインスタジアムであった。日本では、国家スタジアムとも表記される。

概要[編集]

北京国家体育場の夜景
工事中の北京国家体育場

2002年に、中国政府が開催した国際建築設計競技で、スイスの建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロンに、構造設計でアラップ社が、芸術顧問として中国の現代美術家・艾未未(アイ・ウェイウェイ)が協力した案が採用された。その独特の形状から、愛称は「鳥の巣(鸟巢・Bird's Nest)」である。大きさは330m×220mで高さは69.2m。総工費は35億

オリンピック開催に向けて、当時の最大収容人数は91,000人、大会の終了後は8万人席にまで改修された。

2003年12月24日に鍬入れ式を行い、2004年3月に本格的に着工した。途中、2004年5月に同様の構造のシャルル・ド・ゴール国際空港第2ターミナルビルの屋根崩落事故が起こったこと、及び予算の関係などから再設計が行われたものの、2008年3月に完成した。 北京市内北部のオリンピック公園内に設けられ、隣接して北京国家水泳センター北京国家体育館なども建設されている。2007年中の完成予定であったが延期し、2008年4月にまでずれ込んだ。北京オリンピックでは、開会式や、陸上競技、サッカー男子決勝、閉会式に使用された。

閉会後には2009年2011年、2012年にスーペルコッパ・イタリアーナにも使用、2009年にはレース・オブ・チャンピオンズ[4]、2012年以降は陸川総監督によるスーパーショー『鳥巣・吸引』、2015年世界陸上も開催予定。

スタジアム内部

コンサートとしての実績では2009年にジャッキー・チェン同一首歌公開収録、2011年にロックレコード30周年コンサート、三国演義-中日韓風雲音楽祭、2012年には王力宏五月天が行った。さらに中国北京鳥巣夏季音楽会、2009年にはオペラ『アイーダ』が上演された[5]。中国以外の芸能関係では、2013年10月、韓国・SMエンターテインメントによる「SMTOWN LIVE WORLD TOURⅢ」のコンサートが初めてとなった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


開催イベントとテナント
先代:
オリンピックスタジアム
アテネ
オリンピック陸上競技
会場

2008
次代:
オリンピックスタジアム
ロンドン
先代:
オリンピックスタジアム
アテネ
オリンピックサッカー競技
決勝戦会場

2008
次代:
ウェンブリー・スタジアム
ロンドン
先代:
ウェンブリー・スタジアム
ロンドン
レース・オブ・チャンピオンズ
決勝戦会場

2009
次代:
エスプリ・アレーナ
デュッセルドルフ