北京国家水泳センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯39度59分29秒 東経116度23分3秒 / 北緯39.99139度 東経116.38417度 / 39.99139; 116.38417

北京国家水泳センター
Beijing National Aquatics Centre 1.jpg
北京国家水泳センター(奥が別名・「鳥の巣」のオリンピックメインスタジアム)
各種表記
繁体字 北京國家游泳中心
簡体字 北京国家游泳中心
拼音 Bĕijīng Guójiā Yóuyŏng Zhōngxīn
注音符号 ㄅㄟˇ ㄐ|ㄥ ㄍㄨㄛˊ ㄐ|ㄚ
ㄡˊ ㄩㄥˇ ㄓㄨㄥ ㄒ|ㄣ
発音: ベイジン グオジャー ヨウヨン ヂョンシン
テンプレートを表示

北京国家水泳センター(ぺきんこっかすいえいせんたー)は中華人民共和国北京市北四環路の北側、オリンピック公園「オリンピック・グリーン」内に建つ水泳施設である。「ウォーターキューブ(中国語:水立方)」の愛称をもち、同じく愛称「鳥の巣」をもつ北京国家体育場の隣に建つ。2008年北京オリンピックでは水泳競技の会場となった。2003年4月着工、2008年1月28日竣工。

建築[編集]

北京国家水泳センター(夜景)

基本設計はオーストラリア建築設計事務所PTWが担当し、これに地元の設計院とイギリス技術コンサルタント会社、オヴ・アラップが加わる形で設計が進められた。施工は中国建築工程総公司。全体的に、水泡を模したスペース・フレーム構造をとっており、外壁および屋根はETFE膜(フッ素樹脂の一種であるエチレン・四フッ化エチレン共重合体による膜)で覆われている。収容人数はオリンピック時には17,000人で、オリンピック後には6000人に減らされる予定である。建築面積は6万5000m²。建物の大きさは177m×177m×31m。夜間には様々なカラーでライトアップされる。

北京オリンピック終了後は、2009年10月19日にトレーニングやレジャー目的にも利用可能な施設を備えたウォーターパークへ改装されると発表され[1]北京オリンピックから2年後の2010年8月8日にウォーターパークとして再オープンした[2]

施設[編集]

メインプール[編集]

競泳競技全般に利用される国際公認のプール。50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。水深は3.0mで底に傾斜がない。観客席は17,000席(固定6,000席)。

サブプール[編集]

ダイビングプール[編集]

飛び込みシンクロナイズドスイミングが行われるプール。

オリンピック[編集]

五輪中のメインプールの光景

2008年の北京オリンピックでは、競泳、飛び込み、シンクロナイズドスイミングの会場となった。当初は水球の会場にもなる予定であったが、変更された。

従来のオリンピックで使用されたプールより水深が1.0m深いこのプールは、記録の出やすいプールであると多くの水泳関係者からも評判であった。折りしもSPEEDO社の「レーザー・レーサー」の水着を着用した選手が次々と世界新記録を連発しているということもあり、北京オリンピックの開催前からこのプールでの多くの世界新記録の誕生が期待された。北京オリンピックにおける競泳競技では、21種目で世界新記録が誕生した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]