レーザー・レーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーザー・レーサーを着用する米国選手達

レーザー・レーサーLZR Racer)はイギリスSPEEDO社が開発した競泳水着である。2008年に入り、この水着を着用した選手が次々と世界記録を連発した。

特徴[編集]

  • アメリカ航空宇宙局(NASA)や、ニュージーランドオタゴ大学ANSYS社、オーストラリア国立スポーツ研究所(AIS)、自社研究所であるアクアラボや、その他多くの専門家の協力を得て開発された。
  • 縫い目が無いのが特徴で抵抗が軽減され、撥水性にも優れる。生地を特殊な超音波を使って接着するため、一日に生産できるのは数十着と言われている。また、水着表面の一部にLZR Panels(ポリウレタン素材)が接着してあり、締め付け力が非常に高く、体の筋肉の凹凸を減らす効果を持つ。その締め付けの強さから、全身用スーツの場合は独力でジップバックをあげることが困難であり他人の手を借りる必要がある。初回の装着には時間はかかるが二回目以降よりそのような時間はかからない。
  • デザインは、日本のブランドである「COMME des GARCONS」とコラボレーションしている。北京オリンピック公式デザインのデザイナーは川久保玲。斬新に描かれた「心」の文字は書家井上有一の書から。

着用問題[編集]

日本[編集]

2008年5月時点で、ミズノに代わりゴールドウイン社がSPEEDOとのライセンス契約を行い日本で商品展開することとなった。しかし、日本水泳連盟はゴールドウインとは契約しておらず、そのままでは北京オリンピックにおいて日本代表選手がレーザー・レーサー(以下、この水着)を着用できないという状況にあった。そこで日本水連はまず、「契約した3社(ミズノ、デサントアシックス)に今後も改良を求める」との立場をとり、公式大会などで選手に試用させて比較を行ったうえ、6月10日を期日にゴールドウイン社つまりSPEEDOのこの水着の使用を認めるかどうか決めることとした。これを受け、各社は5月30日に改良型の水着を発表した。果たして6月6日に行われた競泳のジャパンオープンにおいて、この水着を着た選手が日本記録を連発(北島康介6月8日に世界記録を更新)、17の新記録のうち16がこの水着を着用した選手によって生まれた。この結果を受け日本水連は6月10日、この水着の使用を認める方針を発表した。

北京オリンピック[編集]

北京オリンピックでは、先進国を中心にほとんどのトップクラスの選手が男女を問わずこの水着を着用した。この大会では世界記録・オリンピック記録が相次いで更新された。

一方で、この水着は着用したすべての選手で効果が得られるわけではない。その締め付けの厳しさから、却ってタイムを悪くする選手もいる。その代表例が柴田亜衣である。アテネオリンピック800m自由形金メダリストの柴田は「arena」(デサント)と契約しており、また、この水着をテスト着用して出場した大会における記録はいずれも平凡なものであったため、本番では着ない意向を示していた。その後、多くの選手が方針を転換しこの水着の着用を表明したため、結局柴田も本番で着用した。しかし予選35人中27位という結果に終わった。

また、女子200m自由形で優勝したイタリアのフェデリカ・ペレグリニは、決勝ではこの水着ではなく、自国メーカー(ジャケド社)の製品を着用していた。

対抗商品[編集]

また、北京オリンピック前には、トップクラスの選手ですらこの水着を入手しづらいという状況になっていた。

その間隙を突くように、ウエットスーツ用素材でトップクラスの山本化学工業が、「バイオラバースイム」(通称、たこ焼き水着)という新素材を開発。この水着への対抗策を求められた国内外のメーカーに提供した。

この水着は北京オリンピック出場選手への供給が最優先され、それ以外の有力選手へはなかなか行き渡らない状態が続いていた。入手できなかった選手は、代替品として「バイオラバースイム」で作られた水着(ニュージーランドの「ブルーセブンティ」、日本・スポーツヒグ社製の「KOZ」など)を着用して大会に出場。一部では好成績を挙げている。

この水着は、2012年ロンドンオリンピックに向け、各社の水着開発競争に新たな一石を投じる結果となった。

その他[編集]

NHKにおいて、商標を言うことができない番組で取り上げられた際には「話題の水着」などと称された。

2010年からの着用禁止[編集]

2009年7月24日に行われた、国際水泳連盟(FINA)の会議において、2010年より水着素材を布地のみに制限するルールが決定された。[1]

そして2010年1月にFINAは競泳水着の規定の変更を最終決定した。これにより、水着の布地は「繊維を織る・編む・紡ぐという工程でのみ加工した素材」に限定され、水着が体を覆う範囲も、プール競技では男性用は臍から膝まで、女性用は肩から膝まで、オープンウォーター競技では男性用、女性用とも肩から踝までに制限された。[2]これにより、レーザー・レーサーおよび2008年頃に登場したいわゆる「新型水着」のような、ポリウレタンやラバーなどのフィルム状の素材を貼り合わせた水着、および2000年頃に登場した身体の広い面積を覆う水着の着用は、公式大会で禁止されることになった。

脚注[編集]

  1. ^ 国際水連理事会広報58号”. 国際水泳連盟 (2009年7月28日). 2009年8月30日閲覧。
  2. ^ FINA Requirements for swimwear approval (from 01.01.2010)”. 国際水泳連盟 (2011年1月29日). 2013年8月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]