構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

構造(こうぞう)とは、物質物体のつくりや組み合わせ、メカニズムシステムの様式や形式、組み合わせを言う。それぞれの研究分野において、その構造の形而および形状からつけられた名称、慣例的に使用されている名称、命名した者の名称などがつけられることが多い。

構造の例[編集]

剛構造[編集]

建設分野の場合に、実際の構造計算においては、想定される外力はある時間にわたって作用し続けると仮定する静的解析を行う考え方があり、これは固有周期の短い構造体が受ける地震力に近く、現在でも中低層の建築物橋梁などにおける構造計算では主流となっている。構造物を外力に耐えさせる考え方として、外力をそのまま構造体全体に作用させる構造を「剛構造」と呼んでいる。ラーメン構造などが例としてあるが、耐震構造では壁体などで構造物全体を剛強にして地震動に耐えられるようにしたものも呼称される。

剛構造は建造物の他、各種製品など物体などにも、製作、施工において接合点において各材の交わる角度が応力を受けても変化しないよう、骨組の接合部をすべて剛接合するものは剛構造と呼ばれる。

関連項目[編集]