五重塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五重塔(ごじゅうのとう)は、仏塔の形式の一つ。層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、重の屋根を持つものを指す。下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるもので、それぞれが5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表している。

法隆寺塔:日本最古の五重塔
東寺塔:日本最大の五重塔、江戸時代
室生寺塔:奈良時代末期から平安時代初期の小規模な塔
醍醐寺塔:平安時代の塔
興福寺塔:日本第2の高塔。室町時代
羽黒山五重塔 東北地方最古の五重塔
明王院塔:中国地方最古の五重塔

概要[編集]

仏塔は、古代インドにおいて仏舎利(釈迦の遺骨)を祀るために紀元前3世紀頃から造られ始めたストゥーパに起源をもつ。古代インドのストゥーパは饅頭形(半球形)のものであったが、この形式が中国に伝えられると、楼閣建築の形式を取り入れて高層化するようになった。こうした楼閣形の層塔は朝鮮半島を経て日本へ伝えられた。木造の層塔は日本に多く残っており、中国、朝鮮半島における遺例はごく少ない。

日本では、各地の仏教寺院や神社などに木造の五重塔や三重塔があり、地区のランドマークとなっているものも多い。木造塔のほか、石、瓦、鉄製の塔もあり、近代以降は鉄筋コンクリート造の塔もある。多層塔としては他に七重塔、九重塔、十三重塔などがあるが(層の数は奇数にほぼ限定されている)、近世以前の木造七重塔・木造九重塔の現存するものはない。奈良県の談山神社には木造十三重塔があるが、これは楼閣形の層塔ではなく、二重から十三重までの屋根は密に重なっていて、屋根と屋根の間にはほとんど空間がない簷塔(えんとう)である。

中国の層塔は最上階まで登れるものが多いのに対し、日本の木造五重塔は、現代の感覚で言う五階建ではなく、二重目以上の塔内部は軒を支えるために複雑に木組みがなされており、一般参詣者は上層に登ることはできないのが普通である。現在では宗教と関係なく建てられた観光用のものもある。

代表的な五重塔[編集]

国宝[編集]

(※石造五重塔は割愛)

重要文化財[編集]

市町村指定[編集]

  • 霊光院五重小塔 山口県岩屋山地蔵院蔵。天満宮境内に1822年、五重塔建立が計画された。棟梁松屋喜右衛門がこの雛形を製作するが、一揆により中断し建立されなかった。

近・現代の塔[編集]

明治・大正時代[編集]

昭和・平成時代[編集]

純木造[編集]

非純木造[編集]

現存しない五重塔[編集]

著名な塔跡[編集]

その他[編集]

  • 妙顕寺 - 天明の大火で焼失。
  • 本圀寺 - 天明の大火で焼失。
  • 上諏訪神社 - 神仏分離で破却。
  • 大鳥大社 - 神仏分離で破却。
  • 大須観音 - 明治25年(1892年)に火災で焼失。
  • 薬王寺 - 享保5年(1720年)に火災で焼失。
  • 應物寺 - 大正2年(1912年)に台風で倒壊。屋外五重塔としては日本最小であった。
  • 増上寺 - 浅草寺五重塔(戦後位置を変えて再建)などと共に東京大空襲で焼失。

日本以外[編集]

五重塔の耐震性について[編集]

五重塔の耐震構造である「柔構造」は近年、日本はもちろん世界の超高層建築に採用されている。しかし、日本古来の五重塔が耐震性が高いとする根拠は歴史上地震により倒壊した例がこれまでなかったためで、現状では結果論の域を出ておらず、建設時に意図的に柔構造に設計されたかも定かではない。むしろ、仏舎利塔という五重塔の役割を考えればその構造は宗教的な意味合いが第一に意図され柔構造は副次的な産物である可能性が高いと思われる。

ちなみに、五重塔の耐震性においてキーワードとなるのが「心柱」であるが、元来五重塔は内部空間の利用が考慮されていないため、構造材の密度が高く心柱の有無に関わらず単純に一般的な建築と比べて強固な建築となっている。実際、現在の法隆寺五重塔の心柱が腐食して地面に接していないことからもわかるように、建築構造としては心柱が存在しなくても問題なく成立する。なお、耐震性が高い理由は以下のような説がある。

  • 心柱振動吸収説
近年まで五重塔の中心を貫く心柱が地面や下層の床に固定されないため、これが各層の揺れを吸収する「心柱振動吸収説」が有力な説となっていた。しかし、このような構造は江戸時代以降の構法であり、それ以前の五重塔についてはこの説では説明することができない。懸垂式の心柱にしても、接地面にズレ止めの太枘が施設されてあり、振り子としての制震作用には疑問の余地が残る。
  • 閂説
心柱が扉を固定する「閂」のように揺れを拘束する役割を持つという説。この場合、心柱が周囲の部材と接触し逆に部材を破壊する要素ともなり得るため、制震方向のみに作用させるには極めて高度な設計が必要であり、どちらに作用するかは実際には運次第である。

耐震性に関しては、未だ解明されていない部分が多いが、近年には工学的に解明するため、建築構造研究者のグループ「五重塔を揺らす会」を中心にして5分の1模型による振動実験が行われ、2006年には心柱の有無による比較実験が行われた。その結果、心柱は塔の変形や揺れを抑制する効果が見られるものの、耐震性には大きく影響しないことが明らかとなった。

その他[編集]

  • 明治の作家幸田露伴の代表作として、五重塔建立に一身を捧げる大工十兵衛の姿を描いた小説『五重塔』がある。舞台は谷中天王寺の五重塔(通称、谷中の五重塔)をモデルとしている。この五重塔は関東大震災や東京空襲にも無事だったが、昭和32年7月に放火心中によって焼失した。
  • ブルース・リー主演の死亡遊戯は五重塔に各階に敵がおり戦って登っていくというプロットの元作成された。当初は韓国の俗離山にある法住寺捌相殿が舞台となるはずであった。
  • 多肉植物サボテンアロエなど)の仲間で、ユリ科ハオルチア属ゴジュウノトウ(五重塔)という植物がある。
  • 各種辞典、辞書の項目名や寺院のパンフレットなどでは「五重の塔」と表記されていることも多いが、一般には「五重塔」がより広く浸透しているようである(グーグルによる検索結果(平成22年6月)「五重塔」約57万件、「五重の塔」約27万件)。

ギャラリー(国宝)[編集]

ギャラリー(重要文化財)[編集]

ギャラリー(近代以降の塔、および日本国外)[編集]

関連項目[編集]