トラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よく使われるトラス構造
木造トラス構造を採用した構造物白雲谷温泉入口)

トラス (Truss) は、三角形を基本単位としてその集合体で構成する構造形式。結構ともいう。

概要[編集]

構造形式のひとつで、部材の節点をピン接合(自由に回転する支点)とし、三角形を基本にして組んだ構造である。材質としては木材鋼鉄が使われることが多い。

構造計算のさいに節点をピン接合とみなして理想化する場合でも、実際の構造物で純粋なピン接合とすることは少なく、節点が事実上剛接合に近いものも多い。その一方で、「トラスらしさ」を強調するために機械のジョイントを思わせるディテールを敢えて用いるといった意匠上の工夫がなされることもある。さらに理想化して考える場合は、部材のたわみ等を無視し簡単化するために、部材及び接合部を剛体とみなし解析する。接合部に注目する方法と、特定の部材の反力を求める方法とがある。

比較すべき構造概念として、部材を剛接合したラーメン (骨組)、部材を線ではなく面ととらえる壁式構造、曲げモーメントを圧縮力に変換するアーチ構造等が挙げられる。

用途として主なものは、土木では橋梁(トラス橋)、建築では小屋組や、三次元的なトラス(立体トラス)によるドーム、最近ではローラーコースターのレールなどにも使われている。また、機械でも金属のトラスが用いられることは多く、巨大なタワークレーンなどを見ればトラスの構造的な強さが感じ取れるだろう。

ゼロ力部材[編集]

解析した結果、反力が働いていない部材が存在することがある。これは文字通りゼロ力部材などと呼ばれるが、それでも必要なのは、突風による風圧など予期せぬ荷重がかかったときに全体が倒壊することがないようにするためである。

システムトラス[編集]

屋内・屋外の各種イベント会場で用いられる仮設の構造物にシステムトラスがある。フランジ連結式とクランプ連結式がある。

セルリエトラス[編集]

ワルシャワ近くのOstrowikにあるカールツアイスカセグレン式望遠鏡の セルリエトラス

セルリエトラスとは望遠鏡に使用されている管を組み合わせた構造体である。1935年に技術者のMark U. Serrurierによってパロマ山の200インチヘール望遠鏡の為に設計された。[1] 望遠鏡の姿勢が変化しても、主鏡と副鏡が同一の光軸を維持するようになっている。トラスの上部には引張力が働き、下部には圧縮力が働く。光学素子を互いに並列に維持する。赤道儀の場合にはトラスは2方向に変形するが経緯台の場合の変形は1方向である。

セルリエトラスの例:

出典[編集]

  • Learner, Richard. "The Legacy of the 200-inch", Sky&Telescope, April 1986, pp. 349-353
  • Sinnott, Roger W. "Flexure of a Serrurier Truss", Sky&Telescope, February 1994, pp. 91-94
  • astro.caltech.edu - Reflecting Telescopes

脚注[編集]

  1. ^ Encyclopedia of Astronomy and Physics, "Reflecting Telescopes", Paul Murdin and Patrick Moore

関連項目[編集]

外部リンク[編集]