会計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

会計学(かいけいがく、英語: accounting)は、社会科学の1つ。企業官庁家計など一定の経済主体が行う会計行為、すなわち、富の存在とその変動に伴う損益とに関する計数的情報の測定と伝達の行為を対象とし、法則性格構造などを、首尾一貫した理論的体系をもって解明しようとする学問のことである。

企業会計における主な領域として、企業外部の利害関係者(株主債権者、税務当局など)に情報提供することを目的とした「財務会計」と企業内部の利害関係者である経営者などに情報提供することを目的とした「管理会計」に大別される。

これらは、学問的に「財務会計論」(財務諸表論)、「管理会計論」と呼ばれる。他に、簿記論原価計算論監査論(会計監査論)、経営分析論、税務会計論、環境会計論、公会計論など様々な分野が展開されている。

関連項目[編集]