定量的研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

定量的研究(ていりょうてきけんきゅう、: quantitative research)は、対象の量的な側面に注目し、数値を用いた記述、分析を伴う研究。対象の質的側面に注目した定性的研究の対概念である。

定量的記述の対象となるのは、繰り返し生起する現象や、細かな構成要素の集まりとして把握、測定しやすい事物である場合が多い。

物理学化学などの自然科学においては、自然現象数式を用いて理論的に説明することをいい、基本的な研究のスタイルである。つまり、あるテーマに関して、定量的な説明ができることが研究の目標と考えられる。ただし、生物学等の複雑な事象を対象とするものは、現象のみを説明する定性的なものに留まっていることも多い。しかしそのような分野でも、可能な限り定量化することが試みられ、あるいは定量化する方法が模索される。

関連項目[編集]