観測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

観測(かんそく)とは、対象となる現象の変化や移り変わりを、装置、機器(実験装置、実験機器)などを用いて量的に測ること(定量的に測る場合、測定とほぼ同義の意味となる場合がある)。

最も一般的な科学的な観測の例としては気象観測天体観測などがあり、これはそれぞれ気象現象や天文現象を装置、機器類を使って観測することである。類義語として観察がある。

観測という用語は、自然科学に限定されず、社会科学分野でも使用される。また、「希望的観測」というように、より一般でも使用される。

量子力学では、観測は重要な意味を持つ(観測理論、観測問題)。

軍事分野では、砲弾の弾着観測などで用例が見られる。たとえば、旧日本海軍では、砲弾がどこに着水したかを観測する小型航空機を水上観測機と呼び、Fという機種記号を与えていた。

関連項目[編集]