マーケティングリサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーケティングリサーチまたは市場調査とは、マーケティングの一環として、顧客のニーズ・ウォンツをリサーチすること。またその手法をさす。

マーケティングリサーチの意義[編集]

企業などの組織が、商品・サービスを提供するために、顧客を知り、顧客にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用できる。この顧客を知る活動がマーケティングリサーチである。

商品・サービスの享受者である顧客(消費者など)側からみれば、マーケティングリサーチが行われることで、自らの望む商品・サービスを利用することができるようになり、欲しくない・必要でない商品などの開発による無駄なコストが価格に転嫁されることを防ぐというメリットがある。

マーケティングリサーチは、このように顧客から企業への情報の流れをつくる活動のひとつであるが、「お客様相談センター」などが、顧客側から企業へアプローチされるのに対し、マーケティングリサーチでは、企業の側から顧客へアプローチし、顧客側の情報を得るのが特徴である。この特徴により、「自分から進んで文句を言わないが行動で示す(商品を買う・買わない)」ような多くの顧客の意見を商品・サービスに活かすことができる。

リサーチ手法の分類[編集]

実査手法[編集]

  • 訪問面接調査
  • 訪問留置調査
  • パイロット調査、探索調査
    • 調査の企画に入る前に行なう予備的な研究
  • オムニバス調査
    • 複数の調査依頼者を募集し、同一の調査に文字通り相乗りさせて行なう調査
  • パネル調査
    • 調査対象を長期間固定し、同じ様式の調査票を用いてくり返し行なう継続調査
  • 郵送調査
    • 調査票を対象者に郵送で送り、その回答も郵送で求める実査方法
  • 電話調査
    • 調査の手段として電話を利用する方法。質問、回答を電話を通じて行ない、その結果を手もとの調査票に記入する。
  • インターネット調査
    • 調査の手段としてパソコンのインターネットが接続できる環境で行う方法。
  • 会場調査
    • 製品テストの一方法。あらかじめ何ヶ所かの会場を設定しておいて、そこに対象者を呼んでテストしてもらう。
  • 街頭調査(CLT)
  • ホームユーステスト
  • FAX調査
  • 現地調査

分析手法[編集]

関連項目[編集]

外部リンク (引用元)[編集]