実証研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

実証研究英語:empirical research)は、直接的な観察経験によって知識を得る方法である。経験的証拠(誰かの直接的観察や経験の記録)は、質的量的分析され得る。証拠の定量化や、質的にその筋を通すことで、研究者は経験的な質問に答えることができる。通常はデータと呼ばれる証拠を集め、明確に定義や回答を行う。研究計画は、分野や調査される疑問によって異なってくる。多くの研究者は、社会科学教育研究室で研究出来ない問いかけに対し、より良い答えを出すために質的、量的分析を組み合わせている。

実証サイクル[編集]

デ・フロートによる実証サイクル

デ・フロート (A.D. de Grootの実証サイクル

観察Observation 経験的事実を集めてまとめる; 仮説を形成する見出しテキスト
帰納Induction 個々の事例から一般的な結論を見出す; 仮説を策定する
演繹Deduction 仮説の原理から個々の事例を推論する; 試験可能な予測として仮説の結論を試す
検証Testing 新しい経験的素材で仮説を検証する
評価Evaluation 検証の結果を評価する

参照[編集]

外部リンク[編集]