事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

事実(じじつ、ラテン語 factum、フランス語 fait、英 fact)とは、

  • ことの真実。真実のことがら。本当にあったことがら[1]
  • (哲学用語)もともとによってなされたことを意味し、時間と空間の中に見出される実在的なできごと存在のこと[1]

概説[編集]

もともとは、神がしたこと、という意味である。まずラテン語のfacere(あるいはfacio)「する」「行う」という意味の動詞 があり[2]、その過去分詞形factumが「(神によって)行われた」と形容詞的に用いられ、それが名詞化し「(神によって)行われたこと」を意味するようになったものである。フランス語のfaitも同様で、faire(する、行う)という動詞があり、その過去分詞形のfaitが名詞化したものである。英語のfactも15世紀にラテン語のfactumを語源として使われるようになったものである[2]

実在的なもの、とされるのであるから、幻想虚構可能性などと対立する[1][3]




脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 広辞苑 第六版【事実】
  2. ^ a b Oxford English Dictionary
  3. ^ ちなみに古代ギリシアのアリストテレスが用いた概念では「デュナミス可能態)」対「エンテレケイア (現実態)」という対比がある。


関連項目[編集]

関連書[編集]

  • 本田勝一『事実とは何か』末来社1971。
  • 蓑田速夫『裁判と事実認定―事実とは何か』近代文芸社 1996