クルト・レヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルト・レヴィンKurt Lewin, 1890年9月9日 - 1947年2月12日)は、ユダヤ系心理学者ドイツのMogilnoモギルノ(現在はポーランド領)生まれ。特にツァイガルニク効果の研究で知られる。

ゲシュタルト心理学社会心理学に応用しトポロジー心理学を提唱した。ベルリン大学の哲学と心理学の教授を務めていたが、ナチスの政権掌握で、ユダヤ人の学者は大学から追放された。海外に出ていた彼は、1933年8月にアメリカに亡命し、1940年にアメリカの市民権を取得した。コーネル大学教授をつとめ、マサチューセッツ工科大学(MIT)にグループダイナミクス(集団力学)研究所を創設した。「社会心理学の父」と呼ばれ、アイオワ大学の博士課程でレオン・フェスティンガーなどを指導した。リーダーシップスタイル(専制型、民主型、放任型)とその影響の研究、集団での意思決定の研究、場の理論や変革マネジメントの「解凍―変化―再凍結」モデルの考案、「アクションリサーチ」という研究方式、グループダイナミクスによる訓練方法(特にTグループ)など、その業績は多方面にわたる。1947年、マサチューセッツ州 ニュ-トンビルで死去。