アルフレッド・アドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・アドラー
講演の合間に怪我をした少女の手に包帯を巻くアドラー
生誕 1870年2月7日
オーストリア=ハンガリー帝国ルドルフスハイム
死没 1937年5月28日(満67歳没)
スコットランドアバディーン
職業 精神科医,心理学者
配偶者 ライザ・エプシュタイン
子供 ヴァレンタイン、アレクサンドラ、クルト、コルネリア
         精神分析学のシリーズ記事         
精神分析学
photograph

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler、ドイツ語発音: [alfreːt aːdlɐ]アルフレート・アードラー)、1870年2月7日 - 1937年5月28日)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

アドラーについては、初期の頃のフロイトとの関わりについて誤解があるが、アドラーはフロイトの共同研究者であり、1911年にはフロイトのグループとは完全に決別し、個人心理学アドラー心理学を創始した。

生涯[編集]

アルフレッド・アドラーは、1870年2月7日、ウィーンの郊外ルドルフスハイムドイツ語版で、ハンガリー系ユダヤ人の父とチェコスロヴァキア系ユダヤ人の母との間に生まれた。アドラーが育った家庭はユダヤ人の中産階級に属していて、父親は穀物商を営んでおり、母親は夫の仕事を手伝う勤勉な主婦だった。アドラーは7人兄弟の次男で、上に2歳上の兄がいた。アドラーは、このような大家族の中で育ったことが自身のパーソナリティの成長と、後に独自の理論を発展させる基盤になったことを認めている。

アドラーは幼い頃に、声帯けいれんくる病に苦しんだ。また、3歳下の弟が生後1年でジフテリアで死んだこと、そして、アドラー自身が4歳頃に肺炎にかかって危うく死にかけたことから、医師になる決心をした。

1888年、アドラーはギムナジウムからウィーン大学の医学部に進み、1895年に卒業して、1897年ロシア系ユダヤ人のライザ・ティモフェヤーニャ・エプシュタインと結婚した。

アドラーは、ユダヤ人が多く中下層階級の人が多く住むウィーン2区レオポルトシュタットで診療所を始めた。アドラーの患者は、概して裕福ではなかった。アドラーの診療所はプラーター遊園地の近くにあったので、患者の中にはプラーター遊園地で働く空中ブランコ乗りなどの軽業師大道芸人など、自分の身体能力に生計がかかっている人がたくさんいた。アドラーは、そのような自分の技に生活がかかっている遊園地の患者たちを援助していくうちに、後に「器官劣等性」と呼ぶことになるアイディアについて考え始めた。なぜなら、遊園地の患者の中には、幼い頃には身体が弱かったのにそれを努力によって克服して、逆にその弱かった部分を強くしたり活かしたりして生計を立てている人が少なくなかったからだった。これはアドラーが「補償」「過補償」の理論を発展させるのに役立った。

1898年、アドラーは最初の著作となる『仕立て業のための健康手帳』を刊行した。アドラーは、あくまで医学の正しい知識を通じて社会をよりよくしようと考えていたので、当時沸騰していた政治運動とは一線を画していた。

1902年、アドラーは、ジークムント・フロイトから招かれてフロイトの研究グループに参加した。1907年、『器官劣等性の研究』を出版した。1910年、アドラーはウィーン精神分析協会の議長に就任し、『精神分析中央雑誌』の編集長を務めた。しかし1911年、アドラーは主だった仲間と共にフロイトのグループと決別し、自由精神分析協会を設立した。1912年、『神経質について』を出版した。1913年、自由精神分析協会を個人心理学会に改称した。

アドラーは1916年に軍医として招集され、第一次世界大戦に従軍した。戦争と大勢の負傷者、とりわけその中でも神経症の患者を大勢観察する中で、アドラーは共同体感覚こそが何にもまして重要であることを発見し、1918年から共同体感覚を個人心理学の最新の基礎として語り始めた。

終戦の混乱から新しいオーストリアの建設が目指される中で、アドラーは生涯でただ1度だけ政治活動に関わることになった。ウィーン1区の労働者委員に就任して、教育改革に従事したのである。その成果のひとつが、1922年児童相談所の設立である。

1920年代にはアドラーは、教育、医学、心理学、ソーシャル・ワークなどを含む学際的な努力を通じて、子どもたちの精神的な健康のために革新的な考えを持つ心理学者として知られるようになっていた。アドラーは親や教師を含む多くの非専門家の聴衆に対して精神医学や心理学の知識を伝えていった。アドラーは診療所での診療の他に、児童相談所やフォルクスハイムdeで講義を行った。さらに、1924年にはウィーン教育研究所治療教育部門の教授に就任して講義を行った。

アドラーは絶え間ない診療、頻繁なる講演、著作活動、スーパーヴァイズ、そして夜な夜な友人や仲間とカフェで議論をかわしていて、多忙を極めた。なぜなら、家庭と学校において、子どもの教育についての効果のある新しい方法が求められていたからである。アドラーは、仕事のペースを緩めることなく精力的に活動し、その名声は年々国際的に高まっていった。

1926年終わり、アドラーは初めてアメリカ合衆国を訪問し、講演旅行を行った。数ヶ月にわたる講演旅行は大成功で、新聞は個人心理学について詳細に、そして讃美にあふれた記事を書くまでになっていた。これより後、アドラーは1年の半分ずつをヨーロッパ大陸と北米大陸とで過ごすことになった。しかもそのどちらも、大陸中をカウンセリングと講演旅行して回るのである。

アドラーのアメリカでの活動の拠点は、長らくニュースクール大学での連続講演だったが、1932年にロングアイランド医科大学の医学心理学招聘教授に任命された。さらに、アドラーは大学付属の教育診療所の指導も任された。つまりアドラーは、ニュースクールでの講演とは別に、医学生に対しても教育を行うようになったのである。また、教育診療所の評判も上々だった。1932年、『人生の意味の心理学』を刊行した。

1929年大恐慌以来、オーストリアでは政治が不安定となり、隣国イタリアファシズムドイツナチズムの介入の中、1934年に共和政府が倒された。アドラー一家は1935年、アメリカに移住した。

1937年以降、アドラー一家を苦しめ悩ませたのは、長女ヴァレンタイン(ヴァリ)と音信不通になっていることだった。ヴァリは社会学の博士号を取り、ジェロ・サスという名前のハンガリー人ジャーナリストと結婚して、ヒトラーのドイツからストックホルムを経てモスクワへ移っていた。しかし、1937年1月半ばから連絡が取れなくなっていた。アドラー一家は手を尽くしたが、ヴァリの安否はわからなかった。そのような中、アドラーはヨーロッパへ講演旅行に出かけた。4月半ばにフランスに着いて、講演旅行が始まり、ほとんど10週連続でフランスベルギーオランダを回り、その後イギリスに渡る計画だった。イギリスでは、次女のアレクサンドラと共同で授業を行う予定だった。1937年5月28日、スコットランドアバディーン大学での連続講義の4日目、それは最終日の金曜日だった。アドラーは1人で朝食を済ませた後、ホテルを後にして散歩に出かけようとした。その直後、アドラーはユニオン・ストリートの舖道の上で意識を失い、倒れた。アドラーは病院に搬送される救急車の中で、心臓発作のため死亡した。67歳だった。遺体はエディンバラ郊外のウォーリストン斎場英語版にて火葬された。遺骨は長らく不明だったが、2007年に同斎場にて骨壷が発見され、国際個人心理学会の協議を経て、2011年にウィーン中央墓地ドイツ語版に名誉改葬された。

事績[編集]

器官劣等性・劣等感・優越追求[編集]

幼い頃、アドラーは声帯に軽いけいれんがあった。しかし、それを克服したのは明らかのようだった。なぜならアドラーは、いつも患者にやさしく穏やかに語りかけ、歌声はとても美しかったと伝えられており、彼の講演は多くの人を魅了したからである。

アドラーの最初の診療所は、プラーター遊園地の近くにあったので、患者には遊園地で働く料理人や軽業師、芸人等が少なくなかった。それらの人々を援助する中で、アドラーは、彼らが身体的な弱点を克服して、むしろそれを強みにしたり活かしたりして遊園地での仕事を得ていることに気がついた。

アドラーは自分自身の体験と、そして主にプラーター遊園地の患者を援助する中で、器官劣等性がある人は、そのような自分の身体的な弱点を努力によって、補償あるいは過補償を行うという理論を発展させた。しかしアドラーはこの理論が、器官劣等性のように客観的に劣っている身体的機能等がある場合にだけ当てはまるのではなく、主観的に「自分は劣っている」と劣等感を覚えてそれを補償する場合にも当てはまることを発見した。そして、人は常に、理想の状態を追求していて(優越追求)、理想の状態は仮想であるから、それに到達できない自分について劣等感を覚える、という優越コンプレックスの理論へと発達させていった。

共同体感覚[編集]

児童相談所・ウィーン教育研究所[編集]

戦間期のウィーン市政は、社会民主党によって運営されていた(「赤いウィーン」)。社会民主党は、様々な改革を行ったが、中でも教育改革は重要な改革であった。アドラーは戦前の息の詰まるような伝統的な権威主義的な教育に反対で、友人のカール・フルトミューラードイツ語版と共に教育改革に取り組んだ。

アドラーは児童相談所を設立し、クラスの様々な生徒への対処の仕方について助言を求める教師や、子どものことについて助言を求める親にカウンセリングを行った。またこの頃には、各学校では関心のある親のために親の会が開かれるようになっていた。アドラーは、ここでも子どもの教育に関する講義を行ったりその援助を行った。こうして、児童相談所はウィーンのみならず、ヨーロッパへと拡がっていった。

アドラーはまた、1924年にウィーン市が独自に設立した教育研究所の治療教育部門教授に就任して、教師の再教育を援助した。教師は、発達および教育心理学のトレーニングを受けることができて、個人心理学の子どもの発達と治療に関する基本的な知識を得ることができた。

児童相談所、ウィーン教育研究所の取り組みは成功し、国際的に高い評価を得た[出典 1]

自助グループ[編集]

世界をよりよくすること[編集]

アドラーは楽観的な意見の持ち主で、個人心理学の知識を通じて、世界をよりよくするための機会を提供できると確信していた。アドラーは、個人心理学の未来について次のように述べている。

誰ももう、わたしの名前など覚えていないときがくるかもしれません。個人心理学という学派の存在さえ、忘れられるときがくるかもしれません。けれども、そんなことは問題ではないのです。なぜなら、この分野で働く人の誰もが、まるでわたしたちと一緒に学んだように行動するときがくるのですから。[出典 2]

後継者の育成[編集]

アドラーの死後、その教えは多くの者に引き継がれた。オーストリアではカール・フルトミューラー、フェルディナント・ビルンバウムドイツ語版を中心に仕事が再開され、アメリカではシカゴを拠点としてルドルフ・ドライカース英語版が活発なグループを設立し、個人心理学国際ニュースレターを発行した。ハインツ・アンスバッハー英語版とロウィーナ・R・アンスバッハー(Rowena R. Ansbacher)はヴァーモント大学を拠点にしてアドラー心理学の教科書とも言える "THE INDIVIDUAL PSYCHOLOGY OF ALFRED ADLER" を著した。

エピソード[編集]

アドラーの人柄を伝えるエピソードには次のようなものがある。

  • アドラーはある講演の間中、毎日毎日サンドウィッチと温かい飲み物という簡単な食事であった。そのことである婦人が憤慨して言った。「アドラー博士。あなたのような立派な方に、毎日毎日サンドウィッチを食べさせるなんて非常識ですわ。」アドラーは静かに答えた。「奥さん。もし、仮に、わたしに立派なところがあったとしても、それは、わたしが食べてきたもののせいじゃありませんよ。」[出典 3]

日本語訳著書[編集]

  • 問題児の心理(高橋堆治訳 刀江書院 1941年)
  • 現代人の心理構造(山下肇訳 日本教文社 1957年)
  • 問題児の心理(高橋堆治訳 刀江書院 1959年)
  • 子どもの劣等感 問題児の分析と教育(高橋堆治訳 誠信書房 1962年)
  • 問題児の診断と治療(高橋堆治訳 川島書店 1973年)
  • 子どものおいたちと心のなりたち(岡田幸夫郭麗月訳 ミネルヴァ書房 1982年)
  • 器官劣等性の研究(安田一郎訳 金剛出版 1984年)
  • 人生の意味の心理学(高尾利数訳 春秋社 1984年)
  • 人間知の心理学(高尾利数訳 春秋社 1987年)
  • アドラーのケース・セミナー ライフ・パターンの心理学(ウォルター・ベラン・ウルフ編 岩井俊憲訳 一光社 2004年)
  • 岸見一郎
    • 個人心理学講義 生きることの科学(一光社 1996年)
    • 子どもの教育(一光社 1998年 のちアルテ)
    • 人はなぜ神経症になるのか(春秋社 2001年 のちアルテ)
    • 生きる意味を求めて(アドラー・セレクション アルテ 2007年)
    • 教育困難な子どもたち(アドラー・セレクション アルテ 2008年)
    • 人間知の心理学(アドラー・セレクション アルテ 2008年)
    • 性格の心理学(アドラー・セレクション アルテ 2009年)
    • 人生の意味の心理学(アドラー・セレクション アルテ 2010年)
    • 個人心理学の技術 1(伝記からライフスタイルを読み解く)(アドラー・セレクション アルテ 2011年)
    • 個人心理学の技術 2(子どもたちの心理を読み解く)(アドラー・セレクション アルテ 2012年)
    • 子どものライフスタイル(アドラー・セレクション アルテ 2013年)
    • 性格はいかに選択されるのか(アドラー・アンソロジー アルテ 2013年)
    • 勇気はいかに回復されるのか(アドラー・アンソロジー アルテ 2014年)

出典[編集]

  1. ^ Edward Hoffman, (1994) "The Drive for Self"(岸見一郎訳『アドラーの生涯』2005年)
  2. ^ Edited by G.J.Manaster, G.Painter, D.Deutsch, B.J.Overholt, (1977) "Alfred Adler as We Remember Him" (柿内邦博、井原文子、野田俊作訳『アドラーの思い出』2007年)
  3. ^ Edited by G.J.Manaster, G.Painter, D.Deutsch, B.J.Overholt, (1977) "Alfred Adler as We Remember Him" (柿内邦博、井原文子、野田俊作訳『アドラーの思い出』2007年)

参考文献[編集]

  • Edward Hoffman, (1994) "The Drive for Self"(岸見一郎訳『アドラーの生涯』2005年)
  • Edited by G.J.Manaster, G.Painter, D.Deutsch, B.J.Overholt, (1977) "Alfred Adler as We Remember Him" (柿内邦博、井原文子、野田俊作訳『アドラーの思い出』2007年)

外部リンク[編集]