文化心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

文化心理学(ぶんかしんりがく、cultural psychology)は、比較文化心理学人類学から発生した社会心理学の一種である。文化は切り離しがたいものと考えるところから出発したものである。

文化心理学とHofstede氏などに見られる比較文化文化心理学との違いは、文化心理学はより徹底した相対主義に基づいて文化間の違いを指摘する事だけではなく、当面の文化がもつ独自の心理的なシステム理論を展開する。言ってみれば、比較文化心理学者は人間の心理は普遍だが、各文化という状況においてはそれぞれ異なった適応の仕方がある。一方、文化心理学者は従来の欧米発祥の心理学の普遍性を否定し、新しい心理ズ(心のあり方についての理論複数形)を論出する。

Triandisの社会心理学的研究やShwederの心理学的人類学などがある。文化心理学の源流はレフ・ヴィゴツキーの心理学、さらにはヴィルヘルム・ヴント民族心理学にまで遡ることができる。日本においてはMarkusとKitayamaの1991年の論文をその出発点と考える事も出来るだろう。