青年期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

青年期(せいねんき、Adolescence)がどの時期にあたるかは発達心理学の諸説により異なるが、エリク・H・エリクソン発達段階論によればおよそ13歳から19歳頃あたりまでの時期にあたる。 性的成熟にともなう急激な身体的変化が現れ、心理的には内省的傾向、自我意識の高まりがみられる時期。不安・いらだち・反抗など精神の動揺が著しい。思春期と呼ばれる前半では身体的・性的に成熟し、後半では、自我意識・社会的意識が発達する。

ルソーはこれを「第二の誕生」と呼び、ゲーテは「疾風怒濤の時代」、レヴィンは「境界人」(マージナル=マン)と呼んだ。