社会科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会科学(しゃかいかがく)とは、自然と対比された社会についての科学的な認識活動及びその活動によって生み出された知識の体系である[1]。人間の社会の様々な面を科学的に探求する学術分野の総体である。

概要[編集]

社会科学とは、社会についての科学的な認識活動、およびその活動によって生まれた知識体系のことである[1]。社会科学という時の「社会」という概念は、自然と対比されているものであるが、この「自然 / 社会」という対比は、遡れば古代ギリシャの「フュシス / ノモス」という対比的概念にまで遡ることができる[1]

「社会科学」に分類される学問領域としては、人類学考古学経済学地理学歴史学法学言語学政治学国際研究コミュニケーションが含まれ、そして、ある文脈上では [2] [3] 心理学もこれに該当する。

国際関係学社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)のような題材は、基本的に応用面に重きを置かれる(を考慮する)ものであり、それ自体は「社会科学」の構成要素ではないとされる。

そもそも、現在存在する学問領域は、歴史を遡れば哲学に含まれていた(哲学の一部であった)ものであり、18世紀後半~19世紀ころに学問の再編成が行われ、専門分野として分化したことによって生まれてきた。現在「社会科学」とされる諸領域の多くも、同様である。

社会科学は、客観的に社会の真実を探求する事とともに、人類にとっての有益を追求する。

社会科学は、文科系学問において基礎となる間主体的な洞察力、及び、自然科学に由来する客観的視点を両立することで成立する。

学問分野[編集]

以下に挙げる学問分野が代表的なものである。

なお人文科学などとの区分が曖昧な学際的学問分野も多い。以下、そうした社会科学の分野を列挙する。

自然科学との隣接分野としては以下が代表例である。

日本の大学では、これらの学問分野の教育研究を主に文学部法学部経済学部経営学部商学部政経学部教育学部などがおこなう。これら社会科学の諸分野を包括的に学習することができる「社会科学部」も、早稲田大学など一部の大学に存在するが、その数は非常に少ない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界大百科事典 第二版
  2. ^ Verheggen et al. 1999. "From shared representations to consensually coordinated actions", in "Theoretical Issues in Psychology", John Morrs et al., ed., International Society for Theoretical Psychology
  3. ^ http://www.staff.u-szeged.hu/~garai/Vygotskyboom.htm L. Garai and M. Kocski: Another crisis in the psychology: A possible motive for the Vygotsky-boom. Journal of Russian and East-European Psychology. 1995. 33:1. 82-94.

関連項目[編集]