経営工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

経営工学 (けいえいこうがく、英語:management engineering) とは、

  • 「人」、「材料」、「装置」、「情報」、「エネルギー」を総合したシステムの設計・改善・確立に関する活動である。そのシステムから得られる結果を明示し、予測し、評価するために、工学的な分析・設計の原理・方法とともに、数学、物理および社会科学の専門知識と経験を利用する。[1]

概論[編集]

 経営工学は、インダストリアル・エンジニアリング英語版、IE、に由来し、企業や工場における生産性の向上を図るために生まれた学問分野である。
 フレデリック・テイラーが、作業方法とその管理の客観化、合理化を図ろうとした「科学的管理法」に端を発する。
 大学の研究、授業では、システムの例として生産管理システム、情報システム、プラントシステムを題材にしている。
 経営工学を修めた者は、電機メーカー、IT分野、製薬工場へ就職する者が多くいる。就職先では、センサ、電子・電気理論、アクチュエーター、マイコン、プログラマブルロジックコントローラを活用して工場の生産効率を上げたり、組込み分野にて制御工学と融合させて効率よく電気を利用して機械を動作するように設計したり改善したりしている。

歴史[編集]

経之営之[編集]

 孟子が梁の恵王に謁見した時の話に、「~経之営之~」と書かれている。ここでは、「経」を「測ること、測量すること」とし、「営」を「縄張りをする、縄張図(設計図)?を描く」の内容で書かれている。そのため「経営」の語源は、「経之営之」にあるとされている。

経営工学の誕生[編集]

 1950年代に体系化した本が出版された。編者の中には学長となった方もいる。

科学的管理法[編集]

 賃金問題を解決するために、はじまった分野とされている。作業時間の研究、指示書の導入がある。

制御・アルゴリズムの最適化[編集]

 工場や事務所において作業分析をして指示書を書いているうちに、機械を制御して自動化したりコンピュータでプログラミングしたりして自動で計算させたりする研究が盛んに行われだした。

経営工学の対象領域[編集]

マネジメント技術に関わる広範囲な領域を対象とし、以下の学問分野を含む。

教育機関 [編集]

経営工学科を置く大学[編集]

経営工学科に類する学科が置かれる大学[編集]

経営工学科に類する学科が置かれる大学院[編集]

  • 東京大学 (工学系研究科 システム創成学専攻)
  • 慶應義塾大学 (理工学研究科 開放環境科学専攻 オープンシステムマネジメント専修:旧管理工学専攻)
  • 東京工業大学 (社会理工学研究科 経営工学専攻)
  • 筑波大学 (システム情報工学研究科 社会工学専攻)
  • 早稲田大学 (創造理工学研究科 経営システム工学専攻:旧工業経営専攻)
  • 青山学院大学 (理工学研究科 理工学専攻 マネジメントテクノロジーコース)
  • 中央大学 (理工学研究科 経営システム工学専攻)
  • 法政大学 (工学研究科 システム工学専攻 経営系)
  • 東京理科大学 (工学研究科 経営工学専攻)
  • 京都工芸繊維大学 (工芸科学研究科 デザイン経営工学専攻)
  • 名古屋工業大学 (工学研究科 社会工学専攻)
  • 首都大学東京 (システムデザイン研究科 システムデザイン専攻 経営システムデザイン学域)
  • 神奈川大学 (工学研究科 経営工学専攻)
  • 日本大学 (生産工学研究科 マネジメント工学専攻)

経営工学を専攻とした主な学科・研究科名称[編集]

  • 経営工学科
  • 社会工学
  • 管理工学科
  • 工業経営学科
  • 経営システム工学
  • システム工学科
  • 技術マネジメント学科
  • システムマネジメント学科
  • 技術経営研究科
  • Department of Management Engineering
  • Department of Industrial and Management Engineering
  • Department of Management Science and Engineering
  • System Design and Management (SDM)

経営工学を専攻した有名人(敬称略)[編集]

経営工学に関連する法令[編集]

経営工学に関連する資格[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ About IIE”. 2014年6月29日閲覧。