社会理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会理論(しゃかいりろん、: Social theories )は、特定の思想の流派の枠内で社会現象を学び、そして解釈するときに使われる理論的枠組みである。社会科学者たちが用いる不可欠の手段であり、最も妥当で信頼できる方法論(例えば実証主義や反実証主義)をめぐる――あるいは構造のどちらを重要とみなすかをめぐる――歴史歴論争と関連する理論である。ある種の社会理論は厳密に科学的、記述的、そして客観的であり続けようと試みている。これと対立する理論は、対照的に、表面的には規範的な立場を示し、しばしば従来の因習的な思想に固有のイデオロギー的な側面を批判する。

参考文献[編集]

  • Macionis, John J.; Plummer, Ken (2005). Sociology. A Global Introduction (3rd ed.). Harlow: Pearson Education.