家族社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

家族社会学(かぞくしゃかいがく、英語:family sociology)は、集団としての家族とその形態や機能、そこにおけるさまざまな病理などを研究テーマとする学問社会学の一分野。

特に著しい20世紀近代家族の変化をとりあげることも多い。現代までの家族の変容や、結婚夫婦の役割分担についての意識の変化や、高齢化に伴う介護問題、家族に対する社会的制度についてなどを取り上げている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]